自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ワルイージストーリー番外編(毒蛇の女王、登場) パート3

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


ヤマト「な、何でアンタがここにいるのよ!」
ピッピ「ボクのトレーナーがここに行きたいと言いましたから、付き添いで来た訳です。」
コサブロウ「トレーナー・・・?お前のトレーナーはあの生意気ジャリガールだろ!?一体何処にいるんだ??」
ピッピ「ですから、あなた達の目の前にいる方がボクのトレーナーです。」
ヤマト・コサブロウ「目の前にいるって・・・。」
ピッピの話を聞いたヤマトとコサブロウが自分達の目の前を確認したところ、そこにいたのはワルイージとハブネーク♂だった。
ヤマト・コサブロウ「えぇ~っ!!!!!!」
ピッピ「そ、そんなに驚く事なんですか・・・。」
ピッピがマリー姫の手持ちポケモンだと思っていたヤマトとコサブロウは、真実を知って驚きを隠せなかった。
ヤマト「ア、アンタがこのピッピのトレーナーだったの!?」
ワルイージ「そ~うだが、何か文句でもあるのかな~?」
コサブロウ「おいおい、凄く人相が悪そうな奴じゃないか・・・。」
ワルイージ「フン!オレ様は世界のスーパースターワルイージ様なんだよ~!」
ハブネーク♂「ハネッ!(そういう事だ!)」
ヤマト「なるほど。道理であのピッピがあたし達の考えを見抜けると思ったら、トレーナーが悪そうな奴だった訳ね。」
コサブロウ「それにしても何か狡賢そうな雰囲気がしているぞ・・・。あのピッピはあいつに騙されているんじゃないのか・・・?」
ワルイージ「うるさ~い!悪のロケット団のお前達が言うんじゃな~い!!」
ピッピ「ま、周りからボク達はそういう風に見えるのでしょうか・・・。」
ハブネーク♂「ハブブッ・・・。(ア、アニキ、気を落とさないで下さい・・・。)」

ワルイージ「ピ~ッピ~、あいつらが言っている生意気ジャリガールはマリー姫の事なのか~?」
ピッピ「い、一応そうみたいです・・・。マリーさんはヤマトさんと凄く仲が悪かったので、そう呼ばれていますね・・・。」
ワルイージ「まぁ~、マリー姫も相当気が強くてワガママだから、あんなタイプの女性が気に入らないんだろうな~。」
ヤマト「あんなタイプって何よ!あたしの何処が悪いって言うの!!」
ワルイージ「そ~ういう所だと思うぜ~!イッヒヒ!」
ヤマト「アンタ、あたしを馬鹿にしているの!悪そうな見た目だけでなく、嫌味な奴ね!!」
コサブロウ「ヤマト、落ち着けって・・・。」
ヤマト「コサンジは引っ込んでいなさい!」
コサブロウ「コサブロウだ!!」
ワルイージ「イ~ッヒッヒ!オレ様のピッピを狙ったバ~カがいるとは聞いていたが、思った通りのチンケな連中じゃないか~!」
ヤマト「それってどういう意味よ!?」
ワルイージ「マリー姫からお前達がこいつを何度も狙って、その度に返り討ちに遭ったブザマなロケット団員だって聞いていたぜ~!!」
コサブロウ「ク~ッ、生意気ジャリガールはオレ達をそんな風に説明していたのか!!」
ハブネーク♂「ハブッ・・・?(アニキの彼女さんはそこまで言ってたかな・・・?)」
ピッピ「(ワルイージさんったら、話を少し脚色して2人を罵らなくても・・・。)」
どうやらワルイージはマリー姫の話を少し脚色したものを話しているようだ。

