自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート142

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


アップル姫「なるほど、へびにらみで相手の動きを封じた訳ね。」
紫カメック「ミーシャ殿のザングースは本能のままに動いていますが、ワルイージ殿のハブネークは冷静に対処しています。」
ピッピ「メイさんのザングースさんと戦った後、理性を維持するトレーニングを積んで、本能もある程度コントロールできるようになりましたよ。」
マリー姫「へぇ~、勉強になるね~。アオイちゃんも見習うといいかも!」
アオイ(色違いのハブネーク♀)「ハブッ!(はい、先輩の動きをしっかり学ばせて頂きます!)」
どうやらワルイージのハブネーク♂は本能がバトルの妨げにならないように、トレーニングを積んだ結果、冷静にバトルできるようになったようだ。
ワルイージ「ハブネーク、ポイズンテールで決めるんだ~!」
ハブネーク♂「ハブネ~ッ!!」ビュッ!
ハブネーク♂は素早く毒の尻尾でアヤメ(色違いのザングース♀)に攻撃を仕掛けた。
アヤメ(色違いのザングース♀)「ザグッ!!」バコーン!!
ミーシャ「アヤメちゃん!!」
アヤメ(色違いのザングース♀)「ザ、ザッ・・・。」
ハブネーク♂のポイズンテールが麻痺状態のアヤメに直撃した。攻撃を受けたアヤメ(色違いのザングース♀)は立ち上がるものの、フラフラしており、大きなダメージを受けていた。

ワルイージ「勝負あったな~。その状態ではオレ様のハブネークに勝てる見込みはな~い!」
ミーシャ「た、確かに・・・。(あのハブネークはよく育てられている・・・。もしかするとあのピッピちゃんに近い実力を持っている気がします・・・。)」
ハブネーク♂「ハブブブッ!」
アップル姫「ピーちゃん、通訳お願い!」
ピッピ「本能のまま戦って倒される程、オレは甘くないぜ!って言っています。」
アヤメ(色違いのザングース♀)「ググッ・・・。」
ハブネーク♂「ブァブブッ!」
ピッピ「前に戦ったお前の仲間の方がもっと強かった!って言っていますね。」
マリー姫「メイさんのザングースちゃんの事ね。普段バトルばかりで仲が悪いのに、あんな事を言えるんだ・・・。」
ピッピ「確かに宿命のライバルなのですが、メイさんのザングースさんの実力自体は認めているみたいですよ。」
アオイ(色違いのハブネーク♀)「ハブッ・・・。(先輩が実力を認めているという事は、そのザングースはかなり強いんですね・・・。)」
ワルイージのハブネーク♂はメイのザングース♀にライバル意識を抱いているものの、実力自体は認めているらしい。
ミーシャ「アヤメちゃん、戻ってきて下さい。」
アヤメ(色違いのザングース♀)「ザグッ・・・?」
ミーシャ「ハブネークに勝てないのは悔しいと思いますけど、私達はまだまだ修行が必要みたいです。それにアヤメちゃんにこれ以上大きな怪我を負われると非常に困ります。」
アヤメ(色違いのザングース♀)「ザッ・・・。」
ミーシャ「わかってくれて嬉しいです!ボールの中でゆっくり休んで下さいね。」ビビッ
ミーシャは労いの言葉をかけながら、アヤメ(色違いのザングース♀)をモンスターボールへ戻した。

ワルイージ「ハブネーク、ザングースはもういなくなったぞ~。お前も戻れ!」ビビッ
ハブネーク♂「ハブッ!」
マリー姫「アオイちゃんも戻ってね。」ビビッ
アオイ(色違いのハブネーク♀)「ハァッ!」
ワルイージとマリー姫も自分のハブネークをボールへ戻した。
アップル姫「いや~、話に聞いていたとはいえ、まさか色違いのハブネークと色違いのザングースが同時に見られるとは思わなかった・・・。」
紫カメック「色違いのポケモンを持っている方は少なからずいらっしゃるようですね。」
ピッピ「ボクもマリーさんと旅に出る前は見た事がなかったんですけどね・・・。」
アップル姫は色違いのザングースと色違いのハブネークが一気に登場した事に驚いていた。
マリー姫「あっ!?騒動で色々大変だったから、今からポケモンリーグに申し込まないといけないのを忘れていた!」
アップル姫「マリー、今度のポケモンリーグが開催されるのは1か月後なのよ。だから焦らなくても、今から行っても十分に間に合うわ。」
マリー姫「そ、そうなんですか!?」
ミーシャ「マリーちゃんは知らなかったんですか・・・。」
紫カメック「それにいざとなったら、私のテレポートで会場までワープできますよ。」
実はマリー姫が参加するポケモンリーグは開催まであと1ヶ月程時間があった。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."どうも〜!"
こんばんは〜!
ワルイージのハブネークとアヤメの対決は、アヤメの完敗で終わりましたか!
この負け方はアヤメにとっては悔しいでしょうが、これから修行してアヤメもミーシャもさらに強くなって欲しいですね〜!
ポケモンリーグでは、アヤメとアオイの色違い対決も見られそうで楽しみです。(笑)
リーグ開催まで、まだ1ヶ月もあったんですか〜!
サトシの場合はいつもリーグ直前に開催場所に着く事が多いので、開催までまだ余裕があるとは意外でした。(笑)

私のポケモン小説の方でも、あともう少しで大会編に突入するのですが、Sさんのポケモンリーグの方ももうすぐのようなので、大会ネタとその更新時期が被りそうな事に最近気付きました。(笑)
2017.03.10 19:05 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうも〜!"
こんばんは~。
今回のアヤメの勝敗は「ライバルの前で感情的になるのでは到底勝てない」という事を表現させて頂きました。
敗北は人を大きく向上させるきっかけになるので、ミーシャもアヤメもまだまだ強くなりますよ。
いずれはアオイとアヤメの色違いライバル対決をお披露目致しますね(笑)
1ヶ月の猶予を与えたのは、大会が始まる前にワルイージの番外編を書きたかった為です(爆笑)

ポケモンリーグ編はまだ作成中であり、ミーシャ戦が終わりましたらワルイージの番外編をアップしますので、akさんと被らないと思いますよ(笑)
2017.03.11 21:46 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1859-1705ad0d