自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート80

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。

ムサシ「アンタもなかなかやるわね!」
マリー姫「いや~、それほどでも~♪」
ヤマト「ムキーッ、あと少しで倒せるところだったのに!!」
ムサシに褒められて照れているマリー姫に対して、ヤマトはトドメをさす事に失敗して悔しがっていた。
ムサシ「じゃあ反撃開始といこうじゃないの!」
マリー姫「はい!」
ヤマト「そうはさせないわ!スリーパー、今度はさいみんじゅつで身動きを封じなさい!」
スリーパー「スパ~ッ!!」ウィ~ン!!!
ヤマトは再びムサシとマリー姫のポケモン達の身動きを封じようと、持っている振り子を回し始めた。
ムサシ「そうはさせないわ!パンプジン、やどりぎのタネ!!」
パンプジン「ププッ!!」プッ
パンプジンは口からタネを吐き出して、スリーパーにぶつけた。するとタネから出てきたツルがスリーパーに絡みつき始めた。
スリーパー「ス、スリッ・・・。」ギュ~ッ!!
ムサシ「どう?さっきのお返しよ!」
ヤマト「ヤミラミ、みだれひっかきで蔓を切りなさい!」
ヤミラミ「ヤミッ!」バッ
ヤミラミは爪でスリーパーに絡みつく蔓を切ろうとしていた。
マリー姫「ジュペッタちゃん、ヤミラミにダストシュート!」
ジュペッタ「タァッ!!」ビュビュッ!
ジュペッタは口から紫色の液を吐き出して、ヤミラミに攻撃した。ドカーン!!
ヤミラミ「ヤ、ヤミッ・・・。」バタッ
毒タイプのダストシュートはゴーストタイプにあまり効果がないものの、ダメージの蓄積により、ヤミラミはダウンした。

ヤマト「ヤミラミ、戻りなさい!」ビビッ
ヤマトはダウンしたヤミラミをボールに戻した。
ムサシ「スリーパー、オレンジ諸島の時にはよくもアタシのアーボックやベロリンガを操ってくれたわね。あの時のお礼をたっぷりしてあげるわ!パンプジン、タネばくだん!!」
パンプジン「パンププププッ!!!!」プププププッ!!!
ムサシはオレンジ諸島での出来事を根に持っていたようで、怒りを込めてパンプジンに攻撃を指示した。ドカーン!!!!
スリーパー「ス、スリッ・・・。」
パンプジンのタネばくだんによりスリーパーはダメージを受けていた。しかしその勢いで蔓が切れて、スリーパーは身動きが取れるようになった。
ヤマト「蔓が切れたのなら、反撃するチャンスよ!」
マリー姫「残念ですけど、バトルはここで終わりですよ。」
ヤマト「えっ!?」
マリー姫の発言後、スリーパーの後ろの影からジュペッタが飛び出て来た。
ムサシ「いつの間に・・・??」
マリー姫「ムサシさんが攻撃している間にジュペッタちゃんにはゴーストダイブを指示しておきました。ゴーストダイブは1度姿を消してから攻撃するので、サプライズ攻撃にはうってつけですよ~。」
マリー姫は一瞬の隙を考えて、ジュペッタに技を指示していたようだ。
ムサシ「なるほど~、アンタってやっぱり見どころがあるじゃない!」
マリー姫「いや~。ジュペッタちゃん、そのまま攻撃しちゃって!」
ジュペッタ「ジュタァッ!!」バゴーン!!
スリーパー「パァッ・・・。」バタッ
パンプジンのタネばくだんに続き、エスパータイプに効果抜群のゴーストダイブでジュペッタはスリーパーに攻撃した。レベルが高いスリーパーもダメージの蓄積によりダウンした。よって女性同士のバトルはムサシとマリー姫の勝利に終わった。

ヤマト「ムキーッ、このあたしがムサシと生意気ジャリガールに負けるなんて!!」
ムサシ「ヤマト、アンタなんて所詮その程度なのよ!」
マリー姫「そうみたいですね~。」
ヤマト「何ですって!!」
ムサシとマリー姫は勝ち誇った表情をしていて、ヤマトは非常に悔しがっていた。
コサブロウ「ヤマト!ここは撤退した方が良さそうだ~!!」ダダッ
コジロウやピッピと戦っていたコサブロウはヤマトの所へ走ってきた。
ヤマト「コサンジ、何でそんなにボロボロなのよ!?」
コサブロウ「コサブロウだ!あのピッピ達に手持ちポケモン全員やられちまって・・・。」
ヤマト「あ~ん、何で最近失敗が増えたのかしら!!」
コサブロウもコジロウ・ピッピを相手にコテンパンに負けてしまった様子。
コジロウ「ムサシ、こっちも勝ったぜ!」
ニャース「このピッピがいたおかげで、難なく勝利したのニャ!」
ピッピ「日頃からトレーニングを積んでいるもので~。」
ヤマト「ムサシ、生意気ジャリガール!今回は退散するけど、次こそは絶対にやっつけてやるから、覚えていなさい!!」ダダッ
コサブロウ「お、おい・・、待ってくれ~!!」ダダッ
ヤマト・コサブロウ「やな気持ち~!!!」ダダダッ
ヤマトとコサブロウは走って去って行った。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."どうもです!"
こんばんはです〜。
先日、ポケモンの映画を観てきました♪
へんげんじざいの特性のゲッコウガを入手した他、入場者プレゼントでサン・ムーンでのマギアナの入手も確定できました!

一度はヤマトのスリーパーによってピンチになったマリー姫とムサシでしたが、怒涛の反撃で勝利しましたね〜!
ヤマトの隙をついてゴーストダイブを炸裂させたマリー姫は流石でしたね〜。
ゴーストダイブはこういったアニメ等の世界では奇襲に使えそうですね〜。(笑)
ロケット団達とのバトルもひと段落して次は何が起こるのか次回も楽しみです♪
最後の方のコサブロウのセリフ?の所の名前がコジロウになっていますので修正お願いします。

ダーク・ネクロフィアのダークカオス版のアイディアを考えていますが、Sさんのお気に入りモンスターなのでSさんの満足できるようなアイディアにする為に精一杯頑張りたいと思います。(笑)
ネクロフィアを使わせるキャラは闇次元のキャラになりそうです。
他にも私の小説に登場させてほしいモンスターがもしいらっしゃいましたら遠慮なく言って下さいね〜!(^_^)
2016.08.04 20:58 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: どうもです!"
こんばんは~。
映画を観て来たんですか!
やはりマギアナは次回作で登場するんですね~。
これは今年の誕生日プレゼント確定です(笑)

ゴーストダイブは姿を消すという演出から、結構面白い使い方が出来る事がわかりました(笑)
アニメではつるのムチがトリッキーな技だったので、こういう表現もやっていて面白いです♪
次回は何となく予想出来るかなと思います(笑)
誤字の件は修正させて頂きました!

ダーク・ネクロフィアのダークカオス化採用、ありがとうございます!
原作効果を超えるくらいの極悪な効果モンスターへパワーアップさせちゃって下さい(笑)
確かにダーク・ネクロフィアは闇次元の決闘者が使用するのが無難だと思いますね~。
了解です、まずはダーク・カオス・ネクロフィア(仮名)を楽しみにしていたいと思います(^^)
2016.08.04 22:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1642-e40a833b