自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ワルイージストーリー番外編(毒蛇の女王、登場) パート2

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回はマリー姫の小説にも登場したキャラが出てきます。

カントー地方に着いたワルイージはショッピングやグルメを満喫した後、バトルチューブへ訪れていた。
ワルイージ「ここがバトルチューブか~・・・。本当にハブネークの形をしているぜ~!」
ハブネーク♂「ハブブッ!(オレのように格好良い建物だ!)」
ピッピ「ポケモンの形をした建物を建設したという事は、それだけアザミさんはハブネークというポケモンに思い入れを持っているみたいですね。」
ワルイージ「ピ~ッピ~、アザミって誰だ~??」
ピッピ「このバトルチューブのチューブクイーンと呼ばれるフロンティアブレーンです。元々バトルフロンティアはオーナーのエニシダさんが認めたトレーナーをフロンティアブレーンと呼び、それぞれ7箇所にある建物のリーダーを務めているみたいです。」
ワルイージ「なるほど~、ジムリーダーの他にそういうトレーナーもいるのか~・・・。でも何でポケモンのお前がそんな事を知っているんだ~?」
ピッピ「何故って、インターネットで検索すれば出てくる情報ですよ。」
ハブネーク♂「ハブッ!(アニキはインターネットで色々検索しているんですね!)」
ピッピ「マリーさんのお仕事の手伝いをするには世の中の事を知っておかないといけないですから・・・。ワルイージさんはそういうニュースを見ないんですか・・・。」
ワルイージ「スーパースターであるオレ様にはそんな情報は必要な~い!」
ピッピ「そ、そうですか・・・。ちなみにアザミさんもハブネーク使いですよ。」
ハブネーク♂「ハネッ・・・?(オレの仲間を・・・?)」
ワルイージ「ナニ~!?オレ様と同じポケモンを使うのか~!」
ピッピ「ハブネークだけはワルイージさんと同じで、他にはミロカロス、ツボツボ、ギャラドス、ハガネールといったポケモンを使うみたいですよ。また相手の嫌がる戦法を積極的に行いつつ、強力な攻撃技で攻めるって聞いています。」
ワルイージ「なるほど~、オレ様と通じる部分があるトレーナーって事か~。」
ピッピからアザミの基本戦法を聞いたワルイージは自身と重なる部分がある為、多少なりと共感していた。なお、ワルイージも状態異常等による相手への妨害戦術を得意としている。

???「そこのお前!」
ワルイージ「んっ!?オレ様の事か~??」
ハブネーク♂「ハネッ。(どうやらそうみたいですね。)」
ピッピ「あ、あれは・・・。」
???「ピッピとは珍しいポケモンを持っているな。オレ達ロケット団が頂くぜ!」
ワルイージ達の前にロケット団員2人が現れた。なお、ピッピはその2人を知っているようだ。
ワルイージ「ほぉ~、そ~んな命知らずなロケット団員がいるとはな~。一応名前は聞いておこうか~?」
???「一応名前は聞いておこうか~?と聞かれたら、」
???「答えないのが普通だが、」
2人「まあ特別に答えてやろう!トゥッ!!」バッ
ヤマト「地球の破壊を防ぐ為、」
コサブロウ「地球の平和を守る為、」
ヤマト「愛と誠実な悪を貫く、」
コサブロウ「キュートでお茶目な敵役!」
ヤマト「ヤマト!」
コサブロウ「コサブロウ!」
ヤマト「宇宙を駆けるロケット団の2人には、」
コサブロウ「ショッキングピンク桃色の明日が待ってるぜ!」
ワルイージの言葉に反応して、ロケット団のヤマトとコサブロウは名乗りだした。この2人はマリー姫のポケモントレーナーとしての旅に何度も出て来ているロケット団員だった。

