自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>を観てきました!

Posted by 自称悪魔族使いのS on   9 comments   0 trackback

IMG_0043.png
昨日ミュータント・タートルズ実写版続編を観てきました!
ここから先はネタバレ要素がありますので、ネタバレNGの方はご遠慮願います。

IMG_0044.png
宣言通り、今回登場する実写版ビーバップとロックステディのフィギュアを連れて行きました(笑)

IMG_0045.png
オレンジジュースとポップコーンをそれぞれMサイズ購入し、映画公開時間を待っていました。


前作シュレッダーからニューヨークを救ったタートルズ達は人に見つからないように生活していたようです。
バスケットボールの試合も会場の上にあるスクリーンの部分からピザを食べながら観ていました。
なお、前作でシュレッダーを倒した活躍はヴァーンの手柄という事にしているようで、その功績からヴァーンがドラゴンボールのミスター・サタンのようにスター気取りをしていました(笑)
調子に乗るヴァーンにミケランジェロとラファエロは豆鉄砲?を食らわすという子供じみた攻撃をしていて、ティーンエイジャーらしさが出ているように感じます。
スターになって天狗になった部分があるものの、ヴァーンはエイプリルの作戦に協力する等、見せ場はしっかりありました。
タートルズとヴァーンのキャストは前作と変わらないものの、前回タレント起用されていたスプリンター先生とエイプリルはプロの声優さんに変更されていました。
どちらも違和感ない感じでしたので、出来れば最初からこうして欲しかったと思います(^^;)

今回はタートルズ内で苦悩するシーンが描かれていたのが印象的です。
ドナテロから紫色の液体でミュータントが人間になれる可能性がある事を聞いたレオナルドですが、その事はラファエロとミケランジェロには言うなと口止めしていました。
しかし隠れてその話を聞いていたミケランジェロがラファエロに教えたところ、ラファエロは怒ってレオナルドに問い詰めていました。
どういう意見をするかはさておき、確かに自分達だけ秘密にされた事にラファエロが怒るのもわかる気がします(^^;)
上記の事が原因でタートルズ兄弟達の絆に亀裂が生じ始め、レオナルド・ドナテロとラファエロ・ミケランジェロの2チームに分かれる事になりました。
また、自分達が人間達に化け物呼ばわりされた事にミケランジェロは悲しみを覚える等、前回以上にシリアスな部分もありました。
レオナルドは考えが違う兄弟3人にイライラしているようですが、スプリンター先生に異なる能力を持った者がチームを組むから強いと指摘されていました。
最終的に兄弟それぞれの考え方を認め合い、再びニューヨークの危機を救い、警察からも存在を認められるようになりました。
そして普通に生きるのはが面白くないと判断し、今まで通りの生活で生きていく事になりました。
今回はシリアスな展開が多い気がしましたが、ラファエロが飛行機のコックピットに激突したり、陸にキスしているところを野生の亀に見られて気まずいと発言する等のコミカルなシーンもしっかりあります(笑)

今回の映画で何よりも楽しみにしていたのは、お気に入りであるビーバップとロックステディが登場した事です!
2人のファンとして実写化されて活躍するところを待ち望んでいたので、私の望みはようやく叶いました♪
シュレッダーと共に刑務所へ護送されていたビーバップとロックステディ(人間の姿)は、バクスターとカライ達フット団のシュレッダーの脱獄計画に便乗して、自分達も脱獄に成功していました。
なお、実写版の2人は「相棒(英語版ではマイメン)」というタートルズでいうカワバンガのような掛け声があり、仲の良さが強調されているように感じます。
英語版ではロックステディがビーバップに「ロック」と呼ばれるだけでなく、ビーバップもロックステディに「ビーブス」と呼ばれているようです。
行きつけのバーで飲んでいた2人の前にシュレッダーとカライ達フット団が現れ、2人が考えていたパートナーではなくガキの使い(手下)を探している事を発言し、あっさりビーバップは承諾していました(笑)
その後、シュレッダーが持っていた紫色の液体によって、ビーバップはイボイノシシ(本人はブタちゃんだと思っています)のミュータント、ロックステディはサイのミュータントへ変身する事になります。
歴代ビーバップとロックステディのようにミュータジェンでの変身ではなく、紫色の液体により2人の身体に眠る動物の祖先の遺伝子を呼び覚ます形での変身でした。
2人は旧作同様にミュータントの姿が気に入ったと発言していて、パワフルでお間抜けな性格等も含めて、ビーバップとロックステディがしっかり再現されていて嬉しいです♪
なお、2人がドラム缶の上に盛られているスパゲッティを食べている時、ビーバップの「オレってデブって見えない?」の発言に2人ではしゃいでいる姿が結構印象的です(笑)
今回の映画を観た後、事前に上記のシーンを知っていた為、その日の晩御飯としてミートスパゲッティを食べました(爆笑)