ワルイージ「だ~いたいお前達のようなチンケな連中にオレ様のピッピを捕まえられる訳がな~い!!」
ハブネーク♂「ハブブッ。(それもそうですね。)」
ヤマト「ムキー!!じゃあ今度こそピッピをゲットしてやろうじゃない!!行くのよ、グランブル!」ビュッ
コサブロウ「行け、グラエナ!」ビュッ
グランブル「グランブルッ!」パカーン!
グラエナ「グラエナッ!」パカーン!
ワルイージの高飛車な発言に怒ったヤマトとコサブロウは、ピッピをゲットする為にグランブルとグラエナを出してきた。
ピッピ「おやっ?この前のナンバ・ナンバー5・スーパーは使わないんですか?」
ヤマト「あの装置がなくても、アンタに勝てるわよ!」
コサブロウ「(そんな事を言って、本当に勝てるのかな・・・。)」
グランブル「グ、グッ・・・。」
グラエナ「ウゥッ・・・。」
ヤマト「アンタ達、どうしたのよ!?」
コサブロウ「まさかこの前のバトルを思い出したんじゃ・・・。」
ピッピを見たグランブルとグラエナはかつての敗北を思い出したようで、ピッピに対して怯え始めた。
ハブネーク♂「ハブネッ?(あいつらのポケモンが怯えているぞ?)」
ワルイージ「イ~ッヒッヒィ~!そ~んなにコテンパンに叩きのめしたのか~、ピッピ~?」
ピッピ「そんなに力を入れたつもりじゃないのですが・・・。」

スポンサーサイト

Comment

ak says..."どうも〜!"
こんばんは〜。
ヤマト達はピッピがマリー姫のポケモンだと思い込んでいたようですね〜。
ポケモンが人間と一緒にいれば、その人をトレーナーだと勘違いしてしまうのも無理はないと思います。私も約1年半前にSさんのマリー姫小説を初めて読んだ頃は同じ勘違いをしていました。(笑)
ワルイージはマリー姫から聞いた話を脚色して、ヤマト達を罵倒していましたが、ここ最近のヤマト達は、アニメよりもギャグキャラのイメージが強くなっている気がします。(笑)
前回のバトルでピッピは無意識のうちにグランブルとグラエナに恐怖心を植え付けてしまいましたか!
ロケット団のポケモンを怯えさせるピッピの強さを改めて実感させられました。(笑)

ロケット団の口上の台詞はコピーされていたんですね〜。
私もダーク・フェアリー団の口上は同じようにコピーしています。
修正お疲れ様でした!
サとザの違いは気付きにくいかもしれませんね。私も今までのコサブロウの誤字に気付かなかったのですが、先週はたまたま気付きました。(笑)

Sさんのポケモン小説の今後のストーリーの流れについては了解しました!

2017.04.11 22:18 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうも〜!"
こんばんは~。
この勘違いネタは前から考えていたので、番外編で使ってみました(笑)
そういえばakさんはマリー姫の小説から入ったのですね~。
確かに最近のピッピはマリー姫と一緒にいる事が多いので、元々はワルイージのポケモンである事に気付きにくくなっているかもしれません(笑)
ヤマト達への罵倒シーンはワルイージの高飛車で嫌味な一面を出す為に設定したのですが、逆にヤマト達のギャグキャラ路線が強くなった印象だったんですね(爆笑)

ピッピは本気を出していないものの、ヤマトとコサンジ・・・、じゃなかったコサブロウ達のポケモンに恐怖を与えているみたいですね。
無意識なところがある等多少異なるものの、この辺りがピッピのバトルスタイルのモデルになっているフリーザ様と似てきたように感じます(笑)

毎回1から書くのは面倒くさいので、2人の名乗りはコピーで対応していました(笑)
指摘があった時に「昔のをコピーしていたけど、それも間違っているのかな・・・?」と思ったので、調べたら全部間違っていましたね~。

今はマリー姫のポケモンリーグ編を少しずつ書いているところです!
謎の人物が本格的に活動するワルイージのアローラ地方編はまだ先になると思いますね。
2017.04.11 23:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1892-286ff2a1