自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ワルイージのピッピ♂の設定

Posted by 自称悪魔族使いのS on   4 comments   0 trackback

今回は小説に登場するワルイージのピッピ♂の設定を紹介したいと思います。

【誕生までの経緯や幼少時代】
ワルイージのピッピ♂はワルイージが10歳の時にタマゴから生まれました。
元々はメイのポケモンになる予定だったものの、メイがいない間にワルイージがタマゴを預かっていたところ、ピッピ(当時はピィ)が誕生した設定です。
ピッピはそのままワルイージのポケモンになり、母親はメイのピクシー♀(当時はピッピ)、父親はトゲチック♂という家族構成になっています。
母親のピクシーはちょくちょく登場していますが、全く登場していない父親がどのようになっているかは、いずれ小説でお披露目したいと思います。
ワルイージのピッピ♂の個人名は「ピシール」であり、母親のピクシーが名づけました。
生まれた当時ピィだったピッピは人見知りが激しく、母親のピクシーかワルイージにしか懐かず、メイに懐くまではかなり時間がかかったみたいです。
ピィ時代から頭が良かったようで、当時小学生だったワルイージの宿題をあっさり解いてしまった事もありました。
人の言葉を話せる母親ピクシーからの遺伝もあり、ピッピは子供の頃から人の言葉を話せるようになり、当時はピッピの潜在能力は本人も含めて誰も知りませんでした。

【ピッピに進化した後】
メイとピクシーが引っ越した頃にピッピに進化し、その頃にワルイージが野生ポケモンをあっさり倒したピッピの潜在能力に気付きました。
昔はピクシーがピッピのバトルを全て代わりに行っていた為、バトル経験は皆無だったものの、ワルイージやピクシーがいないところでは野生ポケモンを倒した事も多少あったようです。
ピッピが母親ピクシーのバトルスキルを受け継いでいる事に気付いたワルイージによって、ピッピは本格的にトレーニングを始める事になります。
ワルイージの予想通り、ピッピは母親ピクシーに匹敵する強さを身につけ、現在に至ります。
現在でもトレーニングを積んでいるようで、小説で一緒に旅に出ている恋人のマリー姫も知らない強さを隠していますが、その強さについては小説の終盤でお披露目する予定になっています。

【バトル面】
ピッピが使用する技はつきのひかり、サイコキネシス、れいとうビーム、ムーンフォースになっています。
主にサイコキネシスやれいとうビームで戦っていて、フィニッシュとしてムーンフォースを使う傾向があります。
サイコキネシスはエスパーポケモンと同等以上に使いこなしていて、攻撃や防御等の様々な使用方法を披露しています。
れいとうビームは大抵指先から細いビームのように出す事が多いものの、それ以外では目や口から出す事も可能です。
昔はおんがえしやマジカルリーフも使用していた時期もありました。
ピッピのバトルスタイルは、フィールドを利用したテクニカルかつトリッキーな戦法で相手を翻弄しつつ、強力な特殊攻撃で攻めるのが基本になっています。
テクニックの高さはトレーナーのワルイージ譲りであり、持ち前の頭脳で素早く状況を判断した上での頭脳プレイも得意です。
本来ピッピというポケモンは空を飛べないのですが、ワルイージのピッピ♂は空を飛ぶ事も可能になっています。
種族値も本来のピッピと大きく異なっていて、作者である私自身も数値にしにくいです(笑)
実はバトル時のワルイージのピッピ♂は、ドラゴンボールのフリーザ様をイメージした部分があります(爆笑)
岩を動かして飛ばす等のサイコキネシス、指先からのれいとうビームはフリーザ様のデスビームのような感じにしました。
「小さくて強そうには見えないのに、実は物凄い強さを持っている」という点もある意味フリーザ様と共通しています。

