自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート78

Posted by 自称悪魔族使いのS on   4 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


マリー姫「バケッチャちゃん、タネマシンガン!」
バケッチャ「チャボボボボッ!!!」ププププッ!!!!
バケッチャは口から無数のタネを吐き出した。
ヤマト「ヤミラミ、みだれひっかきで防御!!」
ヤミラミ「ヤミミミミッ!!!!」ガキガキガキガキッ!!!!
ヤミラミはみだれひっかきでバケッチャのタネマシンガンを弾いていた。
ムサシ「隙あり!パンプジン、あくのはどう!!」
パンプジン「プジッ!!」ビビッ!!
ヤミラミがタネマシンガンに対処している隙に、後ろからパンプジンが黒いオーラを放った。
ヤミラミ「ヤミッ!!」バッ
パンプジンのあくのはどうをヤミラミはギリギリで避けた。
マリー姫「バケッチャちゃん、もう1度タネマシンガン!!」
バケッチャ「チャボボボボッ!!!」ププププッ!!!!
バケッチャは再び口から無数のタネを吐き出した。
ヤマト「シャドーボールで迎撃!!」
ヤミラミ「ヤミッ!」ビュッ!
バケッチャのタネマシンガンとヤミラミのシャドーボールが激突した。ドカーン!!
ムサシ「良いアシストよ!パンプジン、シャドーボール!!」
パンプジン「パ~ンプッ!」ビュッ!
パンプジンもシャドーボールで攻撃し、今度はヤミラミに直撃した。ドカーン!!
ヤミラミ「ヤ、ヤミッ・・・。」フラッ
ヤマト「ヤ、ヤミラミ、しっかりしなさい!」
2対1のバトルでもある為、ヤミラミに疲労が見えてきた。

コサブロウ「ツボツボ、いつまで味方に巻き付いているんだ!!」
ツボツボ「ツ、ツボッ・・・。」ギュ~ッ!!
グラエナ「アオッ・・・。」
未だに混乱状態が続くツボツボは味方のグラエナにまきつく攻撃を行ったままだった。
ニャース「マーイーカのサイケこうせんがかなり効いているようだニャ。」
コジロウ「このチャンスを逃さないぞ!マーイーカ、グラエナとツボツボに墨を吐くんだ!!」
マーイーカ「マァ~ッ!!」ビュ~ッ!!
マーイーカは口から墨を吐き出し、グラエナとツボツボの顔に墨をかけた。
グラエナ「グラッ!?」ベチャッ
ツボツボ「ツボッ!?」ベチャッ
コサブロウ「お、お前ら、落ち着くんだ!」
視界を奪われたことでグラエナとツボツボは慌て始めた。
ピッピ「では一気に勝負を決めましょうか。」キュイーン!!
ピッピの身体が光り輝き始めた。
コサブロウ「まずい!?あれはムーンフォースだ!お前ら、ムーンフォースを放つ前に攻撃するんだ!!」
グラエナ「グラエッ!!」バシュッ!!
ツボツボ「ツボツッ!!」ビュッ!!
グラエナははかいこうせんを、ツボツボはヘドロばくだんで攻撃を仕掛けた。しかしマーイーカの墨の影響で視界が悪い為か、攻撃はピッピに当たらなかった。
コサブロウ「何処狙っているんだ!!」
ピッピ「それでは行きますよ!」ビュッ!!
ピッピは月の光を集めた生み出した光の球を放った。ドカーン!!
グラエナ「グ、グラッ・・・。」
ツボツボ「ツ、ツボッ・・・。」
ピッピのムーンフォースが決まり、グラエナとツボツボはダウンした。

