自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート81

Posted by 自称悪魔族使いのS on   4 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


ムサシ「いや~、ヤマトを倒して胸がすっとしたわ~♪」
マリー姫「マリーも清々しい気持ちになりました♪」
ライバルのヤマトに勝利したムサシとマリー姫は上機嫌だった。
コジロウ「この気持ちを忘れずに、明日またピカチュウを狙おうぜ!」
ニャース「じゃあ今日はゆっくり休んで、明日に備えるニャ!」
ソーナンス「ソォ~ナンス!!」
ムサシ・コジロウ・ニャースは明日サトシのピカチュウをゲットする為、今日はゆっくり休む事にしたようだ。
ピッピ「マリーさん、ボク達はどうします?」
マリー姫「う~ん・・・。バケッチャちゃん達が疲れていると思うから、ポケモンセンターへ行こう!」
ムサシ「そう、じゃあここでお別れね。」
マリー姫「有名なムサシさんと一緒にバトル出来て楽しかったです♪」
ムサシ「あら、アンタって本当に良い子ね~♪」
ムサシとマリー姫は握手を交わしていた。
コジロウ「こんなにムサシと意気投合する女の子を初めて見たような気がする。」
ニャース「ピッピ、達者で暮らすのニャ!」
ピッピ「ニャースさんもお元気で。」
ニャースとピッピも握手を交わしながら、別れを惜しんだ。その後ムサシ・コジロウ・ニャースはニャース気球でその場を去って行った。

マリー姫「いや~、ムサシさんって結構良い人だったよ♪」
ピッピ「マリーさんと意気投合していましたね~。コジロウさんとニャースさんもなかなか面白い方でしたよ。」
マリー姫とピッピは有名なロケット団であるムサシ・コジロウ・ニャースに会えた余韻に浸っていた。
???「ハッケ~ン!ハッケ~ン!!」ゴゴゴゴゴッ
突然ピッピの形をしたメカがマリー姫達のところへ走ってきた。
マリー姫「えっ!?あのピーくんの形をしたメカは・・・?ピーくんが作ったの??」
ピッピ「いいえ、あれはボクのメカじゃありません。」
サトシ「あっ!マリー姫がいたぞ!!」
ピカチュウ「ピカッ!」
セレナ「マリー姫~!」
ユリーカ「お兄ちゃん、マリー姫がいたよ!」
シトロン「はぁ、はぁ、皆さん待って下さ~い・・・。」
ピッピの形をしたメカの後をサトシ達が付いてきた。
ピッピ「どうやらサトシさん達が来たみたいですね。」
マリー姫「ふぅ~ん・・・。」
サトシ達の姿を見たマリー姫は何処か機嫌が悪そうな表情をしていた。

サトシ「マリー姫、大丈夫!?」
ピカチュウ「ピカチュッ!」
セレナ「ピカチュウの10まんボルトを受けて、こんな遠くまで飛ばされていたんですね。」
ピッピ「ま、まぁ・・・。」
マリー姫「おかげで服が汚れて台無しになりました!!」
サトシ「ご、ごめん!そんなつもりじゃ・・・。」
マリー姫「ピーくんがいなかったら、大怪我していたかもしれないです!!」
ピッピ「マ、マリーさん・・・。」
どうやらマリー姫はサトシのピカチュウに吹っ飛ばされた事を根に持っているようだ。
ユリーカ「や、やっぱり怒っている・・・。」
セレナ「これは宥めるのが難しいかも・・・。」
シトロン「しかし僕が発明した全自動ピッピ探索メカは大成功だったみたいですね!」
ピッピの形をしたメカは、シトロンがピッピを探す為に作ったメカのようだ。
ピッピ「それはシトロンさんが作ったメカだったんですね。」
シトロン「はい、このような状況を想定して作っておいた全自動ピッピ探索メカです!」
ユリーカ「またそのまんまなネーミング・・・。」
ピッピ「(う~ん・・・、何か作りが甘いような気がしますね・・・。これは爆発しそうな予感が・・・。)」
メカに詳しいピッピはシトロンの全自動ピッピ探索メカの作りの甘さに気付き、爆発するのではと懸念していた。
ユリーカ「んっ!?お兄ちゃん、これって何?」
ユリーカは全自動ピッピ探索メカの傍に落ちている何かを拾った。
シトロン「こ、これは・・・、全自動ピッピ探索メカのネジです・・・。」
サトシ「えっ!?」
セレナ「という事は・・・。」
ピッピの予想通り、全自動ピッピ探索メカは爆発を起こした。ドカーン!!!!!

スポンサーサイト

Comment

ak says..."爆発オチですか…。(笑)"
こんばんはです〜。
ロケット団と別れたマリー姫達の前にサトシ達が現れましたね〜!
しかしピカチュウの10まんボルトで吹っ飛ばされた事をまだ根に持っているようで、セレナの言った通り、宥めるのは大変そうですね…。(^_^;)
しかもアニメと同様にシトロンの発明品の爆発が起きてしまい、マリー姫はますます機嫌を損ねそうですね…。(>人<;)

やはり闇属性がお好きだったんですね〜。
私は光属性と風属性が好きですね〜。
私の小説で光属性をメインに使うキャラは美月(陽奈)、利佳、ラティ、いちご、牡丹など自分でも気付かないうちに光属性使いが多くなってました。(笑)

マギアナについてはSさんがマギアナをお好きなら映画を観に行く価値はあると思いますし、お好きでないのであれば無理に観に行く必要はないと思いますよ〜!
2016.08.08 20:09 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 爆発オチですか…。(笑)"
こんばんは~。
最初からサトシ達もバトル後に再登場させるつもりでいました!
マリー姫もアップル姫やリナ王妃同様、怒ったら相当怖いので、宥めるのは難しいですよ・・・。
シトロンの爆発ネタを組み込むとなったら、この流れかなと思ってしまったもので(笑)

最初は地属性が好きだったのですが、悪魔族使いになった事で闇属性が好きになりました(笑)
ヒロインのユリヤやいちご等を見ていると、何となくですが、akさんは光属性や風属性が好きなのかなと思っていましたよ~。
確かに無意識の内に好きなものが作品内に反映される事ってありますよね(笑)

とりあえずマギアナをどうしようか考えたいと思いま~す!
2016.08.08 23:06 | URL | #- [edit]
ガエンボーⅡ世 says...""
アップル姫と違ってホラー映画を鑑賞してるなどマリー姫は怖い話やお化けが好きなんですか?そういえば以前ゲゲゲの鬼太郎について話したいと聞いたんですけど自分ずいぶんと水木しげる先生の作品読んだり見てますから話そうと思えば結構話せますよ
2016.08.09 20:16 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。
マリー姫はアップル姫と異なり、ホラー映画を観る事が趣味の1つですね。

そうですか、それはまた次の機会にしたいと思います。
2016.08.09 23:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1646-91fa38f5