自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート136

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


マリー姫「ピーくん、ダメージを受けているけど、本当に大丈夫!?」
ピッピ「えぇ、でもここは一度回復させて頂きましょう。」キュイイイッ!!
ピッピはつきのひかりでHPを回復させた。
ヤマト「回復技を持っていたのね。だけどいつまで持つのかしら?」
コサブロウ「よし、さらに怒りのレベルを上げてやる!」カチャカチャッ
ヤミラミ「ヤミィ~ッ!!」キュイ~ッ!!
グラエナ「ウゥ~ッ!!」キュイ~ッ!!
コサブロウがコントローラーを操作したところ、ヤミラミとグラエナはさらに険しい表情へ変貌を遂げていた。
ピッピ「(やはり怒りのレベルを上げましたか。これもボクの予想通りです!)」
マリー姫「相手はかなりパワーアップしているのに、それでもピーくんは余裕があるみたいだね・・・。」
ニャース♀「ニャ~ッ・・・??(ピッピさんは小さな身体なのに、一体何処に大きな力を宿しているんだろう・・・??)」
マリー姫とニャース♀は冷静な態度を崩さないピッピを不思議な表情で見ていた。一方ピッピはヤマトとコサブロウが怒りのレベルを上げる事を読んでいたようだ。

ヤマト「これで一気に勝負を決めるわよ、コサブロウ!」
コサブロウ「わかったぜ!(今回は名前を間違えていなかったな。)」
ピッピ「(やはり勝負を決めようとしていますね。)」
ヤマト「ヤミラミ、ピッピの前へ行きなさい!」
コサブロウ「グラエナは後ろの方へ回り込め!」
ヤミラミ「ヤミミッ!!」ダダッ
グラエナ「アオッ!!」ダダッ
ヤミラミとグラエナはピッピの前後へ素早く移動し始めた。
マリー姫「ピーくんの逃げ道をなくそうという作戦ね・・・。ピーくん、大丈夫なの!?」
ピッピ「今のところは大丈夫ですよ。(この方が好都合ですが、タイミングを間違えるとボクが倒される危険性があります・・・。)」
前後の逃げ道を塞がれたものの、ピッピはこの状況で何かを狙っているようだ。
ヤマト「これで逃げ道はないわ!ヤミラミ、怒りのきあいパンチよ!!」
コサブロウ「グラエナは怒りのアイアンテールだ!!」
ヤミラミ「ヤミミッ!!」ゴゴゴゴッ!!!!
グラエナ「ワオッ!!」ガチーン!!
ヤミラミとグラエナは同じタイミングで動きだし、ピッピに対して大技を仕掛けた。
マリー姫「ピーくん、避けて!!」
ピッピ「(まだこのタイミングでは早すぎます・・・。もう少しギリギリまで・・・。)」
マリー姫は指示を出すものの、ピッピは何かのタイミングを計っているようで、ただ黙って立っているだけだった。

マリー姫「ピーくん、何で逃げないの!?」
ニャース♀「ニャニャッ!!(その攻撃を受けたら、ピッピさんでも危ないですよ!!)」
ヤマト「オッ~ホッホ~、流石のピッピも観念して攻撃を受けるつもりね!」
コサブロウ「これでオレ達の出世は間違いなしだぜ!」
ヤミラミ「ヤミ~ッ!!」ゴゴゴゴッ!!!!
グラエナ「ウゥ~ッ!!」ゴゴゴゴッ!!!!
ピッピ「・・・。」
ヤミラミ「ヤァ~ッ!!」ビュッ
グラエナ「ワォ~ッ!!」ビュッ
ピッピ「・・・、今です!」バッ!
ピッピはヤミラミとグラエナが攻撃を放つギリギリのタイミングでジャンプした。
ヤマト「えっ!?」
コサブロウ「何!?」
ヤミラミ「ヤミ~ッ!!!」バゴーン!!!!!
グラエナ「アオ~ッ!!!」バコーン!!!!!
攻撃を放つギリギリのタイミングでピッピに逃げられた為、ヤミラミとグラエナはそのまま味方を攻撃してしまった。
ヤミラミ「ヤ、ヤミッ・・・。」バタッ!
グラエナ「グ、グラッ・・・。」バタッ!
ヤマト「ヤミラミ!?」
コサブロウ「グラエナ、大丈夫か!?」
ピッピ「ふぅ~、何とかタイミングを間違えずに避けられました・・・。」
マリー姫「ピーくん、何であんなギリギリのタイミングで避けたの!マリーがハラハラしたんだから!!」
ピッピ「す、すみません・・・。あまり早く避けると相手にも対処される可能性があったもので・・・。(ヤマトさん達のポケモンより怒った時のマリーさんの方が怖いです・・・。)」
ピッピにとって怖いものは、ヤマトとコサブロウのポケモンではなく、怒った状態の恋人マリー姫のようだ。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."どうもです!"
こんばんは!
前回は敵の攻撃を受けてしまったピッピですが、やはり余裕があったようですね〜!
ヤマト達はピッピをはさみ撃ちにして勝負を決めようとしていたようですが、ピッピは見事な策で敵の攻撃を利用してダメージを与えましたか!
相手の攻撃をギリギリまで引き付けて躱す戦法はアニメでサトシもやっていましたね〜。(笑)
ピッピにとってヤマトやコサブロウのポケモンより、怒ったマリー姫の方が迫力があって怖いようですね〜。
もしかしたら、怒ったマリー姫は伝説のポケモンより恐ろしいかもですね〜。(爆笑)

サンムーンのメガストーンは大会限定配布では無く、数ヶ月後には全ての未解禁メガストーンが普通に配布されて誰でも簡単に入手できるようで、一安心しました。(^_^)
2017.02.17 21:33 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうもです!"
こんばんは~。
ピッピはレベルが相当高いので、多少ダメージを受けてもまだまだ余裕でした。
確かにサトシも同じような方法で攻撃を回避していた事がありましたね(笑)
リナ王妃同様、気の強いマリー姫が怒るとピッピも怖いと感じてしまうようです。
ムサシと意気投合するマリー姫なので、仰る通り激怒したら伝説のポケモンより恐ろしい上、伝説のポケモンを倒してしまうかもしれませんね(爆笑)
ピッピがどうしてこの作戦をとったのか、怒りのパワーアップの弱点は次回明らかになります!

メガストーンが通常配布されるのでしたら安心です!
という事は大会での配布は早めにメガシンカを使いたい人用ってことかもしれませんね~。
2017.02.18 01:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1841-9a431172