自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

イービル・スナイパー 番外編(荒ぶる魂を持つ赤き王者) パート6

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回は主人公黒澤 秀樹のターンになります。


司会者「続いてはチャレンジャーである黒澤 秀樹のターンです!」
ジャック「さぁ、お前のターンだ。わざわざキングに挑戦できるチャンスをくれてやったのだからな!オレをガッカリさせるな!」
秀樹「勿論そのつもりだ!いくぜ、オレ様のターン!ドロー!!」バッ
秀樹はデュエルディスクにセットしてあるデッキからカードをドローした。
黒魔導師クラン「いけいけ、秀樹!」
秀樹「オレ様は魔法カード、悪魔の施しを発動!手札の悪魔族モンスター1体を墓地へ送り、カードを2枚ドローする。オレ様は手札のE-HERO ボルケーノ・デビルを墓地へ送って、さらにデッキから2枚ドロー!!」ババッ
秀樹は手札から悪魔族であるE-HERO(イービルヒーロー)を墓地へ送って、デッキからカードをドローし、攻撃の準備を始めた。

悪魔の施し 通常魔法(オリカ)
手札から悪魔族モンスター1体を墓地へ送って発動する。デッキからカードを2枚ドローする。悪魔の施しは1ターンに1枚しか発動できない。

ドローカード:E・HERO スパークマン、ダーク・フュージョン
秀樹「よし!手札から悪魔族専用融合カード、ダーク・フュージョン発動!!」
黒魔導師クラン「早速キーカードを引いたのだ!」
秀樹「手札のスパークマンとクレイマンをダーク・フュージョンさせ、E-HERO ライトニング・ゴーレムを融合召喚!!」
黒い渦から雷の力を持った悪のHEROが出現した。
司会者「キングがシンクロ召喚を決めたのに対し、チャレンジャーの黒澤 秀樹は融合召喚を決めた!これはキングを相手に別の召喚方法で真っ向から勝負するという意味もあるのでしょうか!」
ローラ「へぇ~、黒澤君は融合を使うんだ~。」
ジャック「ほぉ、お前は融合召喚を主体にしているのか。」
秀樹「そう言う事だ!墓地のボルケーノ・デビルの効果でE-HEROの攻撃力は300ポイントアップする!」
墓地のモンスター効果により、ライトニング・ゴーレムの攻撃力は2400から2700へと上昇した。
秀樹「さらに魔法カード、イービル・グリード発動!オレ様の場に攻撃力2500以上のE-HEROが存在する時、カードを2枚ドローする!」ババッ

イービル・グリード 通常魔法(オリカ)
自分フィールド上に攻撃力2500以上の「E-HERO」と名のつくモンスターが表側表示で存在する時に発動できる。デッキから2枚ドローする。イービル・グリードは1ターンに1枚しか発動できない。

ジャック「なるほど。先程の悪魔の施しはボルケーノ・デビルを墓地へ送るだけでなく、自分のモンスター強化とイービル・グリードの発動条件を満たす為の布石か。なかなか考えているようだな。」
秀樹の戦術にジャックは多少興味を持ったようだ。
秀樹「ライトニング・ゴーレムの効果発動!1ターンに1度、モンスター1体を破壊する!ボルテック・ボム!!」ドカーン!!
ライトニング・ゴーレムは作り出した邪悪な光の塊を投げ、ジャックのレッド・セイリオスを破壊した。
司会者「お~っと、キングのモンスターが破壊された!」
ジャック「レッド・セイリオスの効果発動!フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、相手モンスター1体を破壊し、その攻撃力分のダメージを与える。レッド・ストーム!!」ゴゴゴゴゴゴッ!!!!!
ライトニング・ゴーレムの周りを灼熱の炎が包み込み始めた。
黒魔導師クラン「ライトニング・ゴーレムの攻撃力は2700。破壊されると秀樹のライフが大幅に削られるのだ!!」
秀樹「安心しろ、クラン。ダーク・フュージョンによって融合召喚されたライトニング・ゴーレムは、このターンのみ相手のカード効果の対象にはならない。よってレッド・セイリオスの効果は受けないぜ!」
ダーク・フュージョンの耐性により、ライトニング・ゴーレムは灼熱の炎を振り払った。
ジャック「ほぉ~、レッド・セイリオスの効果をかわしたか。」
秀樹「ライトニング・ゴーレムでジャック・アトラスに直接攻撃!ヘル・ライトニング!!」ズガガガガッ!!
ライトニング・ゴーレムは掌から黒い雷を出し、ジャックに直接攻撃を仕掛けた。
ジャック「手札のレッド・ミラーの効果発動!このカードを墓地へ送り、墓地から炎属性・悪魔族モンスター1体を手札に加える。」
ジャックは墓地のレッド・リゾネーターを回収した。

