自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート126

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


マリー姫「んっ!?どうしたんだろう・・・??」
ピッピ「あっ!アローラニャースの額にある小判に傷が入っていますね。」
どうやらニャース♀のみだれひっかきでアローラニャースの顔だけでなく、額にある小判にも引っ掻き傷が出来たようだ。
タクマ「何~っ!?アローラニャースはプライドと小判に傷をつけられる事をスゲェ嫌がっているんだぞ!!」
アローラニャース「ニャ、ニャ、ニャーーーーーッ!!!」
額の小判を傷つけられたアローラニャースはヒステリーを起こし始めた。
マリー姫「ふ~ん・・・。プライドが高いだけでなく、小判への拘りもあったんだ~・・・。」
ピッピ「アローラニャースは狡賢い性格だけでなく、プライドの高さも特徴の1つですから・・・。」
ニャース♀「ニャ~ッ・・・。(アイツ、面倒くさい・・・。)」
タクマとアローラニャースが動揺している中、マリー姫とニャース♀は興味無さそうな表情で2人の様子を見ていた。
アローラニャース「ニャーッ!!」バッ
タクマ「まずいぞ!あいつ、オレの指示を待たずに動き始めた・・・。」
激怒したアローラニャースは、トレーナーであるタクマの指示を受けず、マリー姫のニャース♀へ攻撃を仕掛け始めた。

マリー姫「ニャースちゃん、あいつの攻撃が上がっているから、しっかり避けて!」
ニャース♀「ニャ~ッ!」バッ
タクマ「ニャース、相手の動きをしっかり見て攻撃しろ!」
アローラニャース「ニャニャッ!!」ビュビュッ!!
アローラニャースはどんどんヒートアップして、タクマの言う事を聞かずに攻撃していたが、ニャース♀は冷静な判断と素早い動きで次々と攻撃を避けていた。
ピッピ「アローラニャースは完全に冷静さを失っているみたいです。勝負は見えましたね。」
マリー姫「ニャースちゃん、きりさく攻撃!」
ニャース♀「ニャーッ!!」ズバァッ!!
アローラニャース「ニャッ!!」
ニャース♀のきりさく攻撃がアローラニャースに炸裂した。
マリー姫「ここでトドメのみだれひっかき!!」
ニャース♀「ニャニャニャッ!!!」バリバリバリッ!!!
タクマ「ニャース!?」
アローラニャース「ニャーーーーーッ!!!!!ニャッ・・・。」バタッ
ニャース♀の攻撃でアローラニャースの小判はさらに傷つき、あまりのショックにアローラニャースは気絶した。
マリー姫「マリー達の勝利だね!偉いね、ニャースちゃん♪」
ニャース♀「ニャ~スッ♪」
タクマ「クソー、妹にまで負けるなんて!!」ダダッ
タクマはアローラニャースをボールへ戻した後、その場から走り去っていった。ポケモンバトルはマリー姫の勝利に終わった。

マリー姫「ピーくん、ニャースちゃん、ご苦労様!」
ピッピ「この前ジム戦に参加できなかった分、身体を動かす事が出来ましたよ。」
ニャース♀「ニャ~ッ!(良い運動になりましたよ!)」
マリー姫「でもあのニャースは頭に血が上って、トレーナーの言う事を聞いていなかったみたいだね。」
ピッピ「それだけ小判に対するプライドが高かったんですよ。今回のバトルではそれが仇になってしまった訳です。」
マリー姫「この前のグレンジムでニャースちゃんも怒って凄いパワーでウインディを圧倒していたけど、それとは随分違う様子に見えたよ。」
ニャース♀「ニャニャッ!(あれはあたしのリボンを燃やした犬が悪いんです!)」
ピッピ「あの時は運が良かったと言いますか、下手をするとマリーさん達も先程と同じ状況になっていた危険性がありますよ・・・。」
マリー姫「えっ!?ど、どういう事・・・??」
ピッピ「バトル中に冷静さを失って熱くなると、勝てるはずのバトルも落としてしまう訳です。だからマリーさんもニャースさんもあの時のような状況を避けるようにして下さい。」
マリー姫「う、うん・・・、わかったよ・・・。」
ニャース♀「ニャッ・・・??(ピッピさん、どうしたんだろう・・・??)」
マリー姫とニャース♀はグレンジムでのバトルについてピッピから注意を受けていた。ただどうしてピッピがそういう事を言ったのかが理解できていなかった。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."ニャースの爪の威力は凄いですね〜。(笑)"
こんばんはです〜。
タクマとアローラニャースはナルシストだったんですね〜。(笑)
タクマのニャースは小判を傷付けられると冷静さを失う程の拘りがあるようで、今回のバトルはそれがタクマ達の敗因だったようですね。
小判を傷付ける程の威力を持つマリー姫のニャースの爪は恐ろしいですね〜。(笑)

本日は私も小説の続きをアップしましたが、今回登場した新キャラの中にSさんがリクエストして頂いたあのモンスターを使うキャラがいます。誰が使うのかは3章で明かしますので楽しみにお待ち下さい!(笑)
2017.01.13 18:53 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: ニャースの爪の威力は凄いですね〜。(笑)"
こんばんは~。
タクマは自惚れが強いナルシストにしたので、アローラニャースもそれに合わせる形にしました(笑)
公式サイトによれば、アローラニャースは小判を傷つけられるとヒステリーを起こすらしいので、仰る通りその拘りが最大の敗因でしたね~。
マリー姫のニャース♀も進化していないものの、バケッチャ達と同じくらい育ってきているようです(笑)

小説は休憩中に読んでいましたが、やはりあの中にネクロフィア使いがいるんですね~。
では楽しみにしていますよ(笑)
2017.01.14 00:37 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1806-3affde92