【性格】
狡賢い性格のワルイージのポケモンであるものの、ピッピは正義感の強い心優しい性格をしています。
この事がマリオやルイージ達にとっては、非常に不思議な事に感じるようです(笑)
なお、ピッピ本人はワルイージのポケモンである事に結構プライドを持っているらしく、ワルイージの悪口を言う人を非常に嫌っています(恋人のマリー姫談)。
ワルイージの手持ちポケモンのリーダー的存在であり、ハブネークやオクタン達には慕われています。
かつて悪事をしていたポケモン集団のリーダーを倒した上で追放し、改心したポケモン集団も配下(ピッピ非公認)にしているらしく、ポケモン世界ではかなり交流関係が広いです(笑)
実は本気で怒ると普段の姿から想像できない程怖いらしく、ワルイージはアップル姫やマリー姫にピッピの逆鱗に触れないように忠告しています。
メカやコンピューターには強く、自身でスター探知機やパープルモービルという空を飛べる乗り物、ジャイアントポケモンシリーズというロボットも開発しています。
ハッキングも出来るらしく、悪の科学者ヘビーレオンのコンピューターにハッキングして、ワルイージ達の為に時間稼ぎをした事もあります(本人はあまりこういう事をしたくないらしい)。
これらの内容から万能と思えるワルイージのピッピ♂ですが、女性に絡まれやすい事とカナヅチ(泳げない)という弱点を持っています。
特に恋人のマリー姫や母親のピクシーには物事をはっきり言えない事が多く、強引で積極的な2人に慌てている様子がよく見られます(笑)

【対人関係】
ワルイージ
ピッピにとっては、トレーナー兼兄のような存在。
今まで育ててくれた事もあり、ワルイージの事を心から慕っています。
一方ワルイージもピッピを良き弟のように可愛がっていて、普段のワルイージとは異なる一面を見せています。
周りからはワルイージに似ていないと思われているが、ピッピも気に入らない敵にはイジワルするといったワルイージと似た部分を持っています(笑)

マリー姫
ワルイージの恋人アップル姫の妹であり、ピッピの恋人。
普段ピッピは強引でワガママなマリー姫に押し倒されて困惑している事が多いです(笑)
それでもピッピはマリー姫の内面も含めて愛しているようで、リナ王妃に叱られたマリー姫を毎回慰めている等、マリー姫の愛情はしっかり伝わっています。
4年後の未来で2人は結婚して、個性的な6人の子供が誕生し、将来ピッピはカイ国王の後継者としてフラワー王国の国王になっています。

アップル姫
ワルイージの恋人であり、ピッピにとっては義理の姉になる存在。
当初はアップル姫がピッピへの嫉妬からピッピにイジワルした事があるものの、リナ王妃の制裁を受けた後は控えるようになりました。
ピッピはその時の真相をリナ王妃から聞いていたようで、ワルイージに甘えたいアップル姫の乙女心を理解した上で許しました。
ワルイージとマリー姫は仲があまり良くないものの、アップル姫とピッピは仲が良くなり、普段はアップル姫とコンビを組む事も多いです。

リナ王妃・カイ国王・紫カメック
ピッピにとって義理の母親、義理の父親、良き先輩という間柄になります。
特にリナ王妃はピッピの事を非常に気に入っているようで、マリー姫同様ピッピにはデレデレ状態です(笑)
リナ王妃の初恋の相手は、異なる未来から来たピッピであるものの、リナ王妃自身は気付いていません。

マリオ・ルイージ・ピーチ姫・デイジー姫・クッパ
ワルイージやアップル姫にとっては因縁?の相手。
ワルイージやアップル姫はマリオ達を敵対視しているものの、ピッピ自体は特に意識していません。
デイジー姫からは苦手意識を抱かれているものの、ピッピ本人は気付いていません。

【ポケモン関係】
メイのピクシー♀
ワルイージの幼馴染であるメイの手持ちポケモンであり、ピッピの母親。
ピクシーは昔からピッピに溺愛していて、バトルもさせないくらい過保護に育ててきました。
ピッピが強いと知ってもピクシーの溺愛ぶりは変わらず、デレデレ状態でピッピに接してきます。
ピッピ本人もピクシーをお母さんと慕っているものの、マリー姫とのダブル攻撃には困っている部分もあります(笑)

ハブネーク♂、オクタン♂、メガヤンマ♂、デルビル♂
ピッピと同じくワルイージの手持ちポケモン。
手持ちポケモンのリーダー格として皆を引っ張っており、ハブネーク達からは慕われています。
一方のピッピもハブネーク達を信頼していて、日頃から一緒にトレーニングを積んでいます。

アップル姫のノクタス♀
アップル姫の手持ちポケモンであり、メインパートナー。
ピッピと互角に戦える程の実力者であり、時にはタッグを組む事もあります。
恋愛感情はなく、お互いを認め合った良き友人という間柄になります。

アップル姫のプクリン♀
アップル姫の手持ちポケモンであり、マリー姫の(恋の)ライバル。
ピッピが好みのタイプらしく、隙あらばピッピに猛アプローチしていますが、マリー姫は気に入らないと思っています。
当のピッピは話を聞かないプクリンの事を苦手にしています(笑)