コサブロウ「クソ~、負けちまった!!」ビビッ
コサブロウは悔しそうにしながらポケモンをモンスターボールに戻した。
コジロウ「どうだ、まいったか!」
マーイーカ「マイッカ~!」
コサブロウ「こうなったらとことんやってやる!ラッタ!!」ビュッ
ラッタ「ラァ~タッ!!」パカーン!
コサブロウはラッタを出してきた。
ニャース「ねずみならにゃーに任せるニャ!みだれひっかき!!」バリバリバリッ!!
ラッタ「ラタッ・・・。」
ニャースは素早くみだれひっかきを決め、ラッタにダメージを与えた。
ピッピ「えいっ!」ビッ!
ニャースに続き、ピッピも指先かられいとうビームを素早く出した。ドカーン!!
ラッタ「ラッ・・・。」
コサブロウ「・・・ってお前ら2対1はズルいぞ~!!」
コジロウ「へへ~ん、悪役にとって卑怯は誉め言葉だぜ!」
ピッピ「そういえばワルイージさんも似たような事を言っていましたね・・・。」
ニャース「んっ!?どうしたニャ?」
ピッピ「いや、ボクのトレーナーも今のコジロウさんと似たような事を言っていたもので・・・。」
ニャース「おみゃーのトレーナーというと、あの女の子の事かニャ?」
ピッピ「いいえ。ボクのトレーナーはマリーさんじゃなくて、ワルイージさんですね。」
コジロウ「ワルイージ・・・?その名前を何処かで聞いたような・・・。」
ニャース「その様子や名前的に、おみゃーのトレーナーは悪役みたいなんだニャ。」
ピッピ「そう言う事です。だから悪役が考えそうな事は何となくわかりますよ。」
コジロウ「へぇ~、もしかしてこのピッピもロケット団向きなのかもしれないな~。」
ニャース「そうみたいだニャ。おみゃーもにゃー達の仲間にならないかニャ?」
ピッピ「マ、マリーさんの旅に同行する等色々とやる事がありますから、それは少し考えたいと思います・・・。」
ピッピの素質に気付いたコジロウとニャースはピッピをスカウトしようとしたが、ピッピは保留にしていた。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
こんにちは。そしてお久しぶりです(笑)。

約2週間前から私のノートパソコンが反応しない状態が続いて、最近やっと復旧しました。
確かにワルイージ様は目的を成し遂げるために、悪役が考えそうなこと・卑怯な手段もとるような人ですよね。ピッピは彼と長年付き合ってきたのでなんとなく自然に身についているようですね。もし、ピッピがロケット団に入ったらロケット団がより強くなってサトシ達もお手上げになるかもしれないと想像してしまいました(笑)。


2016.07.28 17:29 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。
最近ご無沙汰だったのには、パソコンの不調があったんですか・・・。

ワルイージは悪役ゆえに狡賢い作戦や卑怯な手段を取ったりしますが、それがワルイージの魅力だと思いますよ(笑)
仰る通りピッピも長年ワルイージと一緒にいたので、ピッピ本人はそういう事をしませんが、自然に悪役の考える事が頭に浮かぶようになった訳です。
ピッピがロケット団に入ったら、強過ぎて番組がすぐ終わってしまうと思います(笑)
2016.07.28 22:55 | URL | #- [edit]
ak says..."スカウトですか〜!"
こんばんはです〜。
伝えるのが少し遅れましたが、この前の日曜にようやく引っ越しが完了しました!
忙しさも緩和されたので今後は今まで遅れがちだったコメント等も通常通りに戻れるかと思います!(^_^)
新居は駅の近くなので電車を使う時は便利になったのですが、家の近くには本屋やカードショップあまり無いので遊戯王カード等の趣味関係の買い物は苦労しそうです…。(笑)

ピッピ&コジロウ対コサブロウのバトルはピッピ達が勝利しましたね〜!
ラッタに対してはニャースもバトルに参戦したようで、まさに猫とネズミの因縁の対決でしたね〜。(笑)
ロケット団にスカウトされたピッピでしたが、これもアニメにはあまり無い珍しい展開だった気がします。悪の道に進んだピッピも見てみたいような気になりました〜。(笑)
後はマリー姫&ムサシ対ヤマトの対決のみとなりましたがこちらのバトルはどう決着するのか楽しみです♪
2016.07.29 21:51 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: スカウトですか〜!"
こんばんは~。
ようやく引越し関係が完了したのですか!
akさんのお話を聞く限りだと、やはり住む場所によってそれぞれ長所と短所があるみたいですね・・・(笑)

ピッピがいる時点でコジロウ・ニャースが負ける要素はなかったと言えます(笑)
マリー姫のニャース♀に引き続き、ロケット団のニャースでも猫とネズミの因縁対決を描かせて頂きました。
ムサシ達が他者をスカウトするというのはあまり無い展開ですよね~。
実は遺跡馬鹿さんにも悪役で名を馳せるピッピを見てみたいと言われました!
ピッピが本格的に悪の道に走ると、トレーナーのワルイージやムサシ達以上のワルになる事は間違いないですよ(笑)
次回は過去のポケモンを登場させてみましたので、お楽しみにしていて下さい♪
2016.07.29 23:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1635-6ffa8822