自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

イービル・スナイパー 番外編(荒ぶる魂を持つ赤き王者) パート9

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回はあのキャラの魂と呼べるモンスターが召喚されます。

秀樹「オレ様のターン!」バッ
ドローカード:E-HERO マリシャス・エッジ
黒魔導師クラン「マリシャス・エッジはレベル7のモンスターだから、このターンは召喚できないのだ・・・。」
秀樹「そうだな。さっき引き当てたダーク・コーリングを使ってマリシャス・デビルの融合召喚もできない。ここはこいつで攻めるしかないぜ。E-HERO ヘル・デーモンを攻撃表示で召喚!」
上級レベルモンスターの召喚を封じられた秀樹はレベル4のモンスターを召喚した。

E-HERO ヘル・デーモン 星4 闇属性 悪魔族 1900/1500(オリカ)

秀樹「墓地のボルケーノ・デビルの効果でヘル・デーモンの攻撃力は300ポイントアップ。」
墓地のモンスター効果により、ヘル・デーモンの攻撃力は1900から2200へと上昇した。
ジャック「どうやら攻撃を仕掛ける気になったようだな。さぁ、攻めてこい!」
秀樹「ヘル・デーモンでレッド・ランサーへ攻撃!ヘル・スクラッチ!!」
秀樹はジャックのモンスターへ攻撃を仕掛けた。
ジャック「手札のレッド・ミラーの効果発動!このカードを墓地へ送り、墓地から炎属性・悪魔族モンスター1体を手札に加える。」
ジャックは再びレッド・ミラーの効果を使用し、墓地のレッド・リゾネーターを回収した。ヘル・デーモンの攻撃はレッド・ランサーに直撃した。
ジャックLP5700→5400
司会者「黒澤がようやくキングにダメージを与えた!これが反撃の糸口になるのか!!」
ジャック「果たしてそうなるかな。」
秀樹「ターン終了。」

秀樹
LP 2600
場 E-HERO ヘル・デーモン、伏せカード1枚
手札 4枚

ジャック
LP 5400
場 伏せカード1枚
手札 2枚

ジャック「オレのターン!黒澤よ、そろそろ我が魂を見せてやろう!!」
司会者「会場の皆様、キングはとうとうあのモンスターを召喚するつもりだ~!!」
観客「おぉ~、早く見たいぞ!!」
ローラ「間近でアトラス様の魂が見られるの!?超ラッキー♪」
秀樹「我が魂・・・??周りの様子からクリムゾン・ブレーダーを超えるモンスターを召喚するという事か!?」
黒魔導師クラン「一体どんなモンスターなのだ・・・??」
ジャックの発言から会場のボルテージがさらに上がった。一方秀樹とクランはジャックが我が魂と称しているモンスターの正体について気になっていた。
ジャック「モンスターが相手フィールド上のみ存在する時、手札からレッド・バイス・デーモンを特殊召喚する!この効果で特殊召喚された時、能力値は半分になる。さらにスカーレット・リゾネーターを通常召喚!」
ジャックは特殊召喚も含めて、炎に包まれた悪魔族モンスター2体を自分の場に展開した。

レッド・バイス・デーモン 星5 悪魔族 炎属性 2400/2000(オリカ)
相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。この方法で特殊召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。

スカーレット・リゾネーター 星3 悪魔族 炎属性 1400/200(オリカ)
このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「レッド・リゾネーター」として扱う。このカードが「レッド」と名のついたシンクロモンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、自分のデッキからカードを1枚ドローする。このカードをシンクロ素材としたシンクロモンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。

秀樹「召喚されたモンスターの中にチューナーが含まれている。来るか!」
ジャック「レベル5のレッド・バイス・デーモンにレベル3の(カード名をレッド・リゾネーターとして扱う)スカーレット・リゾネーターをチューニング!!」
ジャックがチューニングと宣言したところ、スカーレット・リゾネーターが手に持った音叉を鳴らし、光の輪が3つ出現した。3つの光の輪はレッド・バイス・デーモンを包み込んだ。
ジャック「王者の咆哮、今天地を揺るがす。唯一無二なる覇者の力、その身に刻むがいい!シンクロ召喚!荒ぶる魂、レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト!!」
ジャックの場には全身傷だらけで右角が折れている赤いドラゴンが出現した。そのモンスターの右腕には刻まれた傷のようなものが発光している。

レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 星8 闇属性 ドラゴン族・シンクロ 3000/2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「レッド・デーモンズ・ドラゴン」として扱う。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の、このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ特殊召喚された効果モンスターを全て破壊する。その後、この効果で破壊したモンスターの数*500ダメージを相手に与える。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."ついに現れましたね〜!"
こんばんはです〜。
ついにジャックのエースモンスターが登場しましたね〜。
ジャックの強力モンスターを相手に黒澤がどう立ち向かうのか次回も楽しみです♪
そして、バイス・ドラゴンの悪魔族バージョンのモンスターも登場したようですね〜。
バイス・ドラゴンは妥協召喚能力があってシンクロ素材にしやすいので私もよく使ってました。(笑)

私は昨夜は0時から始まる深夜アニメを観ようと放送時間まで待っていたらいつの間にか寝てしまい、見逃すというハプニングがありました…。(>人<;)
昨日は不動産屋に行って色々物件を見て回ったので疲れていたのかもしれません…。(笑)
ここ数日は忙しくてブログ更新も出来てませんが、明日はいつも通り小説の続きをアップする予定です!
2016.05.29 21:57 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: ついに現れましたね〜!"
こんばんは~。
魂であるレッド・デーモンズ・ドラゴンが出ると、会場も盛り上がるだろうと思いながらこのシーンを考えました。
スカーライトを登場させるところは書いていて楽しい気持ちになりましたよ(^^)

ジャックといえば、バイス・ドラゴンとダーク・リゾネーターの【バイスリゾネーター】が定番なので、レッド版バイスリゾネーターを考えて登場させましたね~。
私もバイス・ドラゴンを使ってレッド・デーモンズ・ドラゴンをシンクロ召喚する戦術を使っていました(^^)

akさんから以前聞いていましたが、やはりお引越し関係で忙しかったんですね!
観たかった深夜アニメを見逃すのはお気の毒だと思いますが、やはり疲れていると深夜まで起きているのは結構厳しいですよ(^^;)
小説の続きはアップされましたら、拝見させて頂きますね~。
2016.05.29 22:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1574-2c1aa9a5