自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート90

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


ピッピ「素早い相手と戦う場合は、その素早い動きから封じる事が重要なんですよ。」
ミーシャ「ぐぐっ・・・。でも流石にこれはかわせないでしょう!」
エアームド「エア~ッ!!」バゴッ!!
ピッピ「うわっ!」バタッ
ピッピがアヤメ(色違いのザングース♀)を見ている間にエアームドがはがねのつばさを決め、ピッピはその場に倒れた。
マリー姫「ピーくん!?」
ミーシャ「私達を見縊らないで欲しいですね!」
ピッピ「別に見縊ってはいないですよ。」ムクッ
効果抜群である鋼タイプの技を受けたのにも関わらず、ピッピはすぐに起き上った。
ミーシャ「えっ!?効いていないの・・・??」
ピッピ「それなりに効きましたが、アップルさんのノクタスさんのニードルアームに比べたら、全然問題ないですよ。」
マリー姫「今のは凄い例えだね・・・。」
ミーシャ「ムカ~、何処まで私の憧れの人の名前を出してバカにするんです!エアームドちゃん、つばめがえしで追討ちをかけて!!」
エアームド「ギャ~ッ!!」ゴォ~ッ!!!!!
エアームドは急降下してピッピに向けて突進を仕掛けてきた。

マリー姫「ピーくん、避けて!」
ピッピ「つばめがえしは必ず当たる技なので、避けても追跡してきます。では真っ向から相手しましょうか!」キュイーン!!!!!
ピッピは手に冷気が宿る水色の光を集め始めた。
マリー姫「れいとうビーム!?でもいつもは指先から出しているような・・・。」
ミーシャ「エネルギーをチャージしている今がチャンスです!」
エアームド「ギャ~ッ!!」ゴォ~ッ!!!!!
ピッピ「・・・。」キュイーン!!!!!
エアームドが接近する中、ピッピはまだチャージしていた。
マリー姫「ピーくん、どうしてまだチャージしているの!?エアームドが近くまで迫ってきているよ!!」
ミーシャ「エアームドちゃん、そのままつばめがえしで決めてしまいなさい!!」
エアームド「エア~ッ!!」ゴォ~ッ!!!!!
ピッピ「今です!」ビビッ!!
ピッピはエアームドが突進する少し前のタイミングでれいとうビームを放った。ドカーン!!
エアームド「エ、エアッ・・・。」フラフラッ
ピッピのれいとうビームを受けたエアームドはダメージからフラフラしていた。
マリー姫「あんな強力なれいとうビームを受けたのに、エアームドは倒れなかった・・・??」
ピッピ「やはりエアームドさんの特性はがんじょうでしたか。」
マリー姫「がんじょう・・・??」
ピッピ「HPが満タンな状態でどんな攻撃を受けてもHPが1残る特性です。」
ピッピはマリー姫に特性がんじょうの説明を行った。
ミーシャ「がんじょうで耐えたはいいけど、何て威力のれいとうビームなの・・・。今のエアームドちゃんの状態では、あのピッピに勝てる見込みが無い・・・。私の負けです・・・。」
ピッピの強さを実感した事で、ミーシャの心から戦意が消えていき、負けを認めた。

ピッピ「改めて伺いますが、先程ボクが言っていた事を嘘だと思いますか?」
ミーシャ「嘘ではなかったようですね・・・。あなたならアップル姫のノクタス♀と互角に戦っていても不思議じゃない気がします・・・。」
ピッピとのバトルを経験したミーシャは、ピッピがアップル姫のノクタス♀と互角に戦える実力を持っているであろうと考えを改めたようだ。
ピッピ「どうやら誤解は解けたようですね。」
ミーシャ「しかしマリーちゃんがアップル姫の妹である事は認めません!」
ピッピ「あらっ・・・。」
マリー姫「まだ言うの・・・。」
相変わらずマリー姫がアップル姫の妹である事は信じていないようで、その様子にマリー姫とピッピは呆れていた。
ミーシャ「私もまだまだ修行が足りないようなので、トレーナーとして腕を磨くことにします!それではまた何処かで。」
自分が未熟であると感じたミーシャはマリー姫達に別れを告げ、再びトレーナーとしての旅に戻った

スポンサーサイト

Comment

ak says..."強いですね〜!"
こんばんはです〜。
ピッピとミーシャのバトルはやはり、ピッピが制しましたか!
ワルイージがピッピをどれだけ強く育てたかが分かりましたよ〜。(笑)
ミーシャもこれからどんどん強くなっていくと思うので再登場が楽しみです♪
マリー姫もいつかはミーシャに追いつけるように頑張ってほしいですね〜。

やはりSさんは悪ニャースが気になっていましたか!
悪ニャースが進化したらペルシアンも悪タイプになるのかが気になりますね〜。
氷ロコンが気になる理由は、元々ロコンは私の好みのポケモンの一つだからです。
炎タイプのロコンも良いですが、氷タイプのロコンも可愛いです。(笑)
今までのロコンは炎の石で進化しますが、氷ロコンはどうやって進化するのかが気になっています。新たに氷の石とかが登場したら面白いですね。(笑)

悪ニャースを小説に先行登場させるのはなかなか面白そうですね〜!
サンムーンの情報を見たり、アニメXY&Zを見る度に私もポケモン小説の創作意欲が湧いてくるこの頃です。(笑)
サンムーン発売に合わせて11月頃にポケモン小説を開始する予定ですが、遊戯王小説と合わせて毎週3作品小説をアップするのは無理そうなのでどれかは隔週連載になりそうです。(笑)
2016.09.08 21:17 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 強いですね〜!"
こんばんは~。
おそらくピッピに勝てるキャラは本当に数少ないと思います(笑)
ピッピは普段ワルイージとのトレーニングだけでなく、ハブネーク達ともトレーニングしているので、日頃から自分を鍛えているんですよ~。
ミーシャもマリー姫もまだ発展途上の部分があるので、今後もっと強くなりますね!

まだ新ポケモンで好みのタイプがいないので、自然と悪ニャースに目がいきましたよ。
ラッタがデブってしまったので、悪ニャースがペルシアンになったら、もっと悪そうで傲慢になりそうな気がします(^^;)
なるほど、akさんのロコン好きは私のニャースが好きな理由とほとんど同じという事ですか~。
確かに氷ロコンも美しくて可愛いと思いますよ!
私がグレイシアと同じ進化方法かなと思いましたが、akさんの氷の石というのもなかなか面白いですね(笑)

悪ニャースの登場はネタの方向性が何となく決まってきました!
確かに遊戯王2作品にポケモン1作品の合計3作品の連載はなかなかハードですよ(笑)
2016.09.08 23:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1677-a0912318