自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ワルイージストーリー番外編(毒蛇の女王、登場) パート16

Posted by 自称悪魔族使いのS on   4 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


ハブネーク♂「ハブ~ッ!!!」
ワルイージ「んっ!?何だ~・・・??」
ピッピ「ハブネークさんの声ですね。」
アップル姫「何かしら?」
紫カメック「あっ!?あれをご覧下さい!」
ワルイージ達が見た光景とは、アザミのハブネークに追いかけられているワルイージのハブネーク♂だった。
ハブネーク「ハブブ~ッ♪(待って~♪)」ダダッ!
ハブネーク♂「ハブネッ!!(こっちへ来るな!!)」ダダッ!
アザミ「アタシのハブネークは一体何をしているのだい・・・。」
ピッピ「う~ん・・・、どうやらハブネークさんに恋したみたいです・・・。」
ワルイージ「ナニ~ッ!?本当か、ピッピ~?」
ピッピ「間違いないですね・・・。アザミさんのハブネークさんが積極的に求愛していますよ・・・。」
アザミ「あらら・・・、あの子はワイルドな♂が好みだったみたいだね・・・。」
ピッピの通訳によると、アザミのハブネークはワルイージのハブネーク♂に恋をしたようで、ワルイージのハブネーク♂にアプローチをしていた。一方ワルイージのハブネーク♂はその好意に困っているようだ。

ハブネーク♂「ハブブネッ!!(アニキ、助けて下さい!!)」バッ
ピッピ「うわっ!?」
ワルイージのハブネーク♂はピッピに助けを求め、ピッピの後ろに隠れた。
ハブネーク「ハネ~ッ♪(アンタ、アタイのダーリンにしてあげるわ♪)」
ハブネーク♂「ハブブッ!!(だから嫌だって言っているだろう!!オレは修行中なんだよ!!)」
ハブネーク「ハブブブブッ♪(じゃあアタイのご主人様の下で一緒に強くなればいいでしょう♪)」
ハブネーク♂「ハネクッ!(オレはボスやアニキのところで強くなりたいんだよ!!)」
ハブネーク「ハネ~ッ♪(もう照れちゃって~♪)」
ピッピ「全然ハブネークさんの言う事を聞いていないみたいですよ・・・。」
ハブネーク♂「ハブブッ・・・。(アニキ、何とかして下さい・・・。)」
ピッピ「そう言われましても・・・。」
アザミのハブネークはワルイージのハブネーク♂の言う事を聞いていないようで、ピッピとワルイージのハブネーク♂は困っていた。
アザミ「アタシのハブネークがアンタのハブネークを気に入ったみたいだね。」
ワルイージ「どうやらそうみたいだな~。それにしてもあいつも意外とモテるとは驚きだぜ~!イッヒヒ!」
紫カメック「あれは簡単にいきませんね・・・。」
ワルイージ達もハブネークの様子を見ていたが、1人だけその様子に不安を感じている人物がいた。

アップル姫「(まずいわ・・・。このままワルイージとアザミさんのハブネークが出来ちゃうと・・・。)」
(アップル姫の妄想)
アザミ「アタシも・・・、アンタみたいなワル格好良い男が好き・・・。」
ワルイージ「ほ、本当か~・・・。」ポッ
アザミ「アタシ達のポケモンもあんなに愛し合っている事だから・・・。もしかしてアタシじゃ不満かい・・・?」
ワルイージ「そ、そういう訳じゃ・・・。」
(アップル姫の妄想終わり)
アップル姫「(いや~っ!!せっかくワルイージとはワルイージ城へお泊まり出来る位、親密になってきているのに~!!で、でもワルイージだって私という存在を忘れて、そんな事になるとは・・・。)」チラッ
ワルイージ「イ~ッヒッヒッヒ!」
アザミ「フフフフフッ!」
アップル姫「(な、何であんなに2人で楽しそうにしているのよ!ワルイージ、私を裏切ってアザミさんに乗り換えようとしているの!!はぁっ!?そ、そういえば最近些細な事でワルイージを怒鳴っているってマリーやリナお母様に言われていたけど、それが原因なのかな・・・・。)」
ワルイージとアザミの様子を見たアップル姫は心の中で怒ったり、落ち込んだりしていた。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
こんにちは。

4月の中旬頃から現実のほうで多忙になってしまいまして、このようにコメントを打つのは随分と久しぶりになりました。
アザミのハブネークの態度が、バトル前の態度から大きく変わっていましたね。
ハブネーク♂はマリー姫のハブネークの時と違う形で困っているようですが、私はそれの光景もまた微笑ましいと感じました(笑)。
そして、アップル姫の頭の中でまさかの恋のライバル出現ですか(笑)。
些細なことで怒鳴っていたということは何があったのでしょうかな。

2017.05.26 11:04 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんにちは~。

最近お見かけしないと思っていましたが、現実でご多忙だったんですね。
よくある展開ですが、バトルを行ったら、アザミさんのハブネークがワルイージのハブネーク♂に惚れてしまいました(笑)
勿論マリー姫のハブネーク♀とは差別化を図るような展開を意識させて頂きました。
最近ご無沙汰だったので、久し振りにアップル姫の嫉妬深い一面等を描きましたね(笑)
小説では書いていないのですが、メールの返信が無かった等の事でアップル姫が怒っているんですよ~。
2017.05.27 13:16 | URL | #- [edit]
ak says..."どうも!"
こんばんは。

アザミのハブネークがワルイージのハブネークに惚れてしまうとは、意外な展開でしたよ〜。
過去にアニメのポケモンでも、ポケモン同士の恋バナがありましたね〜。
ハブネークの恋はどうなるのか、ワルイージハブネークは嫌がっているようですが今後も気になる所です。(笑)
2017.05.27 19:18 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうも!"
こんばんは~。

アップル姫のヤキモチ妬きな一面を久し振りに出したかったので、アザミさんのハブネークの恋バナ展開となりました(笑)
確かにポケモン同士の恋愛もアニメ内にありましたよね~(ヒカリのミミロル→ピカチュウ、ミジュマル→可愛い♀ポケモン等)。
ワルイージのハブネーク♂にはアオイ(マリー姫のハブネーク♀)がいる?ので、かなり難しい気がします(笑)
2017.05.27 19:59 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1935-82a9ae26