自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート113

Posted by 自称悪魔族使いのS on   4 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


カイ国王「リナ、それくらいにしてあげないとアップルが可哀想だよ・・・。」
リナ王妃「わかっているわ。私との約束を忘れていないか、念の為に聞いただけよ。」
紫カメック「(それにしても迫力がありました・・・。)」
マリー姫「ワルイージさんもピーくんと同じ事を言うんだ~。」
ピッピ「それは恋人の苦しむ姿を見たいなんて思わないじゃないですか・・・。」
マリー姫「そ、そうだね、ゴメン・・・。とりあえずマリーは今度のジム戦前にフラワー城でトレーニングを積みますね!」
リナ王妃「わかったわ。私もマリルちゃんを育てたいと思っていたから、カイとトレーニングに付き合ってあげるわよ。」
カイ国王「そうだね、私もアーボを育ててあげたいから、一緒にトレーニングを積もう!」
マリー姫「ありがとうございます。」
マリー姫はグレンジムに挑む前にフラワー城でトレーニングを積む事にした。

ワルイージ「ピ~ッピ~、お前は1回ワルイージ城に帰ってこ~い!」
ピッピ「えっ?どうしてです・・・?」
ワルイージ「お前はオレ様のポケモンだろう~!ここ最近マリー姫の御守りで忙しかったんだから、家に帰ってゆっくりしとけ~!!」
ピッピ「確かにここ最近はマリーさんとの旅に同行して、全然家に帰っていなかったですね・・・。」
ワルイージ「だろう~?それにマリー姫には自分のポケモンで戦えるようになってもらおうぜ~!」
ワルイージはピッピの疲労を考えて、一度家へ帰るように指示した。
マリー姫「え~っ!!ピーくんともトレーニングを積みたかったのに・・・。」
アップル姫「ワガママ言わないの!ピーちゃんだってたまには家に帰りたい時もあるでしょ?」
マリー姫「ん~っ・・・。」
マリー姫はピッピが家へ帰る事にあまり納得していなかった。

ピッピ「マリーさん、ボクがいない間に色々自分で考える良い機会かもしれませんよ。」
マリー姫「で、でも・・・。」
ピッピ「何日か家で休んだら、また旅に同行しますよ。」
マリー姫「本当・・・?嘘じゃない??」
ピッピ「勿論ですよ。またヤマトさんとコサブロウさんに襲われたら、色々大変ですからね。」
マリー姫「やっぱりピーくん優し~い♪大好き~!!」ギュ~ッ
ピッピ「く、苦しいですぅ・・・。」
マリー姫はピッピをギュッと抱きしめ始め、ピッピは苦しそうにしながらも、満更でもない表情をしていた。
ワルイージ「結局いつもオチじゃないか~・・・。」
アップル姫「何だかんだいっても、あの子達もラブラブなのね。」
ワルイージ「ワ~ガママなマリー姫を扱えるのは、世界広~しと言えどもピッピしかいないって事ですかね~。イッヒヒ!」
アップル姫「それは言えているわ。ンフフッ!」
それからしばらくの間、マリー姫はピッピが帰っている間にリナ王妃やカイ国王とトレーニングを積んだ。途中でピッピも合流し、次のジム戦に向けての準備を行った。

ハーリー「あなたがアップル姫ね~♪あたしはハーリーですぅ~。」
アップル姫「よろしくお願いします。私も同じノクタス使いとしてハーリーさんの事は伺っていますよ。」
ハーリー「アップル姫に知ってもらえるなんて、ハーリーベリーハッピー♪」
マリー姫はポロック作りを教わる代わりに、ハーリーにアップル姫を紹介していた。なお、アップル姫とハーリーは同じノクタス使いとして意気投合しているようだ。
ワルイージ「ア~ップル姫~、ズ~イブンと楽しそうだな~・・・。」
ピッピ「お、同じポケモンが好きという共通点がありますからね・・・。」
一方ワルイージは近くでその様子を見ていたが、内心面白くなさそうな表情をしていた。
マリー姫「なるほど~、ポロックって色んな木の実を使って質の良いものを作るんだ~。」さらさらっ
マリー姫はハーリーからポロック作りを教えてもらい、その内容を一生懸命メモに書いていた。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
こんにちは。

マリー姫のポケモントレーナー修業の旅もそろそろ終わりに向かいそうですね~。
今までマリー姫はピッピと一緒に旅をしていたこともあって、1人になっても修業が続けられるのでしょうかな(笑)。ピッピに頼ることが少しずつなくなってきたので多分大丈夫だと私は思いますが…。
前から気になっていたのですが、ハーリーは男性ですか、それとも女性ですか?(爆笑)
ハーリーの口調から女性だとずっと思い込んでいたのですが、ワルイージ様の様子から男性かなと一瞬思いましたので聞いてみました。

2016.11.29 11:20 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。

確かにジム戦がそろそろ終わりに近いのですが、マリー姫のポケモントレーナー回はまだまだ続きますよ。
修行はリナ王妃とカイ国王が付き合ってくれるので大丈夫ですね(笑)
確かにピッピへの依存は減り始め、トレーナーとしてはマリー姫もだいぶ成長していますが、姫君としてはまだまだ修行が足りないです(爆笑)

ハーリーさんは男性ですが、英語交じりで女性的な言葉を使うオカマです(笑)
ノクタスのような格好をしていて、かなりんさんもプレイするオリンピックゲームに登場するソニック役の金丸淳一さんが担当されているんですよ~。
オカマとはいえ男性のハーリーさんと仲良くしているアップル姫を見て、ワルイージは面白くない訳です(笑)
2016.11.29 22:18 | URL | #- [edit]
ak says..."どうもです。"
こんばんはです〜。
マリー姫とピッピは一時的に離れるようですが、ピッピに頼らずに自分と自分のポケモンのだけで修行するのも、またトレーナーとして成長できる気がしますね〜。
久々にハーリーさんも登場しましたが、アップル姫と仲良くしているのでワルイージが嫉妬しているようですね。男の嫉妬は場合によっては女の嫉妬よりも怖いと言いますが、ワルイージの場合はどうなんでしょうね〜。(笑)

現在、私はアローラ図鑑完成を目指しているのですが、今作は今までのシリーズより難易度が上がっているように思います。
お助けでしか出現しないポケモンがいたり、釣りのシステムも難易度が上がっているので、凄く手間が掛かります。(笑)
そして、私のポケモン小説は近日に新たな設定記事をアップする予定です。
最近登場した二人組の他に、さらなる新キャラもいます。(笑)
2016.11.30 22:03 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうもです。"
こんばんは~。
マリー姫もトレーナーとしては成長してきているので、たまにはピッピなしで自分のポケモンと向き合うのも大切だと思って、今回の流れを入れました。
ワルイージもアップル姫への独占欲が少なからずありますし、人間なら恋人が他の異性と仲良くしていたら、誰でもこうなるだろうと思いますよ。
それって翔対剣山戦での吹雪さんの発言ですよね?(笑)
アップル姫程ではないですが、ワルイージも黙って引っ込んでいるタイプじゃないですよ(爆笑)

草むらに生息するポケモンの数や、レアなポケモンが設定されている等、今回は大変そうですよね~。
実は私が好きなピッピもピィが仲間を呼ぶ時のみ出現するポケモンみたいです(笑)
以前ピィを育てていた時、ゴーストが仲間を呼んで来たら、進化系のゲンガーを呼び寄せたんですよ(爆笑)
小説の設定記事や新キャラはアップされましたら拝見させて頂きます!
2016.11.30 22:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1754-d269358e