自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

イービル・スナイパー 番外編(荒ぶる魂を持つ赤き王者)

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

マリー姫の小説で色々ネタを考えたいと思いますので、少しの間遊戯王小説の番外編をアップします。
遊戯王ファンなら誰が登場するのか、タイトルでわかるようになっています(笑)


ある日の事、黒澤 秀樹(くろさわ ひでき)は精霊兼パートナーの黒魔導師クランや仲間の篠原 愛里沙(しのはら ありさ)と古い遺跡のような場所でデュエルをしていた。
秀樹「オレ様はダーク・ガイアでムーン・ヴァルキリー サングリーズへ攻撃!」
愛里沙「くっ・・・。」
秀樹のモンスターが愛里沙のモンスターを破壊した。ドカーン!!
黒魔導師クラン「今日だけであの2人は何回デュエルをしているのだ?」
シルバー・フォング「それだけデュエルが楽しいって事だろう。」
黒魔導師クラン「(単純に愛里沙が負けた事を認めたくないから、デュエルが長続きしているだけなのだ・・・。)」
2人のパートナーであるクランやシルバー・フォングの話だと、今日だけでかなりの回数のデュエルをしているようだ。なお、今の段階での戦績は5勝5敗の五分五分の結果である。
秀樹「速攻魔法、融合解除!ダーク・ガイアをイービル・デーモンとビッグ・ピース・ゴーレムに分離させる!」

融合解除 速攻魔法
フィールド上の融合モンスター1体を選択してエクストラデッキに戻す。さらに、エクストラデッキに戻したそのモンスターの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、その一組を特殊召喚できる。

秀樹「イービル・デーモンでダイレクトアタック!イービル・クロー!!」ズバァッ!!
愛里沙「キャ~ッ!!」
秀樹のモンスターの直接攻撃を受けた事で、愛里沙のライフは0になった。
黒魔導師クラン「秀樹が勝ったのだ♪」
シルバー・フォング「愛里沙は負けちまったのかよ・・・。手札にオネストがあると思っていたが、残っていた手札はブラフだったのか。」
秀樹「ふぅ~、これで6勝5敗。長いデュエルはオレ様が勝ち越したって訳か。」
愛里沙「まだよ!秀(ひで)、またデュエルしなさい!!」
秀樹「はぁっ!?このデュエルでラストにするって言ったのはお前だぜ!」
愛里沙「あたしが負けたままで終わるなんて納得できないわ!」
秀樹「おい、またかよ・・・。」
デュエルは決着がついたものの、愛里沙は負けたままで終わる事に納得がいっていなく、怒りながら秀樹にデュエルを申し込んできた。
秀樹「流石に疲れたから、明日にしようぜ・・・。」
愛里沙「嫌!あたしは今デュエルがしたいのよ!!」
シルバー・フォング「お、おい、愛里沙・・・。」
黒魔導師クラン「負けたのを認めたがらない勝気な性格丸出しなのだ・・・。」
秀樹「(この遺跡で一休みとしてデュエルしたのに、逆に疲れるとは・・・。こんな事になるなら、わざと負けてやった方が良かったか・・・。でもそれはオレ様の決闘者としてのプライドが許せないし、バレたらもっと愛里沙は怒るだろうし・・・。)」
愛里沙の負けず嫌い振りに秀樹やクラン達はどうしようかと困っていた。ゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!!!!

秀樹「んっ!?何の音だ・・・?」
愛里沙「何かヤバそうな雰囲気がするわ・・・。」
黒魔導師クラン「あそこに何かあるのだ!」
クランが見つけたのは、突然近くに出現した謎の穴だった。
シルバー・フォング「あれは・・・、次元の扉だ!」
秀樹「次元の扉・・・??」
愛里沙「そういえば聞いたことがある!十代先輩達が次元の扉を開いて、異世界に行った事があるみたいよ。」
秀樹「十代先輩・・・?それって伝説の決闘者である遊城 十代さんの事か!?」
愛里沙「そうよ!あたしもデュエルアカデミアの卒業生だから、十代先輩達の伝説は聞いているわ。あたしが入学した時には十代先輩は卒業していたから、実際に会った事はないけど。」
秀樹「そうか・・・。」
遊城 十代とは、かつてセブンスターズや破滅の光、ダークネス等と戦い、世界を救った英雄として名が知れている決闘者である。秀樹は愛里沙が十代と同じデュエルアカデミアの生徒だったことを知り、何処か複雑そうな表情をしていた。
黒魔導師クラン「でも何で次元の扉が開いたのだ?」
シルバー・フォング「もしかするとこの遺跡はエネルギーバランスが不安定な場所で、黒澤と愛里沙のデュエルで発生したデュエルエナジーが次元の扉を生み出したのかもな・・・。」
秀樹「マジかよ・・・。という事はあの次元の扉に入ったら、何処か別の次元に飛ばされるのか・・・。」
愛里沙「とりあえずここから離れた方が良さそうじゃない・・・。」
秀樹と愛里沙は次元の扉から離れる事にした。しかしエネルギーバランスが不安定な為か、次元の扉から光が発せられた。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."確かに丸分かりですね〜!(笑)"
どうもです〜。Sさんの仰る通り、確かにタイトルを見て誰が登場するか分かりますね〜。(笑)
という事はあのシンクロモンスターも登場ですかね⁉︎
Sさんの遊戯王小説はGXと世界観が共通しているんでしたね〜。
十代の名前を久々に見て懐かしく感じました!(笑)
以前Sさんが仰っていた通り、愛里沙の使うカードは確かに私の小説に登場する美月の使うカードに似ていますね〜。
月関連で言えばARCーVのセレナもですね!(笑)
次回も楽しみにしています♪

私の新たな小説も明日に初公開したいと思います。初回から本編の小説の方のキャラも登場する予定です!

そして明日にSさんは遊戯王の映画を観に行かれるとの事で、明日は楽しんで来て下さい♪
私は近々もう一度観に行こうかなと思います。(笑)

2016.04.29 17:45 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 確かに丸分かりですね〜!(笑)"
こんばんは~。
勿論荒ぶる魂を持つあのキャラとその魂が登場します(笑)
GXの世界観にしているので、そのキャラと対面させるには次元の扉しかないと思って、番外編としてこの話を書きました。
本編では十代達GXキャラも登場させる予定なので、その時をお楽しみにしていて下さい♪

愛里沙もakさんの美月同様、月(ムーン)関係のカード使いで、月関連で精霊がシルバー・フォングに決まった訳です!
それも含めてピッピをモデルにしたモンスターを入れてもいいかなと考えました♪
ARC-Vのセレナやakさんの美月を見ていて、考える事は皆同じなのかなと思いましたね(笑)
新作は明日読ませて頂きますね!

瀬人の言葉を借りると、「この日を待ち侘びていたぞ!」状態です(笑)
お互いに映画を楽しみましょう(^^)
2016.04.29 22:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1547-c4c96ad1