シュレッダーの命令でブラジルでの任務を果たした2人は、帰りの飛行機内でタートルズとの直接対決を迎えます。
ミケランジェロがビーバップの髪型に皮肉を言ったところ、ビーバップは「何それ、冗談?頭がめり込んだ後も面白い事言えるかな!」と言い返していました。
一方ロックステディは「アカーン!」と言いながらラファエロに投げ飛ばされたり、飛行機の中で戦車にあったマシンガンを乱射し過ぎて墜落の原因を作るお間抜け振りを披露していました(笑)
川の中に堕ちてもタートルズ達とバトルをする2人は目的のアイテムを守り抜き、意外にもビーバップとロックステディの勝利に終わっていました。
旧作アニメではタートルズにほとんど勝てなかった2人なので、まさか実写映画での対決では勝利するとは思っていなかった自分がいます(笑)
フィギュアにもあったバイクにビーバップとロックステディは乗っていて、改めてフィギュアを購入しておいて本当に良かったと思えます。
ケイシーとの対決はビーバップが車を軽々とひっくり返したり、ロックステディが突進で自動車を次々と吹っ飛ばすパワフルなシーンが印象的でした。
最終的にはコンテナに閉じ込められた挙句、ケイシーが目をつけていたビーバップのバイクの爆弾が爆発して敗北しました。
その後はどういう経緯かはわかりませんが、ビーバップとロックステディは再逮捕されてしまったようです(^^;)
前は2人のキャストがタレント起用(オリエンタルラジオの藤森 慎吾さんと宮川 大輔さん)だった事に不満がありましたが、公式動画で何度も観ていた結果、慣れてしまった自分がいました(笑)
もう少しゴツイ感じが欲しかったのもありますが、少なくともカンニング竹山さんのスプリンター先生よりは良かったかなという印象です。

前作は強敵として活躍していたシュレッダーですが、今回はあまり活躍していないように感じました。
吹き替えキャストは広瀬 彰勇さんのままですが、戦闘はビーバップとロックステディ等の部下に任せっぱなしであり、シュレッダーの戦闘シーンが全く無かった事に対しては非常に残念です(^^;)
序盤の脱獄時にシュレッダーはクランゲによって別の場所に転送されて、クランゲから紫色の液体を受け取っていました。
その時にクランゲに計画に協力する事にして、クランゲがいるディメンションXと地球を繋ぐ次元の扉を開く事を計画したようです。
ビーバップとロックステディにブラジルへ行くように命じたのも、次元の扉を開くアイテムを入手するのが目的でした。
次元の扉を開く事に成功したものの、シュレッダーはクランゲに裏切られた挙句、氷漬けにされた上でクランゲの玩具として閉じ込められてしまいました(^^;)
旧作では反感を抱きながらも同盟を組んでいた2人だったので、この展開を見た時は内心ショックでした・・・。
なお、クランゲとテクノドロームは最終的にディメンションXに戻っていたので、シュレッダーもそのままディメンションXに行ってしまったと思われます。

ビーバップとロックステディ同様、ケイシーとバクスターも今回の映画には登場していました。
ドナテロもファンであるバクスターですが、シュレッダーの手下である事がエイプリルから語られていました。
ビーバップとロックステディのミュータント化や次元の扉を開く装置の開発等、彼の科学技術が役立つシーンがありました。
バクスターは自分が有名になる事を望んでいたのですが、シュレッダーに用済みとして東京へ強制連行されていく最後を迎えていました(^^;)
事件解決後のバクスターは行方不明扱いになり、今回の映画では悪役同士の同盟が最終的にどちらかが裏切るという展開になっています。
一方ケイシーは意外にも警官であり、シュレッダー・ビーバップ・ロックステディの護送を行っていました。
しかし3人の脱獄を許してしまった事で休職扱いにされてしまい、ビーバップとロックステディの逮捕に執念を燃やしている姿が見受けられました。
タートルズのアジトに招かれたケイシーですが、ラファエロとミケランジェロの嘘にひっかかってスプリンター先生に戦いを挑んで、返り討ちに遭うコミカルなシーンもあります(笑)
また、警察の上層部と思われる女性役は、ビーストウォーズリターンズでボタニカを演じていた田中 敦子さんが吹き替えを担当していたようです。

今回はさらにクランゲも今回登場しており、クランゲ役を大ベテランの玄田 哲章さんが演じていて驚きました(笑)
玄田さんはアーノルド・アロイス・シュワルツェネッガーの吹き替え担当であり、多くのアニメに出演されている大ベテランの声優さんです。
私はクレヨンしんちゃんのアクション仮面やアラレちゃん(1作目)のスッパマン等で玄田さんを知っていますが、大ベテランのキャスティングにテンションが上がりました!
また、撤退していくクランゲが「アイルビーバック!」と発言していて、中の人ネタに思わず笑ってしまいました(笑)
もし今回の続編がありましたら、シュレッダー・ビーバップ・ロックステディ・クランゲをまた見たいと思います!


