自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート138

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回でジム戦が終わりになります。


ヤマト「もぉ~!何で装置を停止させたのよ、コサンジ!」
コサブロウ「だからコサブロウだって!装置を解除しないとあいつらの喧嘩は止められないだろう!!」
ヤマト「確かにそうだけど、じゃあどうやってあのピッピを倒すのよ!?」
コサブロウ「そんなの知るか!まずはグラエナ達を元に戻して、形勢を立て直さないと駄目だろ!!」
ヤマトとコサブロウはナンバ・ナンバー5・スーパーの停止の件で口論となっていた。
マリー姫「今度はトレーナーまで仲間割れし始めたね・・・。ピーくん、今のうちにムーンフォースで決めちゃって!」
ピッピ「わ、わかりました・・・。」キュイーン!!
ピッピの身体が光り輝き始めた。
ヤマト「し、しまった!?」
コサブロウ「まずい!?あれはムーンフォースだ!」
マリー姫「ピーくん、やっちゃって!」
ピッピ「それではいきますよ!」ビュッ!!
ピッピは月の光を集めた生み出した光の球を放った。ドカーン!!
ヤマト「だぁ~!!またまたピッピに負けるなんて~!!!」
コサブロウ「もうあのピッピを相手にするのはコリゴリだ・・・。」
ヤマト・コサブロウ「やな気持ち~!!!」ヒュ~ッ!!
ヤミラミ「ヤミ~ッ・・・。」
グラエナ「アォ~ン・・・。」
ピッピのムーンフォースを受けたヤマト達は吹っ飛んでいった。

マリー姫「ピーくん、お疲れ様!」
ピッピ「とりあえず2人は追い払いましたよ。」
ニャース♀「ニャニャニャッ!(凄く勉強になりました!)」
ピッピ「喜ぶ前に一刻も早く本物のジムリーダーを助け出さないといけませんよ。」
マリー姫「あっ!?そうだったね・・・。確かロッカーに閉じ込められているって言っていたよ!!」
ニャース♀「ニャニャッ!(じゃあロッカーがある部屋を全部探した方がいいですね!)」
マリー姫達はヤマトとコサブロウによってロッカーに幽閉された本物のジムリーダーを探す事にした。
マイキー「いや~、助かったよ!ジム戦の下準備をしていたら、急に変な2人組が現れて、ロッカーの中に閉じ込められてさ・・・。」
マリー姫「その2人はロケット団のヤマトとコサンジって言って、人のポケモンを狙う卑怯な連中ですよ!」
ピッピ「(マリーさん、またコサブロウさんの名前を間違えていますね・・・。)」
マイキー「へぇ~、ヤマトとコサンジか~。あとでジュンサーさんに通報しておくよ!」
マリー姫は相変わらずコサブロウの名前を間違えていて、ジムリーダーのマイキーも間違って覚えていた。

マリー姫「でもマリーのポケモン達はお疲れ状態ですから、今日は正式なジム戦を行えないです・・・。」
マイキー「それなら大丈夫。君はロケット団を倒して僕を救ってくれた恩人だから、お礼にこのグリーンバッジをあげるよ!」バッ
マイキーはマリー姫に助けてくれたお礼としてグリーンバッジを渡した。
マリー姫「えっ!?いいんですか・・・??」
マイキー「普段はこういう事をしていないけど、今回は特別にいいよ!グリーンバッジを受け取って下さい。」
マリー姫「ありがとうございます!グリーンバッジ、ゲットだよ!!」
ピッピ「(これでマリーさんもバッジ8個になりましたか。という事は今後ポケモンリーグに備えた準備をする必要がありますね。)」
マリー姫のバッジが8個揃った事で、とうとうポケモンリーグへの挑戦権を手に入れた。一方その頃・・・、
???「よし、あのポケモンの細胞を入手できたぞ!」
グレンタウンのポケモン屋敷に潜入していた者が自身の研究所で目的の物を入手したようだ。
???「わざわざハナダ洞窟に特殊ロボットを送り込んだ甲斐があったというものだ!これで私の計画は最終段階へと突入できるぞ。ハ~ッハッハ~!!!」
その者はハナダ洞窟へあるポケモンの細胞を入手する為、特殊なロボットを送り込んでいたようで、その作戦は無事成功したらしい。その者の作戦が明らかになるのは、これからもっと先の話となる。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."ついにバッジが揃いましたか!"
こんばんは。
トキワジム戦も終わり、マリー姫は8つ目のジムバッジをゲットしましたね〜!
ヤマトとコサブロウは敗北し、アニメでムサシ達がトキワジムでサトシと戦った時と似たような結末となったようですね〜!
これで、マリー姫はポケモンリーグに出場する資格を得た訳ですが、リーグには強豪トレーナーが沢山出場すると思うので、マリー姫の戦いはまだまだこれからですね〜。

謎の人物も久々に登場しましたが、その続きが公開されるのはまだまだ先のようですね〜。そちらの小説の方も楽しみにしていますね〜!

私の遊戯王小説の方は、明日には設定記事をアップします。
Sさんの嫁のあのモンスターを使用するキャラが誰なのかもご紹介していますよ〜。(笑)
そして、明後日からいよいよ第3章の本編も始まりますので、楽しみにして下さい♪

2017.02.24 22:04 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: ついにバッジが揃いましたか!"
こんばんは~。
ヤマトとコサブロウを登場させると決めた時から、結末はサトシのトキワジム戦と似た感じにするつもりでした。
これでマリー姫のジム戦は終わりになり、今後はポケモンリーグ編に入っていく事になります!

謎の人物はワルイージと直接対決する事になりますが、それはかなり先になりますね~。
少しずつ制作に取り掛かっていこうと思います!

了解です、では私の嫁を使うキャラがどんな性格等をしているか楽しみにしています(笑)
2017.02.24 23:50 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1843-8179d2c6