レッド・ミラー 星1 悪魔族 炎属性 0/0
「レッド・ミラー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードを手札から墓地へ送り、「レッド・ミラー」以外の自分の墓地の悪魔族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、自分がシンクロ召喚に成功した場合に発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

秀樹「墓地のモンスターを回収しても、直接攻撃は防げないぞ!」
ジャック「罠発動、レッド・リボーン!自分の墓地からレッドモンスター1体を特殊召喚できる。オレはレッド・セイリオスを守備表示で特殊召喚!」
罠カードの効果で先程破壊されたレッド・セイリオスを墓地から特殊召喚した。

レッド・リボーン 通常罠(オリカ)
自分の墓地から「レッド」と名のつくモンスター1体を選択する。そのモンスターを特殊召喚する。

黒魔導師クラン「墓地のモンスターが復活したのだ!?」
秀樹「それでもバトル続行だ!ライトニング・ゴーレムでレッド・セイリオスを攻撃!!」
ライトニング・ゴーレムの攻撃で復活したレッド・セイリオスは破壊された。ドカーン!!
ジャック「フン。」
ダーク・フュージョンの耐性により、ライトニング・ゴーレムに対してのレッド・セイリオスの破壊効果は適用されなかった。
秀樹「オレ様は魔法カード、融合宝物(フュージョン・トレジャー)を発動。融合召喚に成功したターン、カードを2枚ドローする。そしてカードを1枚伏せてターンを終了する。」

秀樹
LP 4000
場 E-HERO ライトニング・ゴーレム、伏せカード1枚
手札 4枚

ジャック
LP 5700
場 無し
手札 3枚

スポンサーサイト

Comment

ak says..."白熱してますね!"
こんばんはです〜。
デュエルの戦況は黒澤が押しているようですね〜。
ですが、このままおめおめと負けるジャックでは無い筈なので次回でジャックがどう反撃するのか楽しみです♪

融合主体の黒澤はドロー強化の魔法カードを多用しているようですね〜。
私の小説では今までドロー系の効果をあまり登場させていなかった事に今更気付きました。(笑)
それが原因でキャラの手札が少なくなってデュエルの展開の考案が思い通りにいかなかった事もあったので今後の参考にさせて頂きます!(笑)

レッド・ノヴァが入手できて良かったですね♪
私は明日にパックの購入結果をブログにアップする予定です!(^_^)
2016.05.14 19:25 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 白熱してますね!"
こんばんは~。
今回アップした分は黒澤が押している様子ですね!
仰る通り、ジャックもこのまま黙っている程甘くはないですし、「相手にも十分に見せ場を与える」という意味かもしれません。
デュエルも徐々に激しくなっていきますので、お楽しみに(^^)

今回はいきなり3枚も使いましたが、融合の特性上ドローカードは必須ですね(^^;)
十代のデュエルでスタッフが苦労した気持ちがわかりました。
手札の枚数を考えるのでしたら、何かしらのドロー強化は使った方がいいですよ!

ではパックの結果は明日に拝見させて頂きますね(^^)
2016.05.14 23:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1562-a438f6be