自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ウォーブレークダウン レビュー記事

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

IMG_2123.jpg
最近メディックノックアウトのレビュー記事を書いたので、3年前に手に入れていたウォーブレークダウンのレビュー記事を作成しました。

IMG_2124.jpg
正面。
メディックノックアウトのアームズマイクロンがグラに対して、相棒のウォーブレークダウンはザムというサイ型のアームズマイクロンになっています。
後で知ったのですが、ウォーブレークダウンとサイラスブレークダウンは日本限定の玩具らしく、海外では販売していなかったようです。
つまりメディックノックアウトとのコンビを揃えるのは日本版ウォーブレークダウンを購入するしかないものの、ウォーブレークダウンは現在高額な玩具になっています(^^;)

IMG_2125.jpg
ウォーブレークダウン「壊すのだーい好き!ウォーブレークダウンだ!!」

IMG_2126.jpg
左側。
【ウォーブレークダウンの説明文①】
海外版は寡黙なキャラらしいのですが、日本語版では「壊すとだーい好き!」というのが口癖の粗暴で直情的なパワーファイターキャラになっています。
ウォーブレークダウン役の伊丸岡 篤さんの演技でウォーブレークダウンがよりパワーファイターらしくなったように感じました。
オートボットのバルクヘッドとは因縁(どういう内容かは不明)があるライバル関係で、バルクヘッドもウォーブレークダウンを自身の宿敵である事と認め、45話ではがっつり戦いたかったと発言しています(実際はサイラスブレークダウンが相手でした)。
仕事をサボるメディックノックアウトに対して、ウォーブレークダウンは真面目な方らしく、意識不明状態のメガトロンの傷ついたボディを研磨機で一生懸命磨いていました。
ウォーブレークダウンはボディ磨きが職人レベルの腕前らしく、ボディの美しさに人一倍こだわりを持つメディックノックアウトも認めています。

IMG_2127.jpg
正面。
【ウォーブレークダウンの説明文②】
ディセプティコンはビークルモードにジェット機を選ぶ事が多いのですが、スポーツカーのメディックノックアウトに合わせたか、ウォーブレークダウンもビークルモードに装甲車を選んでいます。
玩具の説明文によると、ウォーブレークダウンは元々小柄の偵察兵だったものの、バルクヘッドと渡り合う為に現在の肉体へ改造したようです。
あくまで予想ですが、ウォーブレークダウンの肉体改造手術を行ったのがメディックノックアウトで、それがきっかけで2人はコンビを組んだのかなと思っています。
メディックノックアウトの助手であるウォーブレークダウンですが、医療行為の助手というよりは、戦闘が苦手なメディックノックアウトの護衛という立場のように感じました。
コンビ故にメディックノックアウトと一緒にいる事が多く、戦闘でも2人で戦うものの、時にはメディックノックアウトを誤って攻撃・巻き添えにする事もあります(笑)
それらの面を考慮しても、メディックノックアウトとウォーブレークダウンは良いコンビだと思います♪

IMG_2128.jpg
右側。
【ウォーブレークダウンの説明文③】
アニメ内での扱いは悪く、メックのサイラスに拉致・解体されて右目を失ったり、合成エネルゴンの影響でパワーアップしたラチェットに倒されるシーンがありました。
上記の人間に捕まった失態もあり、ボスのメガトロンからはあまり信頼されていなかった上、最期は同じディセプティコンのエアラクニッドに殺されてしまいました。
ウォーブレークダウンの死体はメックによって回収され、重傷を負ったサイラス復活の肉体として利用されてしまい、サイラスブレークダウンの誕生に繋がっています。
サイラスが相棒のウォーブレークダウンの身体を利用している事を知ったメディックノックアウトは強い嫌悪感を露わにし、メガトロンにウォーブレークダウンの仇を討たせて欲しいと懇願していました。
普段日和見主義を貫いているメディックノックアウトが自分の事以外で激しく怒るという珍しいシーンであり、アニメ内の扱いが悪かったものの、死んでしまったウォーブレークダウンにとってメディックノックアウトとの友情は救いだったと思います。

IMG_2131.jpg
アームズマイクロンのザム。
ハンマーからサイの形をしたロボットにトランスフォーム出来ます。
サイ型なので、サイのミュータントであるロックステディに持たせるのもアリかもしれません(笑)

