自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート123

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回はピッピのある一面を少し描いてみました。

マリー姫「あら、あっちにも防御されたよ。」
ピッピ「それくらいの対処はできるという訳ですね。では先にこのすなあらしを何とかしますか。」
マリー姫「えっ!?どうやって・・・??」
ピッピ「まぁ、見ていて下さい。」ピピッ
ピッピは近くの噴水に向けてサイコキネシスを放った。
タクマ「んっ!?何を・・・??」
ピッピ「よいしょっと。」ピピッ
ピッピはサイコキネシスで噴水の水を上空へ持ちあげ始めた。
マリー姫「ピーくん、一体何するの・・・??」
ピッピ「マリーさん、少しこの辺りから下がって頂けませんか?」
マリー姫「わ、わかったよ・・・。」ダダッ
マリー姫はバトルフィールドから少し下がった場所へ避難した。

タクマ「お前、噴水の水を使って何をしようってんだ!?」
ピッピ「今からお見せしますよ。正解はこうです!」バッ
ピッピが右腕を下へ降ろしたところ、サイコキネシスで上空に浮かべた噴水の水がバトルフィールドへ落ちてきた。ドバ~ッ!!
タクマ「な、何だと~!!!」ザバ~ッ!!
バンギラス「バンギッ!!」ザバ~ッ!!
ピッピ「おっと、ボクは防御してっと。」ピピッ!
タクマとバンギラスは噴水の水を浴びたものの、ピッピはサイコキネシスで水がかからないようにしていた。すると噴水の水により、バトルフィールドで吹き荒れていたすなあらしは消えていた。
タクマ「く、くそ~、よくもオレに大量の水を浴びせてくれたな!風邪引くだろう!!」
バンギラス「バンギラッ!バンギラッ!」
大量の水を浴びた為か、バンギラスはくしゃみをし始めた。
ピッピ「フフッ、ボクの前でマリーさんをナンパしようとしたお返しですよ。」
マリー姫「ピーくん、まさかそれが目的で噴水の水を使ったの・・・?」
ピッピ「違いますよ~。ボクはすなあらしを消す為に水を使っただけです。フフッ!」
マリー姫「そ、そうなんだ・・・。(普段心優しいピーくんも、敵にイジワルなところはワルイージさんに似ているような気がする・・・。)」
マリー姫は心優しいピッピもトレーナーであるワルイージに似ている部分があると感じたようだ。

タクマ「おのれ~、あんな方法ですなあらしを消し去るとは・・・。」
ピッピ「すなあらし状態だと岩タイプのバンギラスの特防が上がっている状態なので、消し去っておかないと厄介ですからね。」
タクマ「あのピッピはそこまで考えていたのか・・・。」
ピッピ「さて、次はこの技を使いますか。」ビッ!
ピッピはれいとうビームでバンギラスを攻撃した。ドカーン!!
タクマ「うおっ!バンギラス、こっちはギガインパクトで勝負を・・・。何~!!」
爆風が消えた後にタクマが見たものは、ピッピのれいとうビームで氷漬けになっているバンギラスだった。
ピッピ「さっきの水はすなあらしを消すだけでなく、れいとうビームの追加効果を出しやすく為ですよ。」
マリー姫「流石はピーくん、後でご褒美のキスが待っているよ~♪」
ピッピ「は、はい・・・。」ポッ
タクマ「何でオレは駄目で、あのピッピはOKなんだ~!!」
ピッピ「さて、そろそろ勝負を決めますか!」キュイーン!!
ピッピの身体が光り輝き始めた。
マリー姫「あれはムーンフォース!?」
タクマ「まずい!悪タイプのバンギラスにフェアリータイプのムーンフォースは効果が抜群だ・・・。バンギラス、いつまで凍っているつもりだ!!」
バンギラス「バ、バンギッ・・・。」カチーン!
タクマのバンギラスは氷状態になっており、身動きが取れない状態だった。
ピッピ「それでは行きますよ!」ビュッ!!
ピッピは氷漬けになっているバンギラスに向けてムーンフォースを放った。ドカーン!!!!!
バンギラス「バ、バッ・・・。」
ピッピのムーンフォースが決まり、バンギラスはダウンした。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
おはようございます。

ピッピの気に入らない相手限定でイジワルをする一面が出ていましたね。
ピッピがポケモンバトルをすると、大きなダメージが与えれる攻撃を覚えているだけではなく、噴水の水を使うことで2つの効果を得るような戦略も自分で考えることができて、敵にまわすと怖いくらい結構強いですね。
この後はトキワジムに挑戦するのでしょうか。トキワジムのリーダーはロケット団ボスのサカキかもしくは他のトレーナーになるのかが楽しみです。
2017.01.03 08:57 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。

以前説明記事に書いていたピッピの意外な一面を今回描かせて頂きました。
ピッピの強さ・恐ろしさはかなりんさんの仰る通りですよ~。
特攻の高さや強力な特殊技を覚えているだけでなく、自身で色々な戦術を考えて実行する頭脳的な一面にあります。
当初はトレーナー素人だったマリー姫も旅に出て、ピッピの恐ろしさに気付いたんですよ~。

トキワジムは誰が登場するのか、楽しみにしていて下さいね~♪
2017.01.03 22:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1800-21145ba9