ルイージのピカチュウ♂
ルイージの手持ちポケモンであり、ピッピのライバル。
トレーナーの事情とは関係なく、性格の不一致でかなり仲が悪いようで、珍しくピッピ側も敵対心を持つ相手になります。
かつて1対1のバトルで激しい戦いをしたらしく、その時はピッピが勝利をおさめました。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
おはようございます。

今までのワルイージストーリーを全部読み通してきましたが、改めて今回の記事を拝読しますとピッピに細かな部分まで設定されていますね。確かに賢い・礼儀が良い・優しいといういいどこどりばかりで女性に絡まれやすいのですね(笑)。気に入らない相手にはイジワルをするというのとピカチュウとは仲が悪いという意外な一面を持っていることに驚きました。

ワルイージ様を主役としたポケモン回のことは了解しました。楽しみにしております!(爆笑)
2016.11.26 09:13 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。

ワルイージにオリジナル設定があまり出来ない分、アップル姫やピッピ等に細かい設定を作りました!
仰る通り、ピッピは良いところが多いゆえに、マリー姫達フラワー王家の女性陣、アップル姫のプクリン♀や母親のピクシー等多くの女性に絡まれやすい訳です(笑)
人間もそうですが、仲の悪い相手がいても不思議じゃないと思うので、ピッピの場合はルイージのピカチュウにしました。
気に入らない相手にイジワルするところも、ルイージにイジワルするワルイージと同じような感じにさせて頂きましたね~。
結果的にピッピもワルイージと似た部分を持っている訳です(笑)

今の段階では少しずつ書いていますが、最近ご無沙汰なワルイージらしさは出していこうと思っています!
2016.11.26 21:55 | URL | #- [edit]
ak says..."結構考えられていたんですね〜!"
こんばんはです〜。
昨日は「ディメンションボックス」を探して6時間くらい歩き回っていたので今日の昼間は足の筋肉痛になっていました。(笑)
今日はようやく、サンのストーリーをクリアしました!(^_^)
本当は昨日クリアする予定だったのですが、買い物が予想外に長引いてしまい、疲れてポケモンのゲームをやる気力がありませんでした。(笑)
この後はとりあえず、アローラ図鑑完成に向けて動きたいと思います!
サンムーンで現在はポケバンクが利用出来ないので、全国図鑑を完成できるのは来年になってしまいますが…。(笑)

ピッピはハブネーク以上に詳細な設定を考えられていたんですね〜!
ピッピのサイコキネシスやれいとうビームが、フリーザ様をイメージしたものだったとは驚きました!(・Д・)ノ
ピッピは賢い所や優しい所がある故に、女難の相のようなものがある訳ですか〜!
女性にモテる要素の多いピッピは、もし人間だったらきっとイケメンでしょうね〜。(笑)

次のポケモンのゲームは、サン・ムーンのマイチェン版とダイヤモンド・パールのリメイク版のどちらが出るのか、気が早いですが楽しみです!
2016.11.27 20:40 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 結構考えられていたんですね〜!"
こんばんは~。
記事は拝見させて頂きましたが、筋肉痛になる程歩き回ったようで、ご苦労様です(笑)

とうとうシナリオをクリアしたんですか!
最後の方は結局いつもの流れになったような気がしませんか?(笑)
最近ゲームプレイ時間が長かったので、目等を休める意味で私もこの土日はプレイしませんでした。
今回は草むらに多くのポケモンがいるので、集めるのが大変そうですね~。
来年の1月にポケバンクが対応になる予定なので、私はアルファサファイアから移送用のピッピ達を転送し、少しずつ育成に入ろうと思っています。

ワルイージ主役の話もそうですが、アップル姫・ピッピ達は元々高校時代からのアイディアだったので、実はこんなに考えていたんですよ~。
原作でフリーザ様のデスビームやサイコキネシスが印象的だったので、似たような技を覚えるピッピに反映させてみました。
カナヅチは昔から考えていたのですが、長所が多いピッピなら女難という弱点もアリかなと思って、小説を書き始める頃に考えましたね。
イラストでお披露目しているのですが、ピッピの擬人化は可愛い系で、そっちの姿にもマリー姫はゾッコンですよ(笑)

もう10年前の作品になるダイヤ・パールのリメイクもあり得そうですね~。
XYはマイチェン版が出なかったので、どうなるのかはわかりにくい気もします。
2016.11.27 23:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1755-0d6fff5b