自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート67

Posted by 自称悪魔族使いのS on   4 comments   0 trackback

久し振りにマリー姫の小説を再開したいと思います。

ヤマブキジムを終えたマリー姫はフラワー城へ戻って、リナ王妃達に報告していた。
リナ王妃「なるほど~、途中でニャースちゃんをゲットして手持ちポケモンを増やしたのね。セキチクジムではピッピちゃんに頼ったけど、ヤマブキジムではピッピちゃん無しで挑んで勝利した訳か・・・。」
マリー姫「はい、ピーくんが教えてくれた事を活用して何とか勝つ事が出来ました。」
リナ王妃「へぇ~、ピッピちゃんから教わった事を活用できるなら、普段の国政もそれくらいやって欲しいわ!」
マリー姫「リ、リナお母様、そんな事言わないで下さいよ~・・・。」
カイ国王「リナ、少し言い過ぎじゃないかな・・・。」
リナ王妃の発言に、マリー姫とカイ国王はドキドキしていた。
ピッピ「リナ王妃はあまり満足していないように感じますね・・・。」
紫カメック「リナ王妃は将来マリーお嬢様を自分の後継者にするおつもりみたいですから・・・。」
ピッピと紫カメックはリナ王妃の様子を緊張した状態で見ていた。
リナ王妃「でもトレーナーとしては少しずつ成長しているみたいだから、約束通りカロス地方へ行ってもいいわよ。」
マリー姫「ありがとうございます、リナお母様!!」
カイ国王「良かったね、マリー。」
リナ王妃は正式にマリー姫へカロス地方行きを許可した。
リナ王妃「ピッピちゃん、マリーが色々迷惑をかけると思うけど、マリーの事をお願いね~♪」
ピッピ「は、はい・・・。(さっきと様子が全然違うような・・・。)」
リナ王妃はデレデレした状態でピッピに話しかけ、ピッピはリナ王妃が先程の様子と違う事に戸惑っていた。

カイ国王「リナ、ピッピ殿にデレデレし過ぎじゃないかな・・・?」
リナ王妃「そんな事ないわよ~。もしかしてヤキモチ妬いているの?」
カイ国王「そ、そんな事ないよ!私はただピッピ殿にちょっかいを出しているんじゃないかと・・・。」
リナ王妃の指摘に対してカイ国王は必死にごまかしていた。
リナ王妃「へぇ~、そうなんだ・・・。じゃあ未来のピッピちゃんが来た時には一緒にイワイ島へ行こうかしら~。」
カイ国王「えっ!?だ、駄目だよ、ピッピ殿はマリーの夫になるのだから!!」
リナ王妃「やっぱりヤキモチ妬いているじゃない。」
カイ国王「あっ・・・。」
リナ王妃の誘導尋問にカイ国王はあっさりひっかかっていた。
リナ王妃「ウフフフッ!私に結婚して欲しいと泣きついてきただけあって、私の事が好きなのよね~。」
カイ国王「そ、それを言われると何も言えない・・・。」
カイ国王はリナ王妃にからかわれて赤面していた。
ピッピ「マリーさん、リナ王妃とカイ国王は普段あのような感じなんですか?」
マリー姫「実はそうなんだよね・・・。リナお母様はカイお父様をいじり倒して楽しんでいるみたいなの・・・。」
紫カメック「でもあのようにコミュニケーションをとって、お2人は仲良く夫婦を続けられるのです。」
マリー姫「(その割にはピッピをゲットしてこなかっただけで離婚騒動になっていたような・・・。)」
ピッピ「(ボクもマリーさんと結婚すると、あのような感じになるのかな・・・。)」
リナ王妃とカイ国王の様子を見たマリー姫とピッピはそれぞれ異なる印象を受けた。

リナ王妃「カメック、マリーとピッピちゃんをテレポートでカロス地方に送ってあげなさい。」
紫カメック「かしこまりました。」
リナ王妃は紫カメックにマリー姫とピッピをカロス地方へテレポートするように指示を出した。
マリー姫「そういえばアップルお姉ちゃんの姿が見えないんですけど、まだワルイージさんの所なんですか?」
カイ国王「そうだね、今頃ワルイージ殿と2人きりでお城にいると思うよ。」
リナ王妃「きっとワルイージ殿と同棲について相談でもしているんじゃないの、ウフフフフッ♪」
マリー姫「それってアップルお姉ちゃんとワルイージさんの結婚が近いという事なんですね!とうとうアップルお姉ちゃんが結婚する時が来るんだ~。」
リナ王妃とマリー姫はアップル姫の事で色々妄想していた。すると・・・、
ピッピ「でもアップルさんがワルイージさんと結婚したら、ボクはどうなるんだろう・・・。」
マリー姫「じゃあピーくんもマリーと同棲始めようよ~♪」
リナ王妃「マリーの場合はピッピちゃんにちょっかいばかりかけるから、今は駄目よ。」
マリー姫「えぇ~!!!!」
カイ国王「ピッピ殿はワルイージ殿のポケモンだから、今のようにワルイージ殿のお城に住むのがいいと思いますよ。」
紫カメック「私もそう思います。ピッピ殿の事はアップルお嬢様もわかってくれますよ。」
ピッピ「そうだと良いのですが・・・。」
その後マリー姫とピッピは紫カメックのテレポートでカロス地方へ向かった。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
おはようございます。

ようやく久しぶりのマリー姫のお話しが再開しましたね。
マリー姫のカロス地方行きを許可してもらえて良かったですね。
今回の小説のリナ王妃とカイ国王のコミュニケーションと似ているところが過去の小説でのワルイージ様とアップル姫の間にもありましたね…(笑)。
パワフルカップルズの2人がそこまで仲が良いならばもう結婚してもいいのではないのでしょうかなぁ…(笑)
後半にあるマリー姫の妄想がそのとおりだったらいいなぁと私は思っています(爆笑)
2016.06.21 08:11 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。

これから書きながらのアップになるかと思いますが、少しずつマリー姫の話を再開します。
親子でパートナーとのコミュニケーションの方法が似ているのかもしれませんね(笑)
確かにワルイージとアップル姫の様子的に、2人の結婚はマリオとピーチ姫達より早いかも(爆笑)
2016.06.21 21:46 | URL | #- [edit]
ak says..."復活ですね〜!"
こんばんはです〜。
マリー姫の小説が久々に再開されたようですね〜。
カイ国王とリナ王妃のやり取りは良かったですね〜。まさに仲の良い理想的な夫婦といった感じですね!
マリー姫もカロス地方へ行く許可がおりて良かったですね〜。
次回からカロス地方での物語が始まるようですがどんなストーリーやキャラとの出会いが待っているのか楽しみです♪

フロストのイラストも拝見しました!
フロストは最初はフリーザ様と違って良い人なのかと思えばやはり悪人でしたね。
猫を被っていたのである意味フリーザ様よりタチが悪いかもしれませんね。(笑)
2016.06.22 22:06 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 復活ですね〜!"
こんばんは~。
ジャック登場の小説を書いている間も少しは書いたり、アイディアを考えていました!
今回の話はリナ王妃とカイ国王のやりとりをメインにして、面白いやりとりを描かせて頂きました(笑)
次回からカロス地方に行くマリー姫ですが、あるキャラや随分遅くなったライバルキャラを登場させる予定です(^^)

フロストはやはりフリーザ様と変わらない性格をしていましたね!
仰る通り、善人を装うフロストの方がフリーザ様より狡猾でタチが悪いです(笑)
2016.06.22 22:15 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1597-8399250d