自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート120

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回でジム戦は終わりとなります。


カツラ「ブーバー、大丈夫か!?」
ブーバー「ブゥ~バッ・・・。」クルクルッ
マリー姫「あれっ!?ブーバーの様子がおかしい・・・。」
ピッピ「どうやらみずのはどうの追加効果で混乱状態になったようですね。」
マリー姫「そうなんだ~♪という事はチャンスって事だね!!」
マリー姫はブーバーが混乱状態になっている今がチャンスである事に気付いた。
カツラ「まずい・・・。ブーバー、スモッグだ!!」
ブーバー「ブ、ブゥ~ッ・・・。」シュ~ッ
ブーバーは混乱状態になりながらも、スモッグを吐き出して、辺りの視界を悪くし始めた。
マリー姫「スモッグで視界を悪くして、その間に形勢を立て直す作戦ね。アオイちゃんとのトレーニングで対処方法も学習しているよ!ミロカロスちゃん、回転しながらめざめるパワー!!」
ミロカロス「ミィ~ッ!!」ビュビュビュビュッ!!
ミロカロスは回転しながら、めざめるパワーを全方向へ放った。すると・・・、
ブーバー「ブバッ・・・。」バシュッ!!
カツラ「何っ!?」
めざめるパワーがスモッグに隠れているブーバーにヒットしたようだ。

マリー姫「よし、ブーバーの居場所がわかったよ。ミロカロスちゃん、みずのはどう!!」
ミロカロス「ミィ~カッ!!」ビュッ!!
ブーバー「ブゥ~ッ!!!!」バシュッ!!
マリー姫はブーバーの居場所を特定し、ミロカロスにみずのはどうを指示した。みずのはどうはブーバーに直撃した。
カツラ「ブーバー!?」
ブーバー「ブ、ブッ・・・。」バタッ
効果抜群の水タイプ技を受けたブーバーはダウンした。
マリー姫「やった~、マリー勝ったよ!!」
ミロカロス「ミィ~ッ♪」
ピッピ「(マリーさん、随分成長しましたね。ボクが何もアドバイスをしなくても、しっかりジム戦をこなせるようになっています。これはいずれボク無しでもどんなバトルできる日が近い気がします。)」
カツラ「良い勝負だったぞ!まさかスモッグによる攪乱作戦もあっさり破るとは思わなかった。約束通り、クリムゾンバッジをお前さんに渡そう!」
カツラは自分に勝利した証であるクリムゾンバッジをマリー姫に渡した。
マリー姫「ありがとうございます!クリムゾンバッジ、ゲット!!」
ピッピ「おめでとうございます、マリーさん。」

カツラ「バトルで疲れただろう?グレンタウンは温泉でも有名だから、温泉に入って身体を休めると良いぞ!」
マリー姫「わかりました。ピーくん、マリーと温泉に入ろう~♪」
ピッピ「えっ!?ボ、ボクは♂なので遠慮しておきます・・・。」
マリー姫「ピーくんは泳げないから、マリーが一緒に入ってあげる♪それにいつもマリーとお風呂に入っているでしょ!」ダダッ!!
ピッピ「ちょ、ちょっと・・・。(マリーさんとの入浴もドキドキするのに、他の女性までいる状態では・・・。)」
マリー姫はピッピを連れて、温泉へ向かった。
???「よし、目的のデータは手に入った!これで私の計画を実現できるようになる。では研究所に戻って、第二段階に入る事にしよう。」
ポケモン屋敷に潜入していた謎の人物も目的のデータを手に入れたようで、マリー姫とピッピに気付かれないようにグレンタウンを後にした。
マリー姫「ピーくん、温泉は気持ち良いね~♪」
ピッピ「そ、そうですね・・・。」
マリー姫「念の為に言っておくけど、入浴中にマリー以外の女性の事を見たら怒るからね!」
ピッピ「は、はい!」
結局ピッピはマリー姫に押されて一緒に温泉に入った様だが、マリー姫の重圧を気にしながらである為、全然温泉を満喫できなかった。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."大胆ですね〜!(笑)"
どうもです〜。
今年もあと少しで終わりですね。
今年は芸能界で有名人のスキャンダルが多かったように感じます。(^_^;)

今回でグレンジム戦も決着しましたか!
みずのはどうの追加効果か発生し、それが逆転の糸口になったようで、運も実力のうちといった感じですね〜!(笑)
スモッグの対処法もトレーニングで学んでいたようで、マリー姫は着実に成長していますね!
残りは1つのジム戦となりますが、トキワジムは赤緑、金銀、アニメ等でジムリーダーが異なっているので誰が登場するのか気になります!
そして温泉でピッピとマリー姫がまさかの混浴ですか!
やはりマリー姫は押しが強いようで、ピッピはすっかり尻に敷かれていますね!(笑)

私の遊戯王小説について、来春頃から3章に入るとお伝えしましたが、ネクロフィアの登場をあんまり長くお待たせするのも悪いと思いますので、今後は遊戯王小説の更新頻度を多くしてなるべく早く3章に入りたいと思います!
私としても、3章からの他の新キャラ達を早くお披露目したいと思っています。(笑)
2016.12.23 17:06 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 大胆ですね〜!(笑)"
こんばんは~。
あと1週間程度で終わってしまいますね!
確かに今年の芸能界はベッキーさんやSMAP等の事で騒がれた1年だったと思います(^^;)

みずのはどうが逆転の鍵を握るようにしたかったので、こういう展開になりましたね~。
スモッグ等煙幕への対処方法はピッピから提案を受けて、フラワー城でのトレーニングで身に付けました。
マリー姫もトレーナーとしては着実に成長していますね~。
トキワジムの話は既に完成していますので、どういう展開になるのか楽しみにしていて下さい♪
実はマリー姫とピッピは普段から一緒にお風呂に入っている設定なので、今回その設定を出してみました(笑)
強引なマリー姫に戸惑うピッピが小説の定番になっていますね(爆笑)

了解しました。
ネクロフィア使いや新キャラがどんな性格かを見させて頂きますよ~。
2016.12.23 21:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1776-dc0e63c3