自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫の設定

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

今回は最近小説で主役になっているマリー姫の設定について紹介します。
ワルイージやアップル姫達は何度か書いた事があるのですが、マリー姫の設定記事は書いた記憶がないのも理由です(笑)

【性格】
マリー姫はフラワー王家の次女であり、リナ王妃・カイ国王の娘+アップル姫の妹になります。
アップル姫はピーチ姫と同年代の25~26歳で、マリー姫は18歳という設定にしています。
アップル姫がワルイージと交際しているように、マリー姫はワルイージのピッピ♂と交際しています。
姉のアップル姫と同じく気が強い一面の他に、強引でワガママな性格をしており、普段恋人であるワルイージのピッピ♂はかなり苦労しています(笑)
アップル姫より子供っぽくしたいと思ったので、一人称を「マリー」にしたり、独占欲が強いワガママな一面を強調してみました。
実はマリー姫がワガママな性格になったのは、子供の頃にリナ王妃とアップル姫が甘やかしたのが原因だったりします(笑)
リナ王妃とアップル姫はその事に気付いている為、現在厳しい態度をとる時があるのは、何とかマリー姫を軌道修正しようと思っているからです。
リナ王妃やアップル姫と同じく、パートナー(ピッピ)と出会う前はかなりの男性嫌いで、一度も恋をした事がありませんでした。
自身の希望で一般の高校に通った時は、先輩・後輩関係なく色々な男性に告白されたものの、男性嫌いなマリー姫は全部断ってきたようです。
まだ小説では描いていないのですが、当時のマリー姫はピッピにデレデレな現在とは真逆な感じで、男性には冷たく攻撃的な雰囲気でした。
マリー姫の男性嫌いはリナ王妃からの遺伝の他に、プロポーションが良い自分に対する男性の下心に対して非常に警戒していたのが一番の理由です。
上記の事を踏まえて、マリー姫の同窓会にピッピが来る事になって、ちょっとした騒動になる話自体は既に考えています(笑)
普段アップル姫以上にリナ王妃からは叱られているようで、時にはリナ王妃にお仕置きされて、その後でピッピに慰めてもらっています。
本来マリー姫はリナ王妃のお仕置きを苦手にしているものの、ピッピに甘えたい為にお仕置きされた事を口実に利用する強かな一面もあります(笑)
流石にピッピの前でお尻を叩かれたり、ピッピへの甘えタイム・デート禁止は非常に嫌である為、それが近くなる時はしっかり反省しているようです。

【普段の生活】
基本的にはフラワー城で生活していますが、時にはピッピ目的でワルイージ城へ泊まりに来る事も多少あります。
ピッピの部屋にはマリー姫の着替えが置いてあるのですが、ピッピはマリー姫の着替えへの扱いに困っており、マリー姫はそんなピッピに対してニヤニヤ状態です(笑)
それでも自分がいるフラワー城にピッピを泊める事が大半であり、自分の部屋へ連れてきたピッピに色々とちょっかいをかけているのがお約束になっています。
なお、その様子は母親のリナ王妃に全て知られている為、時にはリナ王妃の暴露ネタに繋がる事もあります(笑)
姉のアップル姫はリナ王妃の暴露ネタの被害に遭わないようにワルイージ城へ泊まる事が多いのですが、マリー姫は「リナお母様に見られてもいいから、自分が好きなようにピーくんに甘える」という芯の強い?スタンスを取っている為、アップル姫よりは気にしていないようです。
普段国政を適当にこなしている事も多い等、仕事への態度もかなり悪くて、母親のリナ王妃に叱られてしまうのが日常茶飯事です。
その為、未来でマリー姫がフラワー王家を継ぐ事に対して、リナ王妃とカイ国王は内心不安を感じています。
姉のアップル姫とは仲が良いものの、時には姉妹喧嘩をする事もあり、その時は2人共リナ王妃に叱られています。

【好きな人・物・事】
ワルイージのピッピ♂、アップル姫やリナ王妃達家族、自分のポケモン、ピッピにんぎょう、お洒落な服やアクセサリー、ピッピへ甘える事、ピッピにちょっかいをかける事、ホラー映画鑑賞、中華料理、チョコレートケーキ、アップル姫が作るアップルパイ

【嫌い(苦手)な人・物・事】
ヘビーレオン、自分以外でピッピにちょっかいをかける女性全般(ピッピの母親であるピクシー♀は除く)、下心がある男性、雷、電気タイプポケモン、堅苦しい仕事、リナ王妃のお仕置き(お尻ペンペンやお小遣いカット等)、セロリ、梅干し