IMG_2132.jpg
ザムを取り付けた状態のウォーブレークダウン。
【ウォーブレークダウンの説明文④】
任務に失敗したサイラスブレークダウンはメディックノックアウトの実験材料にされており、合成エネルゴンの効果をテストする実験体に使われていました。
メディックノックアウトは相棒の身体を実験体に使う事に抵抗があるものの、かつてウォーブレークダウンを解体しようとしていたサイラスを同じ目に遭わせる事で、ウォーブレークダウンの無念を晴らそうとしていました。
メディックノックアウトが再調合した合成エネルゴンは調合が不完全である為、注入した者を狂暴化させたり、元々あるエネルゴンを激しく消耗する副作用がありました。
スタースクリームに唆されてダークエネルゴンを注入した結果、サイラスブレークダウンはエネルゴンを求めるテラーコンとなり、口から飛び出す触手から戦艦ネメシス内にいるビーコンを片っ端から襲っていました。
おまけにサイラスブレークダウンに咬まれたビーコンは命を奪われてもダークエネルゴンの力で復活し、サイラスブレークダウンと同じ状態(触手を出してエネルゴンを求めるテラーコン)になるという恐ろしい事になっていました(^^;)
元々スタースクリームは「ダークエネルゴンを注入すれば、ダークエネルゴンを使っているメガトロンがサイラスブレークダウンを自由自在にコントロールできるようになる」と予想していましたが、合成エネルゴンの副作用とダークエネルゴンの悪い部分が重なった様な騒動が起きてしまいました(合成エネルゴンの影響でダークエネルゴンとのリンクが遮断されている為、メガトロンの命令は全く聞かなかった様子)。
最終的にはインセクティコンの休眠カプセルに閉じ込められたエアラクニッドをエネルゴン目的で復活させて、サイラスブレークダウンはエアラクニッドに倒されました(死ぬ間際にサイラスは苦しみから解放されたとエアラクニッドに礼を言っていました)。
一方エアラクニッドもサイラスブレークダウンに咬まれてテラーコン化していたようで、サウンドウェーブによってサイバトロン星の月に転送された後、インセクティコンを貪る喰らうというホラーなエンディングを迎えました(^^;)
サイラスブレークダウンの出番はここで終わりましたが、この回はかなり怖いホラーな回でした(><)

IMG_2133.jpg
ビークルモード①
【ウォーブレークダウンの説明文⑤】
最近知ったのですが、日本国内の玩具シリーズユナイトウォリアーズでウォーブレークダウンがゾンビウォーブレークダウンとして復活を遂げたようです。
死後、強い怨念を持ち死にきれないゾンビとして彷徨った結果、別次元のユニクロンに目をつけられて、新しい姿を得て復活したと伺っています。
なお、ウォーブレークダウンは内心相棒メディックノックアウトとの再会を夢て見ているようで、元の世界へ戻りたいと思っているらしいです。
漫画の最終話では騒動解決後に元の世界へ戻り、(足だけの姿であるものの)メディックノックアウトと再会を果たして、涙を流して喜んでいる姿を確認しました。
これがアニメに繋がっている設定かは不明ですが、色々な事があったものの、メディックノックアウトとウォーブレークダウンが再会を果たせた事が嬉しいです♪

IMG_2134.jpg
ビークルモード②

IMG_2135.jpg
ビークルモード③

IMG_2136.jpg
ビークルモード④

IMG_2137.jpg
ビークルモード⑤

IMG_2138.jpg
ビークルモード⑥

スポンサーサイト

Comment

ケンザウルス says..."こんばんは。"
こちらは今朝まで体調不良でダウンしておりました(汗

ウォーブレークダウンは、日本限定の玩具なのですか?
日本では特別人気があり、商品化されたということなのでしょうか?

あの粗々しい印象からボディ磨きが職人レベルの腕前とは、想像できませんでした(笑

アームズマイクロン・・・ハンマーのようなものを持っていたのは覚えていますが、サイになるとは知りませんでした。 ここでロックステディと繋がるんですか?(笑


サイラスブレークダウンは最終的に暴走するんですね・・・
国内放映されなかったのは、恐怖の回だったからですかね~?
2017.07.01 16:51 | URL | #AUFfpFpw [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: こんばんは。"
こんばんは~。
体調不良、大丈夫なのですか?
お大事にして下さいね(^^;)

ネット情報によるとウォーブレークダウンの玩具は日本限定品らしいですね。
理由や人気については不明ですが、おかげでメディックノックアウトとコンビを揃える事が出来ました。

日本語版でカットされているのですが、サイラスブレークダウン登場回でメディックノックアウトがウォーブレークダウンのボディ磨きの腕についてメガトロンに話していたようです。
もしかしたらボディの美しさに拘る相棒のメディックノックアウトの為に身に着けた技術なのかもしれませんね~。

アームズマイクロンは劇中で使用している武器が動物等に変形するように設計されているようです。
ウォーブレークダウンはパワーキャラである為、パワフルなサイをチョイスしたのではないでしょうか。
私の中でサイといえばロックステディなんですよ(笑)

はい、ダークエネルゴンと合成エネルゴンの影響でサイラスブレークダウンは暴走してしまいますね(^^;)
ビーストハンターズ自体に日本吹き替え版がないのですが、この回はなかなか怖いので、放送はかなり難しいですね。
2017.07.02 00:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1973-4b51113f