自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

主役なのに悲惨な目に遭うヤムチャ(笑)

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

この前のドラゴンボール超の「シャンパからの挑戦状!!今度は野球で勝負だ!!」が非常に面白かったので、感想を書きたいと思います。

第6宇宙の破壊神シャンパは第7宇宙の食べ物が目当てで、兄弟の破壊神ビルスに野球の親善試合を持ちかけました。
当初のシャンパは野球に興味はなかったものの、ヴァドスが運動の後の食事は格別だと言われて、野球にも力を入れるようになっていました(笑)
こうして第7宇宙の地球で第7宇宙対第6宇宙の親善試合が始まりましたが、これは波乱な展開が待っている事になります。
第6宇宙側はヒットとフロストがいない為、人数合わせにベジータと悟天がシャンパ側のチームに入っていました。
一方第7宇宙は野球が得意なヤムチャがキャプテンを務めていて、妙に張り切っていました。

試合はスタートしましたが、序盤から波乱な展開が待っていました。
ピッチャーの悟空は超サイヤ人ブルーの状態で全力投球したところ、球場は目茶目茶になって、ボールは見る影もない程小さくなっていました(笑)
その時のバッターであるシャンパの表情が可愛かったです(爆笑)
キャッチャーの悟飯は吹っ飛ばされながら無事であり、シャンパも「お前もタフな奴だな」と感心していました。
退場処分を恐れたビルスは悟空にそっと投げろと言ったところ、ハエも止まる超スローボールを投げて、シャンパはイライラしながら打っていました(笑)
なお、その時に止まったハエはアラレちゃんに登場するブビビンマンで、パワーがあるシャンパが打った事で宇宙まで吹っ飛んでいました(爆笑)
次に悟空が投げた球をシャンパはホームラン性の当たりにして、やっと野球らしくなったかなと思いました。
しかし外野のトランクスが気でボール撃ち落とし、その上でキャッチしてアウトにしていました(笑)
当然シャンパは反則だと訴えるものの、ヴァドスには「ルールブックには気でボールを撃ち落としてはいけないと書かれていません。」と言われ、珍しくシャンパが正論を言っているのに認められませんでした(爆笑)
こんな事をするのは悟空達だけなので、ルールブックに書かれている訳はありません(笑)

ピッチャーが悟空からヤムチャへ交代し、狼牙風風拳と繰気弾を組み合わせた「狼牙風風投球拳」を駆使した変化球で三振の山を築きました。
どうやらプロ野球で助っ人選手のアルバイトしていた経験がここで活きた事になります。
しかし18号からは「あいつ、もう武道家じゃないな」と呆れられていました(笑)
ヤムチャの晴れ姿を見た元カノのブルマも見直したようで、ご機嫌な状態になっていました。
思えばヤムチャとブルマは付き合っていたのですが、未来のトランクスによるとヤムチャの浮気癖が原因で別れたみたいです。
しかしそういうブルマも昔は格好良い男にデレデレしていたので、どっちが浮気者なのかわからない部分があります(笑)
元カノのブルマに格好良い姿を見せられたヤムチャですが、ここから悲劇の展開が待っている事になります(爆笑)

次は第7宇宙チームの攻撃になり、先頭バッターはヤムチャになりました。
一方第6宇宙チームのピッチャーはベジータであり、ブルマの元彼(ヤムチャ)対ブルマの旦那(ベジータ)対決が実現しました。
ベジータは自信満々にボールを投げたところ、ヤムチャの脇腹にボールが直撃し、ヤムチャは悶絶していました(笑)
どうやらベジータは全員ぶっ倒せば勝ちだと勘違いしていて、ウィスに次やったら危険球で退場にすると言われて驚いていました。
なお、悟空はベジータの考えに感心していたものの、ウィスの発言から当てたら駄目なのかとベジータと同じリアクションをしていました(笑)
デッドボールで出塁するヤムチャですが、ここからさらに悲劇が続くことになります。

次は悟空対ベジータの対決であり、その時の台詞がスーパーファミコンソフト「超武闘伝3」の冒頭で同じだと感じました。
宿命のライバル対決の為、お互いに超サイヤ人ブルーになった上で本気の勝負を行っていました。
渾身の一球を押され始めたところで、ベジータがエネルギー弾を連射し始め、悟空にボールを打たせないようにしていました(笑)
これは本来打撃妨害になってしまうのですが、悟空達の野球は何でも有りという認識になってきたので、大したことじゃないと思いました(爆笑)
ヤムチャが盗塁しようとした事でベジータは攻撃を止め、悟空はボールを打ちましたが、サードライナーに終わりました。
1塁に戻るヤムチャは悪送球の間に再び2塁へ向かうものの、今度はベジータのエルボーとシャンパの膝蹴りのダブル攻撃で空高く飛ばされた上で落下し、地面にめり込んでしまいました(笑)
2人の走塁妨害によりヤムチャはセーフになりましたが、ヤムチャの身体はかなりダメージを受けているように感じました(爆笑)
ヤムチャを倒した後にベジータとシャンパはお互いに「よし!」と言っていたので、意外と2人の相性は良いかもしれません。