【能力】
アップル姫やリナ王妃程ではないものの、腕力や身体能力が女性の平均値よりも高く、普段から7.5キロあるピッピを簡単に抱っこしています(マリー姫本人は気付いていません)。
運動自体は苦手ではないものの、そこまで好きではない様子。
アップル姫と同様に国政(主に資料作成)を携わっていますが、マリー姫は国政を行う事をあまり好んでいない為、適当にこなす傾向があります(当然リナ王妃の雷が落ちます)。
堅苦しい事を苦手にしており、フラワー城内にある図書室には5分位しか入っていられません。
マリー姫の最大の能力は、ピッピに近づこうとする女性の気配への敏感さであり、ピッピにちょっかいを出す女性(ピッピの母親であるピクシー♀以外)には険しい表情で対処します。
性格が良くて可愛らしいピッピは女性に絡まれやすいのですが、マリー姫のこういう一面を知っている為、その時のピッピは冷や汗をかいています(笑)
最近はマリー姫もポケモントレーナーになり、ワルイージやアップル姫に劣るものの、少しずつトレーナーとして成長しています。
ポケモンバトル時のワルイージとピッピは頭脳的なテクニカルプレイ、アップル姫は圧倒的なパワープレイに対して、マリー姫は相手を掻き乱すトリッキーなプレイスタイルをテーマにしています。
アップル姫やリナ王妃以上にグラマーな体型をしており、他のキャラから胸が大きいと言われる事がちょくちょくあります。
しかしマリー姫本人はお尻が大きい事にコンプレックスを抱いていたのですが、ピッピはそれも受け止めている為、コンプレックスを克服しました。
ただ、ピッピをフラワー城へ泊める為に色仕掛けをする等、ピッピに対しては上記の武器をフルに利用しています(笑)

ピッピとの出会い】
ある日、携帯電話を無くしたマリー姫(変装済み)の前にワルイージのピッピ♂が現れたのがきっかけでした。
当初はピッピが人の言葉を話せる事に驚くものの、ピッピにも下心があるのではと警戒していました。
しかしピッピは下心なくマリー姫の携帯電話を探したり、ヤミカラスから取り返す姿を見て、マリー姫は考えを改めました。
ピッピを自分のポケモンにしようと思ったものの、ピッピがワルイージのポケモンである事を知り、ピッピを自分の彼氏にする事へシフトチェンジしました。
その為、マリー姫はアップル姫よりも前にワルイージとピッピに会っていたのですが、当時のワルイージとピッピはマリー姫である事に全く気付いていませんでした。
その後のマリー姫は姉アップル姫がワルイージと出会う事があれば、ピッピを紹介してもらおうと思っていました。
ワルイージとピッピがヘビーレオンからアップル姫を救出した事で、念願だったピッピとの再会を果たし、マリー姫からピッピに告白しました。
当初はマリー姫の告白に戸惑うピッピでしたが、マリー姫の想いを受け入れて、プリティカップルズが誕生する事になりました。
2人の馴れ初めについてはこちらになります。

【対人関係(マリオファミリーやオリジナルキャラ)】
アップル姫
マリー姫の姉。
ワルイージとピッピのように仲が良く、お互いに恋愛相談をする事もある間柄です。
幼少時代のマリー姫はリナ王妃やアップル姫に溺愛されており、甘やかされた事で現在のワガママな性格になりました(笑)
気が強い者同士故に時々姉妹喧嘩をするのですが、その時は2人共リナ王妃に叱られてしまいます。
リナ王妃にお仕置きされた後、現在はそれぞれの恋人に甘えていますが、昔は姉妹で慰め合っていました。
現在の方が姉妹喧嘩は多く、姉妹喧嘩が増えた理由としては、お互いに恋人が出来てからあまりかまってくれなくなった事への不満からきています。
フラワー城にお化けが出た時、お化けが苦手なアップル姫の為、マリー姫がアップル姫と一緒に寝ています。
一方雷が鳴り響く日は逆で、雷が苦手なマリー姫の為、アップル姫がマリー姫と一緒に寝ています。
アップル姫はマリー姫の事を「手がかかるものの、だからこそ可愛い妹」だと思っており、マリー姫もアップル姫を姉として慕っています(お互いに口には出していない様子)。

