自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート66

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


ナツメ「フーディン、サイコキネシス!」
フーディン「フーッ!!」キュイイイイッ!!!
マリー姫「ジュペッタちゃん、攻撃技を仕掛けてくるよ!」
ジュペッタ「ジュペッ!」
ナツメ「(あれはふいうちを仕掛けてくるみたいね。そうはさせないわ!)フーディン、テレポートに変更!」
フーディン「フディッ!」シュッ
フーディンはサイコキネシスを止めて、テレポートした。
マリー姫「ひっかかりましたね!ジュペッタちゃん、ゴーストダイブ!!」
ジュペッタ「タァッ!」シュッ!
ジュペッタはふいうちを仕掛けるのではなく、影の中に姿を隠した。

ナツメ「しまった・・・。攻撃技だと宣言され、ふいうちだと信じて込んでしまった・・・。」
マリー姫「とりあえず作戦成功~♪」
ピッピ「へぇ~、マリーさんもあのような奇策を取れるようになりましたか~。」
マリー姫の奇策にピッピは感心していた。
ナツメ「それなら影から出てくるところを狙うまでです!フーディン、ジュペッタを見逃しては駄目ですよ。」
フーディン「フーッ!」
フーディンは空に浮いた状態で、影の中からジュペッタが出てくるのを見張っていた。
マリー姫「ジュペッタちゃん、おにび!」
ナツメ「えっ!?」
影からはジュペッタでなく、おにびが飛んできた。ボボボボォッ
ナツメ「フーディン、サイコキネシスで防御!」
フーディン「フディッ!」ピピッ
フーディンはサイコキネシスを使って、影から出て来たおにびを消滅させた。

ナツメ「まさか影の中から攻撃してくるとは・・・。」
マリー姫「ジュペッタちゃん、今がチャンスだよ!」
ジュペッタ「ジュッ!」バッ!
今度はジュペッタが影から出てきて、フーディンの背後に回った。
ナツメ「な、何っ!?」
ジュペッタ「ジュタァッ!!」バゴーン!!
フーディン「フーッ!!」
ジュペッタのゴーストダイブがフーディンに直撃し、フーディンは地面に叩き付けられた。ドーン!!
フーディン「フ、フッ・・・。」
ナツメ「フーディン・・・。」
エスパータイプのフーディンにゴーストタイプのゴーストダイブは効果抜群であり、フーディンはダウンした。
マリー姫「やった~!大成功~!!」
ジュペッタ「ジュペジュペッ!」
マリー姫とジュペッタは勝利に喜んでいた。
ピッピ「マリーさん、ボクが教えた事をしっかり活用しましたか。」
ナツメ「負けましたわ。ふいうちを囮に攻撃を躊躇させて、おにびやゴーストダイブで攻撃を仕掛けるのが狙いだったんですね。約束通り、ゴールドバッジはあなたに差し上げます。」
ナツメは自分に勝利した証として、マリー姫にゴールドバッジを渡した。
マリー姫「ゴールドバッジ、ゲット!」
ピッピ「良かったですね~。」
マリー姫はゴールドバッジを手に入れて喜んでおり、ピッピも祝福していた。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."見事な勝利!"
こんばんはです〜。
ヤマブキジムでのバトルも決着がつきましたね〜。
まさか、ゴーストダイブの影を隠れ蓑代わりにして、おにびとゴーストダイブの二重攻撃を仕掛けるとは驚きました!(・Д・)ノ
まるでアニメのサトシのような奇策ですね〜。(^_^)
フーディンはやはり耐久力が低いようで一撃でやられてしまいましたね〜。(笑)

マリー姫はトレーナーとして着実に成長しているようで今後の展開も楽しみです♪
2016.04.27 19:56 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 見事な勝利!"
こんばんは~。
決め手になるゴーストダイブの隙をカバーする為、ナツメが警戒しているふいうちをブラフに使う事にしましたね。
最初に放ったおにびはフーディンの気を逸らす為であり、隙が出来たところをゴーストダイブで仕留める作戦にしてみました。
サトシ並の奇策を使うマリー姫も徐々に師匠?ピッピのテクニックを受け継いでいるようですね~。
威力も高めのゴーストダイブを受けたら、相性的にもフーディンはダウンするかと思います(笑)

マリー姫の小説は少しネタを考えたいと思うので、次回からは遊戯王小説をアップしていきます!
2016.04.27 21:36 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1545-a4127f00