今回の映画もなかなか面白いシーンがあったり、ビーバップとロックステディの勇姿が見られて満足です(^^)

スポンサーサイト

Comment

gdm says..."シュレッダーぇ・・・・"
今回のシュレッダーは前作とは違って、噛ませ犬になっちゃったなぁ・・・
前作はタートルズと戦っていたのに、
今回は彼らとは戦わず、クランゲに冷凍されて、結局はリベンジを果たせなかった・・・(会えずに)
でも、映画のほうはとってもおもしろかった!!!
自分は、字幕と吹き替え4dを両方見ました!!!
吹き替えはそんなに悪くなく、結構楽しめました
サイとイノシシの吹き替えの芸人は前作の芸人とタレントとは違って、それなりに上手かった
後、4dはとてつもなく面白かったです!!!!
p.s.たしか昔アメコミの映画はビデオの吹き替えはタレントや芸人は起用してたなぁ
クランゲとシュレッダーはディメンジョンxに閉じ込めちゃう展開は
旧アニメのシーズン1のラストににてたなぁ(自分は旧アニメを動画で見ました)。
2016.08.27 17:58 | URL | #- [edit]
gdm says..."大事な事を2回書き込みます"
前作は字幕のみ見ましたが、今作は字幕と吹き替え両方見ました!!!
今作の吹き替えはベッキーと竹山はおらず、サイとイノシシを除いて、本職声優を起用してて
とてもうれしかったです!!!
後、サイとイノシシの吹き替えのオリエンタルの相方と藤森はベッキーや竹山とはちがって
それなりにうまかったです。
前作の吹き替えは本当に見なくてよかったです・・・・
(ベッキーと竹山は最悪だったので聴くとすごく下手な演技であって嫌な気分になるから)。
2016.08.27 18:07 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: シュレッダーぇ・・・・"
こんばんは~。

どうやら映画を楽しめたようですね。
ビーバップとロックステディはタレント起用ですが、それぞれの雰囲気に合うキャスティングがされていたように思えます。
藤森さんのチャラいビーバップと宮川さんの関西弁ロックステディは思ったより悪くなかったので、DVDで何度も観たいです♪
確かにシュレッダーとクランゲがディメンションXに閉じ込められるのは旧作シーズン1の最終話と同じですね~。
2016.08.27 22:41 | URL | #- [edit]
gdm says...""
旧作映画はロックステディとビーバップを登場予定してたが
予算と時代の関係で登場せず、
変わりにラザーとトッカという別のミュータントを出てました

後、クランゲもこちらと同様、登場しませんでした。
2016.08.31 22:11 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。
昔ビーバップとロックステディが出なかった理由は私も伺っています。
あの時からの私の望みが今年にようやく叶ったという事になりますね。
2016.08.31 22:43 | URL | #- [edit]
ガエンボーⅡ世 says...""
自分も映画見ました、旧テレ東版動画で見てたんで中々楽しめました、玄田さんは旧テレ東版にも出てましたね、続きは作られるんでしょうか?ビーバップとロックステディは逮捕されたけど脱獄して、バクスターはシュレッダーに復讐するためマウサーロボを作り、その後蠅人間になり、クランゲもシュレッダーを再生させロード・ドレッグ(次の映画に実写で出す事にして欲しい)と共に再び地球に来ると言うのを期待しています
2016.08.31 23:12 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。

玄田さんは確かに87年版にもゲストキャラで出演されていましたね。
続編の話は特に聞いていなのですが、シュレッダー、ビーバップ、ロックステディ、クランゲあたりは出ても不思議じゃなさそうです。
2016.09.01 22:19 | URL | #- [edit]
gdm says..."想像"
クランゲは今度こそ地球を侵略するために研究をするがいかず、別の星で征服しようとしたり
シュレッダーは今頃、ディメンジョンxで永久に閉じ込められて
ロックステディとビーバップは刑務所送りで硬い牢屋の中に入れられて
ストックマン博士は今頃、東京の精神病院に送らされて、生活させられたり
カライもロックとビーパップと同じく刑務所に入れられて
そしてフット団はシュレッダーがいなくなったので、今頃解散してしまっただろう
と自分は思います。
2016.09.03 11:50 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 想像"
こんばんは~。
今後は挨拶もしっかり行って下さいね(^^;)

クランゲは今頃ディメンションXに戻って、タートルズ対策を考えているでしょうね。
もしかしたらシュレッダーはその為に再び復活する可能性があると思います。
ビーバップ・ロックステディ・カライは確かに刑務所にいるでしょうが、シュレッダーが復活したら脱獄して再びタートルズの前に登場するでしょう。
問題はバクスターがこのまま黙っているとは思えないところです。
2016.09.04 00:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1674-05bad9cd