自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート112

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回はアップル姫にスポットが当たった回になっています。


マリー姫「わかったよ!ミーシャちゃんの事もあるし、ヒンバスちゃんの進化と並行してトレーニングも積む!!」
ピッピ「そういえばワルイージさんとカメックさんに渡しておきたい物があります。」
ワルイージ「オレ様とカメックにか~??」
紫カメック「何でしょう・・・??」
ピッピはワルイージと紫カメックの為にある物を入手していた。
ピッピ「これです。」バッ
ピッピは鞄から2つの石を取り出した。
ワルイージ「これは・・・、メガストーンじゃないか~!?」
紫カメック「ヘルガーをメガシンカさせるヘルガナイトと、フーディンをメガシンカさせるフーディナイトですね。」
ピッピ「そうです。デルビルさんとケーシィさんが進化した時の為に探しておきました。」
どうやらピッピはワルイージのデルビル♂と紫カメックのケーシィ♂が進化した時の事を考えて、2体がメガシンカする為に必要なメガストーンを見つけていたようだ。
ワルイージ「お前は本当に気が利くな~!よ~しよし~♪」なでなでっ
ピッピ「ワルイージさん、恥ずかしいですぅ~・・・。」
アップル姫「ムッ・・・。」
ワルイージはピッピの頭を撫でたところ、近くのアップル姫は面白くなさそうな表情をしていた。

マリー姫「あれれっ~?アップルお姉ちゃん、ピーくんがワルイージさんに可愛がってもらっているのが面白くないんですか~??」
アップル姫「そんな事無いわよ!!」
マリー姫「(やっぱりヤキモチ妬いているよ・・・。)」
マリー姫の質問にアップル姫は怒鳴りながら答えていた。アップル姫本人は否定しているものの、マリー姫の推測通り、アップル姫はピッピに嫉妬しているようだ。
ワルイージ「ア~ップル姫~・・・。」
ピッピ「(もう美味しくないケーキを食べさせられるのは嫌です~!!)」
ワルイージはピッピに嫉妬するアップル姫に困ったようだ。一方のピッピは過去の一件が多少トラウマになっていた。
リナ王妃「アップル。あなたの気持ちはわかるけど、いい加減ピッピちゃんにヤキモチを妬くのは止めなさい。」
カイ国王「そうだよ。ワルイージ殿にとってピッピ殿は弟や子供のような存在なのだから。」
紫カメック「流石はリナ王妃とカイ国王ですね。」
アップル姫の嫉妬を察知したリナ王妃とカイ国王はアップル姫を説得していた。
アップル姫「はぁ~い・・・。(何で皆ピーちゃんの味方をするの!!)」
リナ王妃「その表情を見る限りだと、何か文句でもあるのかしら?」
アップル姫「い、いいえ・・・。」
アップル姫の不満な表情を察知したリナ王妃が鋭く指摘したところ、アップル姫は焦りながら誤魔化していた。

リナ王妃「わかっているとは思うけど、またピッピちゃんに陰湿なイジワルをするようなら、前よりもっと厳しいお仕置きをするわよ!」
アップル姫「えっ!?(ま、前はワルイージの前でお尻ペンペンされる恥ずかしい思いをしたのに、あれより厳しいお仕置きをされるの~!!)」
ワルイージ「ア~ップル姫~。あ~の悲惨な光景を見るのはオレ様も嫌ですから、ピッピにヘ~ンなイジワルはしないで下さいね~・・・。」
アップル姫「ワルイージ・・・。(ワルイージの様子的に、あの時はワルイージにも辛い思いをさせたのね・・・。)」
リナ王妃「わかったの、アップル?」
アップル姫「は、はい・・・、勿論です!!」
リナ王妃に釘を刺されたアップル姫は落ち着き始めた。一方ワルイージもお仕置きされるアップル姫の姿を見るのは嫌なようだ。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
おはようございます。そしてお久しぶりです。

最近1週間は多忙であってなかなかコメントができていませんでした…(汗)。
小説には書かれていないようですが、ピッピがそこまでするとはとても礼儀が良いポケモンですね~。
アップル姫が嫉妬する気持ちはよく分かりますが、喧嘩をしてまで恋人まで迷惑をかけるのは一国の姫としてはどうなのでしょうかなと時々思ってしまいます…(汗)。現在はマリー姫がポケモントレーナーの修行として成長していく話を進めているようですが、よければ別のテーマでアップル姫が成長していくような話も見られたらいいなと私は思っています。

 ゲーゼンの商品をたくさん取得されたようですね。商品によって取得できるまでにかけたお金が大きく違ってくることに驚きました。やはりゲーゼンは運も入るのでしょうかな。
2016.11.25 08:47 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~、そしてお久しぶりですね!
かなりんさんはご多忙だったのですか。
寒くなってきたので、お身体に気をつけて下さいね~。

ピッピは気遣いもできる子なので、ワルイージやマリー姫等が溺愛する訳です(笑)
最近アップル姫のヤキモチ妬き部分を書いていなかったので、久し振りに書かせて頂きました。
アップル姫も子供っぽい一面があるので、かなりんさんが言うように「フラワー王家の姫君として良くない」とリナ王妃に叱られているんですよ。
アップル姫の成長は今まで考えた事がないテーマで、欠点だらけのマリー姫と比べると、どうやって成長させるかは一度考えないといけませんね(^^;)

クレーンゲームは運も絡んできますよ~。
アームの強さや配置等もゲットできるかのポイントになるので、見極めるのも重要ですね。

マリー姫の小説がある程度になったら、一旦お休みしてワルイージを主役にしたポケモン回を披露しようと思っています。
2016.11.25 22:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1749-7a6e84dd