ピッピ
ワルイージの手持ちポケモンであり、マリー姫の恋人。プリティカップルズの相方。
マリー姫は見た目・性格共にピッピにメロメロであり、普段から積極的にアプローチしている等、ピッピに対しては超肉食系女子になっています。
実はピッピも「自分が人間だったら、マリー姫みたいな人と付き合いたい」と出会う前からマリー姫に淡い恋心を持っていました。
マリー姫に恋心を持った理由は一目惚れらしく、ワルイージだけがその事を知っています。
交際当初はマリー姫が強引でワガママな性格である事に驚いたものの、マリー姫の内面を含めてしっかり愛しています。
マリー姫がリナ王妃に叱られてお仕置きされた後は必ずピッピが慰めているようで、マリー姫はその時間を幸せだと思っています。
ポケモンを人間の姿にするチェンジライトを作ったのも、マリー姫の事が関係しており、マリー姫は人間の姿のピッピも非常に気に入っています。
マリー姫はピッピに対してグラマーな体型を使った色仕掛けを行う事も多い為、ピッピはそんなマリー姫に困惑する事が日常茶飯です。
マリー姫とピッピは普段から一緒にお風呂に入ったり、同じベッドで一緒に寝たり等、小説では書ききれない位の深い仲になっています。
将来2人は結婚して、6人の子供が誕生するという大家族になっています。

ワルイージ
姉アップル姫の交際相手であり、ピッピのトレーナー。
マリー姫にとってワルイージは義理の兄になるものの、2人の仲はあまり良くありません。
理由としてはマリー姫がアップル姫をワルイージに盗られたと思っている為、その嫉妬心からワルイージをあまり好んでいないようです(ピッピだけ気付いていました)。
一方ワルイージも普段ピッピと振り回すワガママなマリー姫を快く思っていなく、マリー姫にはトゲのある発言する時もあります。
ただ、ピッピに危害を加える者がいた場合は2人で仕返しをしようとする傾向もある為、完全に仲が悪い訳ではありません。

リナ王妃
アップル姫とマリー姫の母親。
アップル姫・マリー姫姉妹のストッパー的な存在であり、2人が喧嘩・暴走した場合はリナ王妃の雷が落ちて、リナ王妃にお仕置きされる事が多いです。
マリー姫の場合は姉妹喧嘩の他に、仕事を適当に行った事やピッピに酷い事をした事がお仕置き理由です。
なお、マリー姫はリナ王妃のお仕置きを苦手にしており、ピッピの前でお尻を叩かれた事が何度かあるらしいです(ピッピもその光景は思い出したくない様子)。
マリー姫はリナ王妃に頭が上がらない状態になっているものの、リナ王妃を母親として慕っており、遠出時には必ずお土産を用意した上でリナ王妃に渡しています。
恋人に甘える娘達の様子を密かにメモしており、メモの内容を娘達の前で暴露する恐怖の暴露ネタを仕掛けてきます。
マリー姫は恥ずかしい内容があるものの、それほど気にしていません(ピッピにされるのは嫌な様子)。
実はマリー姫の異性の好みはリナ王妃からの遺伝も含まれており、時にはリナ王妃もマリー姫と一緒にピッピをフラワー城宿泊に誘導する事も多いです(笑)

カイ国王
アップル姫とマリー姫の父親。
ストッパーであるリナ王妃とは異なり、カイ国王はアップル姫・マリー姫姉妹のフォローをしています。
わかりにくいかもしれませんが、娘達の好きな相手への独占欲や暴走癖はカイ国王からの遺伝になっています(笑)

紫カメック
フラワー王家執事。
ピッピが来る前はマリー姫の執事もしており、信頼は厚いものになっています。
アップル姫と比較すると、マリー姫の方が人遣いが荒い部分があります(笑)

バケッチャ♀、ジュペッタ♀、ニャース♀、アオイ(色違いのハブネーク♀)、ミロカロス♀
マリー姫の手持ちポケモン。
マリー姫は愛情を持って育てており、ポケモン達からも懐かれています。
なお、ニャース♀がマリー姫と一番性格が似ているものの、マリー姫本人は気付いていません(笑)

メイのピクシー♀
ピッピの母親であり、マリー姫の義理の母親。
マリー姫とピクシーはピッピの事で似ている部分があり、2人の仲は良いです。
なお、ピッピにとってマリー姫とピクシーのダブル攻撃は何も出来ない位の強力な攻撃になっています(笑)

アップル姫のプクリン♀
アップル姫の手持ちポケモンであり、マリー姫の(恋の)ライバル。
マリー姫同様、ワルイージのピッピ♂が好みのタイプらしく、隙あらばピッピに求愛している。
その為、マリー姫からは一番警戒されており、2人が顔を合わせるとピリピリ状態になります。
なお、ピッピは2人が揉めている姿や話を聞かないプクリンの事を苦手にしています(笑)

