自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

イービル・スナイパー 番外編(荒ぶる魂を持つ赤き王者) パート5

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回からデュエルが始まります。

司会者「さぁ、キングのジャック・アトラス対チャレンジャーの黒澤 秀樹によるエキシビションデュエルが始まります。皆様も存分にデュエルを楽しんで下さい!」
ローラ「まさかこんなに間近でアトラス様のデュエルが見られるなんて♪黒澤君に感謝しようっと!」
ジャック「お前の持つデュエルディスクは旧型みたいだが、それを使用するつもりか。」
秀樹「あぁ、デュエルディスクは使い慣れているものがいい。」
ジャック「そうか、先攻はチャレンジャーであるお前に譲ろうか?」
秀樹「いや、結構だ。アンタから先に始めていいぜ。(手札消費が激しいオレ様のデッキでは、この世界の先攻ルールは厳しいところがあるからな・・・。)」
ジャック「良かろう、オレの先攻でデュエルを開始する!」
秀樹は手札の枚数を計算して、先攻をジャックに譲った。
観客「ジャック、ジャック、ジャック、ジャック!!」
???「いいな~。オレもジャックとデュエルしたかったな~。」
???「あんたが遅刻したからでしょ!」
???「気にすんなって、リン!」
???「本当におバカなんだから、ユーゴは・・・。」
遅れて会場入り若い男性と女性が何かを話していた。
ジャック「オレのターン!手札からレッド・スプリンターを召喚。」バッ
ジャックの場に炎の鬣と尻尾を持った馬のようなモンスターが出現した。
ジャック「このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分フィールド上に他のモンスターがいない場合、自分の手札・墓地からレベル3以下の悪魔族チューナー1体を特殊召喚できる。オレは手札からレッド・リゾネーターを特殊召喚する!」
レッド・スプリンターの効果により、音叉を持った炎の悪魔がジャックの場に特殊召喚された。

レッド・スプリンター 星4 炎属性 悪魔族 1700/1200
「レッド・スプリンター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に発動できる。自分の手札・墓地からレベル3以下の悪魔族チューナー1体を選んで特殊召喚する。

レッド・リゾネーター 星2 炎属性 悪魔族・チューナー 600/200
「レッド・リゾネーター」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

秀樹「いきなりモンスターを2体並べたか・・・。」
ジャック「レッド・リゾネーターの効果発動!このカードが特殊召喚に成功した時、フィールド上の表側表示モンスター1体の攻撃力分のライフを回復する。オレはレッド・スプリンターを選択し、ライフを1700ポイント回復させる。」
ジャックLP4000→5700
秀樹「モンスター効果のコンボでモンスターを展開するだけでなく、自分のライフの回復させた訳か。おまけにチューナーがいるという事は・・・。」
黒魔導師クラン「さっき言っていたシンクロモンスターが来るのだ!」
ジャック「オレはレベル4のレッド・スプリンターにレベル2のレッド・リゾネーターをチューニング!」
ジャックがチューニングと宣言したところ、レッド・リゾネーターが手に持った音叉を鳴らし、光の輪が2つ出現した。2つの光の輪はレッド・スプリンターを包み込んだ。
ジャック「赤き魂を持った孤狼が目覚める、熱き王者の牙で敵を粉砕し、勝利を掴め!シンクロ召喚!!現れろ、レッド・セイリオス!!」
ジャックの場には赤き炎を宿した狼のようなモンスターが出現した。そのモンスターの両腕にはそれぞれ鋭い牙を持った狼の顔があった。

レッド・セイリオス 星6 炎属性 悪魔族・シンクロ 2400/1500(オリカ)
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
フィールド上のこのカードが破壊されて墓地へ送られた時、相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターを破壊し、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

観客「おぉ~っ!!!!!」
観客「いいぞ、ジャック!!!」
ジャックのシンクロ召喚に観客から声援が飛んできた。
司会者「キング、いきなりのシンクロ召喚!これはキングのエンターテイメントの始まりでしょうか!」
秀樹「いきなりサイコ・ショッカークラスのシンクロモンスターを召喚してきたか。」
ローラ「アトラス様のシンクロ召喚を間近で見られるなんて幸せ~♪」
ジャック「さらに魔法カード、レッド・ドローを発動。自分フィールド上にレッドモンスターが存在する時、カードを2枚ドローする。」バッ
ジャックは魔法カードで手札補充を行った。

レッド・ドロー 通常魔法(オリカ)
自分フィールド上に「レッド」と名のつくモンスターが表側表示で存在する時に発動できる。デッキからカードを2枚ドローする。

ジャック「オレはカードを1枚伏せてターンエンドだ!」
ジャックは伏せカードを1枚出して最初のターンを終えた。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."始まりましたね〜。"
こんばんはです〜。
ついに黒澤とジャックのデュエルが始まりましたね〜。
ジャックはアニメと同じようにレッドモンスターを展開していますね〜。
レッド・セイリオスは漫画版ジャックが使用した天狼王ブルー・セイリオスのリメイク版のようですね〜。
ユーゴ達も観客席にいたようですね。登場するとは思っていなかったので少し驚きました。(笑)
強敵のジャックを相手に黒澤がどう挑むのか次回も楽しみです!(^_^)


2016.05.11 19:50 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 始まりましたね〜。"
こんばんは~。

アニメ同様、ARC-Vジャックはレッドデッキを使用する事にしました。
仰る通り、レッド・セイリオスは考えた天狼王ブルー・セイリオスのリメイク版ですよ!
またARC-Vと連動させるので、ここはユーゴとリンも出した方が良いかなと思って、彼らも登場させました(笑)
次回は黒澤のターンになるので、お楽しみにしていて下さい♪
2016.05.11 23:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1559-ec01f65a