ワルイージ「へぇ~、ロケット団のヤマトとコサンジって言うのか~。」
コサブロウ「だからコサブロウだって!ちゃんと名乗っただろう!!」
ワルイージ「イ~ッヒッヒ!そ~れは失礼したな~。何せ2人揃ってあ~まりにチンケな連中なんで名前を覚えられなかったぜ~!」
ハブネーク♂「ハブブブッ!(そうですよね、ボス!アッハッハッハ~!)」
ワルイージはヤマトとコサブロウに対して高飛車な発言をし、それを聞いたハブネーク♂は大笑いしていた。
ヤマト「ムカッ!何てムカつく男ね!!」
コサブロウ「そのピッピはオレ達が頂いてやる!覚悟しろ!!」
ピッピ「相変わらずですね、ヤマトさん、コサブロウさん。」
ヤマト「へぇっ!?」
コサブロウ「人の言葉を話している上、オレの名前をしっかり覚えている・・・。という事は・・・。」
ヤマト・コサブロウ「生意気ジャリガールのピッピ~!!!!」
ワルイージ「生意気ジャリガール・・・??」
ハブネーク♂「ハネクッ・・・?(誰の事でしょう・・・?アニキはあいつらの事を知っているんですか!?)」
ピッピ「ま、まぁ、一応・・・。」
ヤマトとコサブロウは、ワルイージのピッピがマリー姫と一緒にいたピッピと同一である事にようやく気付いた。なお、2人はピッピを奪おうとして何回も返り討ちに遭っていた。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."どうも〜!"
こんばんは〜!
やはり、チューブクイーンのアザミが近々登場するようですね。
エメラルドやAGで登場したバトルフロンティアもかなり前の事ですね。Sさんの小説の前回の話でバトルチューブの話題が出るまで、私はバトルフロンティアの事をすっかり忘れていました。(笑)
エニシダさんの名前も懐かしく感じました〜!

ピッピは普段からインターネットを見てるんですね〜。
ピッピは、ロケット団のニャースのような、人間に近いスペックを持つポケモンなのだと改めて感じました。(笑)
こちらでも、ヤマトとコサンジ…もといコサブロウが登場しましたか!
次回はワルイージVSロケット団という、別作品の悪役キャラ対決になりそうですね〜。(笑)

そういえば、マリー姫編で度々登場していた謎の人物はまだ出てこないのですね〜。
私はてっきり、番外編で謎の人物がすぐに登場すると思っていました。(笑)
この事から推測するに、番外編は私が思っていたより長くなりそうな気がします!

ロケット団の口上シーンで、コサブロウの「ショッキングピンク桃色の〜」の台詞の所で、名前が「コザブロウ」になっていますので、修正お願いします〜!
2017.04.07 22:18 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうも〜!"
こんばんは~。

今回の番外編でワルイージと同じくハブネーク使いのアザミさんを登場させて頂きます。
エメラルドが発売されたのは確か私が高校生時代なので、もう10年以上は経っていますね(笑)
実際にエメラルドをプレイした事はないのですが、アニメのバトルフロンティア編は観ていたので、アニメの話を基に描いてみました。
バトルフロンティアを説明するのなら、エニシダさんの名前を出しておこうと思ったので、エニシダさんの名前を出しました。

ピッピは普段からインターネット・新聞・ニュース等をしっかり見て、色々な知識を身に着けているんですよ~。
確かにロケット団のニャースのように人間と同じ生活をしていますね(笑)
共通点が多いからこそ、ニャースとピッピは意気投合できるんじゃないかな?と思って、マリー姫の小説でお披露目した流れができました。
アザミさんとのバトル前にヤマトとコサンジ・・・、じゃなかったコサブロウと顔合わせしておこうかなと思いましたね。
悪役キャラ同士のバトルはワルイージの性格が出てくるので、マリー姫にはない悪役らしさが出ていますよ(笑)

謎の人物はマリー姫の小説が終わった後に掲載予定であるワルイージの小説で登場しますね~。
前にもお話させて頂いた通り、当初はマリー姫の小説で出そうとしたのですが、強敵はワルイージとピッピのコンビで戦わせた方が良い事にしました、
順番としては、今の番外編→マリー姫のポケモンリーグ挑戦編→ワルイージのアローラ地方編を予定しています。

誤字の指摘、ありがとうございます!
コサブロウの名前ミスは訂正させて頂きました。
最初に登場した時のものをコピーして使っていたのですが、どうやら当初から間違えていたようで、全部訂正しないといけませんでした(笑)
2017.04.07 23:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1886-311e4a89