自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート141

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


ピッピ「マリーさん、もう許してあげてもいいじゃないですか・・・?」
マリー姫「何で!?」
ピッピ「い、いや、この件はミーシャさんに非がありますけど、ミーシャさんと出会ったからマリーさんももっと強くなろうと思えた訳ですし・・・。」
マリー姫「まぁそうだけど・・・。」
ピッピに本心を突かれたマリー姫は少し落ち着き始めた。
ワルイージ「や~れやれ~、とんだお騒がせなファンみたいですね~。」
アップル姫「悪い子という訳ではなさそうだけどね・・・。」
紫カメック「な、何か自分の考えに囚われた大変な方ですね・・・。」
マリー姫「しょうがないね・・・。アップルお姉ちゃんやピーくんに免じて許す事にするよ・・・。」
姉のアップル姫やピッピの説得により、マリー姫はミーシャを許す事にした。
ミーシャ「マリーちゃん、ありがとう!!」ガバッ!
マリー姫「ちょ、ちょっと!?マリーにはピーくんがいるんだから!!」
ミーシャはマリー姫に抱き着くものの、マリー姫は少々嫌そうな表情をしていた。すると・・・、
アオイ(色違いのハブネーク♀)「ハァ~ッ!!」パカーン!
マリー姫「えっ!?アオイちゃん・・・??」
マリー姫のポケットに入れているモンスターボールからアオイ(色違いのハブネーク♀)が出て来た。
ミーシャ「色違いのハブネーク!?マリーちゃんは色違いのハブネークを持っていたの?」
マリー姫「ミーシャちゃんと別れた後に出会ったんだよ。でもどうして・・・??」
ハブネーク♂「ハァ~ッ!!」パカーン!
ワルイージ「うわっ!?お前もか~!!」
アップル姫「この流れは前にもあったような・・・。」
ピッピ「はっ!?まさかハブネークさんもアオイさんも・・・。」
今度はワルイージのハブネーク♂が勝手にモンスターボールから出て来た。一方ピッピはハブネーク♂とアオイ(色違いのハブネーク♀)が出て来た理由に気付いたようだ。

アヤメ(色違いのザングース♀)「ザングッ!!」パカーン!
ミーシャ「うわぁ!?アヤメちゃん・・・。」
ミーシャのモンスターボールからアヤメ(色違いのザングース♀)が出て来た。
ワルイージ「い、色違いのザングースだと~!?」
アップル姫「こ、これはもしかして・・・。」
ハブネーク♂「ハネ~ッ!!(やはりザングースだったか!)」
アオイ(色違いのハブネーク♀)「ハブネ~ッ!!(ザングース、覚悟しなさい!!)」
アヤメ(色違いのザングース♀)「グゥザッ!!(それはこっちの台詞よ、ハブネーク!!)」
ハブネーク♂とアオイ(色違いのハブネーク♀)はアヤメ(色違いのザングース)と激しい言い合いをしていた。ハブネークとザングースは宿命のライバルであり、お互いの存在を本能で察知し、出会ったらどちらが戦闘不能になるまで戦う習性があるらしい。
ハブネーク♂「ハブブッ!?」
ワルイージ「ピッピ、ハブネークは何て反応しているんだ~?」
ピッピ「てっきりメイさんのザングースさんかと思ったみたいです。」
ワルイージ「あぁ~、お前はメイのザングースとよくバトルしているからな~。」
ワルイージのハブネーク♂はメイのザングース♀とライバル関係であり、以前にバトルした事があった。

マリー姫「止めてよ、アオイちゃん!ザングースへのライバル意識はわかるけど、今は我慢して!」
アオイ(色違いのハブネーク♀)「ハブッ・・・。(し、しかしマスター・・・。)」
マリー姫「これからポケモンリーグが控えているのに、怪我でもされたらマリーが困るの!!」
アオイ(色違いのハブネーク♀)「ハネッ・・・。(は、はい・・・。ではここは我慢します・・・。)」
ミーシャ「アヤメちゃんも止めなさい!マリーちゃんのハブネークと勝負したいのなら、ポケモンリーグで決着をつければいいでしょう!!」
アヤメ(色違いのザングース♀)「ザググッ!!(あたしは今こいつを叩きのめさないと気が収まりません!!)」
ひかえめな性格をしているアオイ(色違いのハブネーク♀)はマリー姫の説得に応じたものの、アヤメ(色違いのザングース♀)はハブネークへのライバル意識を抑えられないようだ。
ハブネーク♂「ハネクッ!」
ワルイージ「ハブネーク、どうした~?」
ピッピ「そんなに戦いたいなら、オレが相手をしてやるって言っています。」
ワルイージのハブネーク♂はアヤメ(色違いのザングース♀)とバトルしても良いと発言した。
ミーシャ「えっ!?で、でも・・・。」
アヤメ(色違いのザングース♀)「ザグ~ッ!!(よし、覚悟しな!!)」バッ
ミーシャ「ア、アヤメちゃん、待ちなさい!」
アヤメ(色違いのザングース♀)は本能のまま、ワルイージのハブネーク♂へ向かっていった。
ワルイージ「ハブネーク、へびにらみ!」
ハブネーク♂「ハネッ!」ギラッ!!
アヤメ(色違いのザングース♀)「ザ、ザングッ・・・。」
ミーシャ「麻痺状態になってしまった・・・。(これではどくどくだまも発動できないですね・・・。)」
ハブネーク♂のへびにらみでアヤメ(色違いのザングース♀)は麻痺状態になった。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."因縁の対決…。(笑)"
こんばんは〜!
マリー姫とミーシャの蟠りも解消されて何よりです!
そして、今度はハブネークとザングースの争いとなってしまいましたか!
ひかえめなアオイはマリー姫の説得で引き下がってくれたものの、アヤメとワルイージのハブネークは引き下がってくれなかったようですね…。
トレーナー同士は不本意ながらもバトルになってしまいましたが、このバトルがどうなるのか、次回も気になります!

ARCーVの放送も今月末で終わってしまいますね。
ARCーVが始まったのも、ついこの間の事のように感じるのですが、3年経つのは早いですね〜!(笑)
ズァークの分身達はこのまま遊矢に統合されたままになるのか、最終的に再び4人に分かれる事になるのか気になります。
柚子シリーズがどうなるのかも気になりますね〜!
ちなみに、私の小説はARCーVと設定がリンクしているので、ARCーVの最終回の結末次第で、小説の今後の展開も決めるつもりです!(笑)
2017.03.07 19:07 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 因縁の対決…。(笑)"
こんばんは~。
ポケモンリーグ前なのに結構忙しい展開になってしまいました(笑)
アオイとアヤメはワルイージのハブネーク♂やメイのザングース♀との差別化を図る為に、今回のような描写にしてみました。
バトルの結果はおそらく予想が出来ると思いますよ~。

今月でARC-Vが終わりますね!
色々説明不足な部分もありますが、あっという間に3年が経ちましたか~。
遊矢・ユート・ユーゴ・ユーリはそのまま遊矢の中で生きるのか、それとも再び4人に分裂するのか、また柚子シリーズがどうなるのか気になりますね。
ではakさんの小説の展開も含めて、最終回は見逃せないですね(笑)
2017.03.07 22:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1858-aabd8b0a