ピッコロからアドバイスを貰った悟飯が打席に入ったところ、ヤムチャは「あぁ、空が綺麗だな・・・。オレは生きて戻れるんだろうか・・・。」と黄昏ていました(笑)
なお、悟飯のバットの握りは高校時代と同じく間違ったものであり、父親の悟空も同じ握り方をしていたので、細かいネタが色々組み込まれている回になっています。
ピッコロのアドバイス通り、悟飯は空を飛べないマゲッタの方向へ打ったところ、ボタモとマゲッタがアクロバティックなコンビネーションプレイでボールをキャッチしていました!
これはマリオの野球ゲームで相性の良いキャラ同士で行える「なかよしジャンプ」を思い出すシーンだと思いました。
ヤムチャがタッチアップで3塁へ走り始めたので、キャベがランナーを刺してと言ったところ、ボタモからボールを奪ったシャンパがヤムチャの背中にボールを当てていました(笑)
どうやらシャンパは「ランナーを刺す」「ボールを突き刺す」という意味に勘違いしていて、ルール説明も含めてヴァドスに指摘されていました(爆笑)
シャンパがビルスの悪口を言ったところ、破壊神の兄弟喧嘩が始まり、球場はパニックとなりました。
喧嘩はウィスとヴァドスに止められたのですが、試合は第7宇宙のサヨナラ勝ちになったようです。
シャンパが理由を尋ねたところ、栽培マンの自爆により死亡した時の格好でホームベースに触れながら倒れているヤムチャの姿がありました(笑)
ビルスはヤムチャに「よくやったぞ!」と褒めているものの、クリリン・ピッコロ・悟飯からも見覚えがある格好の事で突っ込まれていました(爆笑)
栽培マンの時とは異なり、ヤムチャは生きているものの、「み、皆・・・、違う意味でサヨナラしちゃうかも・・・。」と言って気絶していました。
一方シャンパは第7宇宙の御馳走の事をすっかり忘れていたようで、「今度は絶対勝つぞ!」と意気込みながらキャベ達と素振りをしていました。
いつの間にかシャンパとキャベ・マゲッタ・ボタモは仲良くなっているように見えました(笑)
今回登場したヤムチャしやがってのポーズをしたヤムチャのフィギュアは、昨年プレミアムバンダイで登場していたようで、ヤムチャ役の古谷 徹さんも持っているようです(爆笑)

野球やドラゴンボール好きとして、今回のお話はお腹を抱えながら笑わせて頂き、非常に満足しています(爆笑)

スポンサーサイト

Comment

ケンザウルス says..."こんばんは。"
だんだんとシャンパ様のネタ要素が増えてきているように感じます(笑

過去のドラゴンボールファミリーが活躍することは、今の超では希であり、ヤムチャの最初で最後の超での活躍回だと思いました(笑

転じて、今週の回は悟空VSヒットの戦いが描かれ、そのギャップにも驚きですね(笑

来年の放送では、悟飯が主役みたいですが、またお笑い回でしょうね(爆
2016.12.25 22:33 | URL | #AUFfpFpw [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: こんばんは。"
こんばんは~。
破壊神といえども、シャンパも段々ギャグに染まっているように思えますね(笑)

確かにヤムチャ等は出番が非常に少ないので、これが最初で最後の超での活躍かもしれませんね~。
しかしベジータやシャンパによって悲惨な目に遭わされて、悟空やベジータ等とは違う意味での活躍でした(笑)

悟空対ヒットの本気対決が実現され、それぞれかなりの実力を誇っていましたね。
ヒットも悟空との戦いを楽しんでいる様子でしたので、良いライバルになった気がします。
一方「お婆ちゃん秘伝のタレをかけたステーキ」という口から出まかせを言ったベジータはどうなったのやら・・・(笑)

次回グレートサイヤマンが実写化されるようですが、悟飯本人にやらせる時点でギャグな流れは回避できなさそうですね(笑)
2016.12.25 22:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1785-50cea19b