ミーシャ
マリー姫のライバル。
元々マリー姫の姉アップル姫に憧れてポケモントレーナーになった経緯があり、アップル姫に尊敬の念を抱いています。
しかしポケモントレーナー以外でのアップル姫に関する知識は薄く、マリー姫がアップル姫の妹だとなかなか信じないという視野が狭い+頑固な一面があります(アップル姫からの発言でようやく信じました)。
ポケモントレーナーとしてはマリー姫より経験が少しある程度であるものの、実力に関してはマリー姫を上回っています。

マリオ・ルイージ・ピーチ姫・デイジー姫・ヨッシー・ワリオ等マリオファミリー
マリー姫は特別意識をしている訳ではなく、ピーチ姫達に敵対心を持っているアップル姫とは異なっています。
ただ、デイジー姫とはやや仲が悪く、ワルイージのピッピとルイージのピカチュウの事で喧嘩する事もあります。

ヘビーレオン
アップル姫を誘拐した悪のマッドサイエンティストであり、ワルイージの宿敵。
マリー姫も姉のアップル姫を誘拐したヘビーレオンの事は非常に嫌っており、顔を見ただけで嫌な顔をしています。

【対人関係(小説)】
サトシ・カスミ・ヤマト・コサブロウ
小説「マリー姫、ポケモントレーナーになる」でコラボしたアニメポケモンに登場するキャラ。
カスミとヤマトの事は気が強い者同士故に仲が悪く、特にヤマトとは顔を合わせると罵倒し合うくらい険悪です。
以前サトシのピカチュウの10まんボルトでロケット団(ムサシ・コジロウ・ニャース)と一緒に吹き飛ばされた事があり、マリー姫はその事を根に持ち、サトシの事を非常に嫌っています。

ムサシ・コジロウ・ニャース
サトシ同様、アニメポケモンの顔とも言えるロケット団の3人組。
マリー姫はロケット団で一番有名と聞いていたムサシ達に会ってみたいと思っていたようで、カロス地方で出会った時はムサシにサインを求めていました(笑)
ヤマトと仲が悪い共通点からムサシと意気投合し、ヤマトのポケモンバトルでは共同戦線をはりました。
一方ピッピも同じく人の言葉を話せるニャースと意気投合し、コジロウ・ニャースと一緒にコサブロウとのポケモンバトルに挑んでいました。

ハーリー
AG時代に登場したポケモンコーディネーターで、ハルカのライバル。
ハーリーは執念深い性格をしているものの、ノクタスを知っているマリー姫の事は「見所がある」と気に入っています。
マリー姫はハーリーからポロックの作り方を教わり、ヒンバスにポロックを与える事でミロカロスへ進化させました。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
おはようございます。本日2回目のコメントです。

マリー姫についても細かく設定されていたのですね。
アニメポケモンに出てくるサトシは推定6キロもあるパトーナーのピカチュウをいつものように自分の肩に乗せていて、本来は持ち上げるのが難しいくらいの重さのポケモンも軽々(?)と持ち上げているシーンも見られることがあって、ピッピを抱いているマリー姫はサトシほどではないけれども、ある意味凄いと感じています(笑)。

アップル姫とマリー姫それぞれが苦手としているタイプのポケモンがいるので、それに対応するポケモンをフラワー城に入れるのは難しいようですね…。私はひこうや草やゴーストタイプのポケモンが好みですが、アップル姫に断固に断られそうですね(笑)。
マリー姫とマリー姫のニャース♀2人の様子を小説でもっと見れたらいいなと思っています(笑)。マリー姫がマリー姫のニャース♀と性格が似ていることにいつ気付くのかも見たいです(笑)。
2017.07.17 09:37 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~(2回目)。

アップル姫と同じくマリー姫も濃いキャラ設定になっていますよ!
かなりんさんの仰る通り、実際のポケモンは結構重い子もいるので、持ち上げたりして「!?」状態になりますね。
コジロウも51㎏のサボネアを頭に乗せていて、首は大丈夫なのかと思いました(笑)
マリー姫はリナ王妃の遺伝からパワーが平均女性より高いので、ピッピくらいは軽く抱っこ出来るようです(爆笑)

確かにアップル姫・マリー姫姉妹は苦手タイプがはっきりしている為、そのタイプは基本入城拒否されますね。
アップル姫がお化け嫌いの為、ワルイージは絶対にゴーストポケモンには手を出さないようにしているんですよ(笑)
マリー姫とニャース♀のやりとりは今後増えるかもしれませんね~。
気付くとしたら第三者からの指摘によるものだと思います(笑)
2017.07.17 23:14 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1989-13f65407