自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ワルイージストーリー番外編(毒蛇の女王、登場) パート8

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


ワルイージ「ハブネーク、そ~んな奴の言う事を気にするなよ~。お前を挑発して判断を鈍らせる作戦かもしれないぜ~!」
ハブネーク♂「ハネッ!(了解です、ボス!)」
ピッピ「どうやら2人とも大丈夫みたいですね。」
アップル姫「まぁワルイージはあの手の戦術をよく知っているから、ひっかかるとは思っていないけどね。」
紫カメック「そろそろバトルが始まりますよ。」
弟子C「ではバトル開始!」
ワルイージ「ハブネーク、ポイズンテ~ル!!」
アザミ「ハブネーク、どくどくのキバ!」
ハブネーク♂「ハブネ~ッ!!」ビュッ!
ハブネーク「ハァ~ッ!!」バッ!
ワルイージとアザミはお互いに毒タイプの技で攻撃を仕掛け、それぞれの技は相手にヒットした。
ハブネーク「ハブァッ・・・。」ガブッ!
ハブネーク♀「ハプッ・・・。」バゴッ!
ワルイージ「ズイブン嫌らし~い技を使うんだな~。どくどくのキバは相手を猛毒状態にする事もある技だが、ハブネークは毒タイプだから猛毒状態になる事はな~い!」
アザミ「アンタもなかなかやるみたいだね。今のポイズンテールは良いキレだったわ!」
ワルイージ「だがこいつの強さはまだまだこんなものじゃないぜ~!ハブネーク、かみくだく!」
アザミ「こちらもかみくだく!」
ハブネーク♂「ハァ~ッ!!」
ハブネーク「ハァ~ッ!!」
ワルイージとアザミはお互いに同じ技を指示し、ハブネーク同士の攻撃は激突していた。ドカーン!!
ハブネーク♂「ハネッ!」
ハブネーク「ハブッ!」
その後もハブネーク同士の力比べは続き、バトルも激しくなってきた。

ピッピ「序盤からパワー対決になっていますね。お互いに体力を消耗しているようです。」
アップル姫「あとはいかに自分の流れに持っていくのかがポイントだわ。」
紫カメック「アザミ殿のハブネークはどんな技を使うのでしょうね。」
弟子A「姉御のハブネークが押し切れないなんて・・・。」
弟子B「あのハブネークは姉御のハブネークに匹敵する力を持っているのね・・・。」
イバラ「いや、姉御が負ける訳はないよ!」
アザミ「ハブネーク、ギガドレイン!」
ハブネーク「ハァ~ッ!」ビビッ!
アザミのハブネークは緑色の光を口から吐き出した。
ワルイージ「相手の体力を吸収する技か~。だがオレ様には通用しな~い!ハブネーク、かわしてかえんほうしゃ!」
ハブネーク♂「ブハァ~ッ!!」ブォッ!!
ハブネーク♂はギガドレインの光を避けた上で、口から炎を吐き出した。
アザミ「ハブネーク、避けなさい!」
ハブネーク「ハネッ!」バッ
アザミのハブネークもかえんほうしゃを警戒に避けた。すると・・・、
ハブネーク♂「ハブネ~ッ!」ビュッ
アザミ「んっ!?」
ハブネーク「ハネクッ!?」
ワルイージ「そのままポイズンテ~ル!!」
ハブネーク♂「ハブネ~クッ!!」バゴッ!!
ハブネーク「ハブ~ッ・・・。」バタッ
ワルイージのハブネーク♂はアザミのハブネークが攻撃を避ける前に次の攻撃を準備していたようで、ポイズンテールはアザミのハブネークに直撃した。

ワルイージ「イ~ッヒッヒ!パワーは互角でも、テクニックはオレ様達の方が上みたいだな~!」
アップル姫「なるほど~。ワルイージは相手の隙を一瞬で見抜いて、素早く突いたのね。」
紫カメック「おまけにワルイージ殿のハブネークもそれを心得ていますね。」
ピッピ「ハブネークさんに限らず、ボクやオクタンさん達も相手の隙は徹底的に突くように教え込まれていますよ。」
アップル姫「へぇ~・・・。周りからは狡賢い性格だと言われているけど、ワルイージはマリオファミリー1のテクニックを持っている・・・。そんなところも素敵♪」
どうやらワルイージは普段から自分の手持ちポケモンには相手の隙を徹底的に突くように指導しているようだ。
アザミ「(トレーナーとポケモンがお互いに信頼しているからこそ、あのような戦法も素早く出来るという訳ですか。勝つ為はコンビネーションをかき乱す必要がありますね。)ハブネーク、大丈夫ですか?」
ハブネーク「ハブブッ!」シュッ
イバラ「姉御はまだ諦めていないよ!アンタ達、声援を送りな!!」
弟子A・B「ファイト、姉御!!」
アザミはワルイージとハブネーク♂の連携を見て、その連携を崩す作戦を考えたようだ。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."どうも〜!"
こんばんは〜。
ハブネーク同士のバトルでは、毒タイプの技はあまり効果が無く、毒状態にできないので、トレーナーの腕とポケモンの能力値等の違いが勝敗を分ける事になりそうですね〜!
それぞれのハブネークは、やはり技構成も違うようで、見応えがありますね〜!(笑)
現在はワルイージがやや優勢ですが、アザミも策を思い付いたようで、次回の展開も気になります!(^_^)

Sさんの東京行きの日程については了解しました!
私の方は、6月のスケジュールはまだ分からないので、6月が近くなったら、予定が合うかどうかの報告をしたいと思います!
2017.04.28 20:26 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうも〜!"
こんばんは~。
仰る通り、例外を除くと毒ポケモン同士だと毒状態に出来ない為、トレーナーの腕やポケモン個々の能力等にかかってきますね!
アザミさんのハブネークはワルイージやマリー姫のハブネークと技構成を変えようと最初から考えていたので、アニメやゲームのデータを基に考えさせて頂きました(笑)
アザミさんが考えた策はゲームでアザミさんとバトルした事がある方なら、予想出来る内容になっていますので、お楽しみにしていて下さい♪

了解です。
都合が合いましたら、連絡先も交換しようと思っています。
2017.04.28 23:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1903-e8ecb56a