自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート97

Posted by 自称悪魔族使いのS on   4 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


ピッピ「・・・という感じでしたよ、ハブネークさんとの出会いは。」
マリー姫「へぇ~、ハブネークくんは当時からバトルに関して結構な実力を持っていたんだ~。」
ピッピ「そう言う事ですね。仲間になってから、一緒にトレーニングをしていき、新しい技を覚えていきましたよ。」
マリー姫「でもどうしてワルイージさんやピーくんに忠実になったの?」
ピッピ「あ、あぁ・・・、実はあれから・・・。」

(回想)
ワルイージ「さぁ~て、そろそろあいつらが戻ってくる頃だぜ~。」
ハブネークをゲットした後、ワルイージはピッピとハブネークをポケモンセンターに預けて、体力を回復させていた。
ピッピ「ただいまで~す。」
ワルイージ「おぉ~、しっかり回復してきたようだな~!」
ピッピ「はい、こちらがハブネークさんのモンスターボールです。」
ピッピは治療室から戻ってきて、ハブネークが入ったモンスターボールをワルイージに渡した。
ワルイージ「じゃ~あ~、お前以外で初めて手持ちポケモンになったハブネークのお披露目といこうじゃないか~!」
ピッピ「いいですね~。」
ワルイージ「出てこ~い、ハブネーク!!」ビュッ
ハブネーク「ハネ~クッ!」パカーン!!
ワルイージはモンスターボールからハブネークを出した。

ワルイージ「ハブネーク、今日からお前はオレ様のポケモンとして働いてもらうぜ~!!」
ピッピ「ハブネークさん、よろしく。」
ハブネーク「ハブブッ!」
すると出てきたハブネークはワルイージとピッピの前で深々とお辞儀をした。
ワルイージ「んっ!?ど~うした~?」
ハブネーク「ハブブブネッ!」
ワルイージ「ピッピ、何て言っているんだ~?」
ピッピ「ボスやアニキの為に誠心誠意働かせて頂きますって言っています・・・。」
ワルイージ「ボ、ボス~!?オレ様の事か~・・・??」
ハブネーク「ハネッ!」
ピッピ「どうやらそうみたいですね・・・。」
ワルイージ「・・・という事は~・・・、アニキというのはピッピの事みたいだな~。」
ピッピ「ボ、ボ、ボクが~!!!」
ピッピは自分がアニキと呼ばれる事に驚いていた。
ハブネーク「ハネ~クッ!」
ワルイージ「今度は何だって~?」
ピッピ「アニキの強さに敬服致しました!一生付いていきます!!って言っています・・・。」
ワルイージ「な、何かおかしな事になっていないか~・・・??」
ピッピ「ま、まぁ、仲間が増えたのでいいのではないでしょうかね・・・。」
(回想終わり)

マリー姫「それってデルビルくんと変わらない気が・・・。」
ピッピ「だからこの前ワルイージさんもそう言ったんですよ・・・。」
マリー姫「なるほど・・・、じゃあ色違いのハブネークも同じ流れになっちゃったりして?」
ピッピ「そ、そうなるとハブネークさんがどう思うか・・・。」
マリー姫「とりあえず近くのポケモンセンターに向かって、回復させてあげようよ!」
ピッピ「そうですね。」
マリー姫とピッピはゲットした色違いのハブネークを回復させる為にポケモンセンターへ向かった。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
こんにちは。

手持ちになったばかりのハブネークの態度に2人は最初戸惑ったようですね。
このようなポケモンの勘違い(?)もいいですね~。
おそらく手持ちになる前のポケモンがピッピと戦ったら自然と「従います!」という態度になるのでしょうかな。これだけでもピッピの強さが分かりますね!(笑)
2016.10.04 15:21 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。

まさかハブネークがこんな感じになるとは2人とも予想していなかったようです(笑)
最初はピッピの強さから入りますが、その後ピッピの性格も知って絶対的な忠誠になるようです(爆笑)
ハブネークとデルビルの場合はそうですが、同じくワルイージの手持ちになったオクタンとメガヤンマは今回と違う流れになっていますよ~。
機会がありましたら、手持ちポケモンとの出会いの話も書きたいです!
2016.10.04 22:27 | URL | #- [edit]
ak says...""
こんばんはです〜。
無事にハブネークをゲットしましたね〜。
ゲットされたハブネークの態度が豹変して従順になりましたが、ピッピには他のポケモンを惹きつけるカリスマ性のようなものがあるのかもしれませんね〜!(笑)
2016.10.05 21:53 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。
無事にハブネークゲットまでの経緯を書く事が出来ました。
本人は気付いていないのですが、akさんの仰る通り、ピッピはそういうカリスマ性を持っているんですよ(笑)
小説に書いていない設定で、ピッピは集団で生活する野生ポケモン達のリーダーを務めています(爆笑)
2016.10.05 22:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1703-38e91126