自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ワルイージストーリー番外編(毒蛇の女王、登場) パート4

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
ワルイージの性格が出ているバトル内容にしてみました。


ヤマト「アンタ達、しっかりしなさい!!」
コサブロウ「この前のリベンジをしてやれ!!」
グランブル「グランブッ・・・。」
グラエナ「グラエッ・・・。」
ピッピ「とりあえずバトルの準備をしますね。」
ワルイージ「ピ~ッピ~、お前は戦わなくていい。ハブネーク、お前が代わりに2匹の相手をしてやれ~!!」
ハブネーク「ハネクッ!(了解です、ボス!)」バッ
ワルイージはピッピを出さず、ハブネーク♂をバトルに出すようだ。
ピッピ「えっ!?いいんですか・・・?」
ワルイージ「あ~んなチンケな連中を相手にお前が出るまでもないだろ~!」
ハブネーク♂「ハブブッ!(そうですよ、アニキ!あんな連中なんてオレがコテンパンにしてやりますよ!)」
ピッピ「は、はぁ・・・。」
ヤマト「ちょっと、さっきからあたし達をチンケ呼ばわりするんじゃないわよ!」
コサブロウ「そうだそうだ!オレ達はボスに期待されている優秀なロケット団員なんだぞ!!」
ワルイージ「おや~?お前らがそ~んなに優秀なら、と~っくにピッピを捕まえているはずだぜ~!そ~ういうのを自惚れって言うんじゃないのかね~。イッヒヒ!」
ハブネーク♂「ハネッ!(ボスの言う通りだぜ!)」
ヤマト「ムキー、何処まで嫌味な奴ね!おまけにムサシと同じハブネークを持っているのも腹が立つわ!!」
コサブロウ「こうなったらあいつらをギャフンと言わせてやる!!」
ピッピ「(バトルが始まる前からすっかりワルイージさんのペースですね。高飛車な発言で挑発し、冷静さを失った相手を自分の土俵で勝負させて、確実に仕留めるといういつもの作戦ですか。)」
ワルイージの高飛車な態度にヤマトとコサブロウは終始イライラしていた。ワルイージと付き合いが長いピッピによれば、これも狡賢いワルイージの作戦らしい。

ワルイージ「イ~ッヒッヒッヒ!こ~のバトルは特別にお前達から攻撃をさせてやろ~う!」
ヤマト「何っ!?」
コサブロウ「どういう意味だ?」
ワルイージの意外な発言にヤマトとコサブロウは驚いていた。
ワルイージ「こ~う見えてもオレ様は優しいんだぜ~!なぁ~、ハブネーク?」
ハブネーク♂「ハブブブネッ!」
ピッピ「そうですね、それくらいのハンデはあいつらにくれてやりますよ!って言っています。」
ヤマト「カチン!嫌味なトレーナーだけでなく、ムカつくハブネークだわ!!」
コサブロウ「まさにトレーナーにそっくりなポケモンだぜ!」
ヤマトとコサブロウは、ワルイージとハブネーク♂に嘗められていると感じたようで、ますますヒートアップしていた。
ワルイージ「どうした~?人の親切は素直に受け取っておくものだぜ~!イッヒヒ!」
ハブネーク♂「ハブブ~ッ!(ほらほら、早く来いよ!)」ヒュヒュッ
ピッピ「(2人共ここまで挑発する事はないのに・・・。)」
ワルイージの高飛車な発言は続き、ハブネーク♂も尻尾をブラブラさせて挑発していた。
ヤマト「じゃあやってやろうじゃない!グランブル、ハブネークの尻尾にかみつく攻撃!!」
グランブル「グランブルッ!!」ダダッ
ヤマトはグランブルに技を指示し、グランブルは大きなキバでハブネーク♂に噛み付こうと向かってきた。

ワルイージ「イィ~ッヒッヒ!ひっかかったな~!」
ハブネーク♂「ハァッ!」
ヤマト「えっ!?」
ワルイージ「ハブネーク、ポイズンテール!」
ハブネーク♂「ハァ~ッ!」キュイーン!
グランブル「グランブッ!」ガブッ!
ワルイージの指示を受けたハブネーク♂は毒がある尻尾の刃を紫色に光らせた。尻尾の刃をグランブルの前へ移動させ、グランブルは毒がある尻尾の刃部分に噛み付いた。すると・・・、
グランブル「グ、グラ~ッ!!!!」
ハブネーク♂の尻尾の刃に噛み付いたグランブルは口の中に毒が入ったようで、かみつく攻撃を解除した上で苦しみ始めた。
ヤマト「グ、グランブル!?」
ワルイージ「おや~?わざわざ毒がある尻尾の刃に噛み付くなんて、お前のポケモンは勇気があるねぇ~!イッヒヒ!」
ハブネーク♂「ハブブッ!」
コサブロウ「奴はこれを狙ってわざと挑発したのか・・・。」
ピッピ「やっとワルイージさんの作戦に気付いたようですが、少し遅かったようですね。」
コサブロウはようやくワルイージの作戦に気付いたが、既にグランブルはハブネーク♂の毒が全身に回ったようだ。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."どうも〜!"
こんばんは〜!
最近はSさんはデュエルリンクスやポケモンGO等のスマホゲームを楽しまれているようですね〜!
ダーク・ネクロフィアもゲットできて良かったですね。
話の展開から薄々お気付きかもしれませんが私の小説の方でも、もうすぐネクロフィアが登場するので楽しみにして下さい♪

小説は、ワルイージが活躍してましたね〜。
私はマリオ関係にはあまり詳しくないので、今回の話でワルイージの性格が高飛車で嫌味な一面があるという事を分かりやすく理解できました。(笑)
ヤマト達はワルイージの挑発に乗ってしまい、苦戦していますね〜。
フェアリータイプのグランブルでは、毒タイプのハブネークとは相性が悪いですが、このバトルがどうなるのか、次回も楽しみにしていますよ〜!

そして、先ほどは間違いの指摘をありがとうございました!
トラパートの効果は、古代の機械系の魔法・罠の発動を制限する効果と似た部分があったので、アニメで牛尾さんが使った時から9年間くらい、ずっと勘違いしていました。(爆笑)


2017.04.14 22:39 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうも〜!"
こんばんは~。
最近はデュエルリンクスにドハマり中なので、小説の執筆が大幅に遅れています(笑)
嫁のダーク・ネクロフィアもゲットできて、闇バクラの専用ボイスが聞けてハッピーです♪
やはりダーク・ネクロフィアの登場は近かったんですね~、わかりました!

実際のワルイージは狡賢い性格の他に、自信満々で高飛車な言動をしたり、他者を馬鹿にする+他者の不幸を笑う等の嫌味な一面があるんですよ(笑)
最近はアップル姫やピッピの事もあって「良い人」になっていたので、久し振りに「悪役」としてのワルイージの性格をしっかり描こうと考えたのが今回の番外編なのです。
ワルイージの作戦(挑発)にひっかかった場合は、今回のヤマト達みたいなことになるんですよ~。
次回は毒ポケモンらしさやワルイージの本心が出ている内容になっていますので、お楽しみにしていて下さい♪

確かに古代機械系は魔法・罠カードを封じる効果がありますね~。
今後は遊戯王ウィキでカード効果を確認しながら構成していくといいですよ!
今回の場合はトラパートと似たオリカで対応すれば、デュエルの構成は変えなくて済みますね。
2017.04.14 23:18 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1898-4c24810f