自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート62

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回からジム戦を始めようかと思います。


次の日の朝、
メイ「マリー姫、ジム戦頑張って下さいね!」
マリー姫「はい!」
ピクシー「ピシール、寂しいと思うけど、またママが遊びに行ってあげる!」ギュ~ッ
ピッピ「お、お母さん、苦しいですぅ・・・。」
マリー姫はメイとピクシーに別れを告げ、ヤマブキジムへ挑む事にした。
マリー姫「次のジム戦は誰で挑もうかな・・・。」
ピッピ「今回のジム戦はボクなしで戦ってみて下さいね。」
マリー姫「えっ!?ピーくん無しで・・・。」
ピッピの発言にマリー姫は驚いていた。
ピッピ「この前のセキチクジムは、後半がほとんどボクの判断だったので、もっとトレーナーとして腕を磨く必要があると判断しました。」
この前のセキチクジム戦でピッピはマリー姫がまだまだ自分頼りである事に気付いていたようだ。
マリー姫「で、でも次のジム戦をクリアしたら、カロス地方に行けるんだよ!」
ピッピ「それはわかっていますけど、ヤマブキジムもボク頼りの内容だったら、リナ王妃はどう思いますか?」
マリー姫「えっ・・・!?」
ピッピ「マリーさんが自分の力でジムに挑んでいないと知って、カロス地方に行く事を許してくれないですよ。」
マリー姫「た、確かに・・・。最悪の場合はトレーナーの旅を終了させられて、説教とお仕置きされる・・・。」
ピッピ「ボクもそう思います・・・。」
マリー姫は仕事の不真面目振り等から、普段リナ王妃によってお仕置きされる事も少なくなく、アップル姫・マリー姫ともにお尻を叩かれる事を一番恐れている様子。なお、マリー姫もピッピの前でリナ王妃にお尻を叩かれた経験が多少あるらしい。

マリー姫「嫌~っ!!リナお母様のお尻ペンペンは凄く痛いし、ピーくんに見られるのだって凄く恥ずかしい!!」
ピッピ「ボクだって目のやり場に困りますし、お仕置きされているマリーさんの姿を見るのは嫌です・・・。」
その事を思い出したマリー姫は絶叫し、ピッピも表情が曇っていた。
マリー姫「で、でも負けたらどうすればいいの・・・。」
ピッピ「その時は腕を磨き直して、再チャレンジすればいいだけです。ワルイージさんだって、ルイージさんにどれだけ負けても、諦めずに努力しているんですよ!」
ピッピは自分のトレーナーであるワルイージの事を交えてマリー姫に説明した。
マリー姫「そういえばアップルお姉ちゃんも、ピーチ姫に負けた後は悔しいといいながらも、リベンジに向けてトレーニングしていたね・・・。」
ピッピ「2人とも負けたくないライバルがいるから、そこまで頑張れるんですよ。(マリーさんにもライバルがいたら、少しは変わっていたのかな・・・。)」
マリー姫「ピーくんが駄目という事は、バケッチャちゃん、ジュペッタちゃん、ニャースちゃんの誰かで挑まないといけない・・・。誰がいいんだろう・・・。」
ピッピ「相性を考えるなら、バケッチャさんとジュペッタさんが良いと思います。エスパータイプにゴーストタイプは有効ですよ。」
マリー姫「なるほど・・・。」
ピッピ「でも相性がいいからと言って、油断していたら駄目です!ポケモンバトルはトレーナーとポケモンのコンビネーションや絆も大切ですから。」
ピッピはマリー姫に出来る限りのアドバイスをしていた。ピッピのアドバイスを少し整理してから、マリー姫はヤマブキジムへ向かった。

マリー姫「お願いします!」バッ
マリー姫はヤマブキジムの扉を勢いよく開け、そこにはジムリーダーのナツメがいた。
ナツメ「私の予知通り・・・、ゴーストタイプ使いの女性が現れましたか・・・。」
マリー姫「えっ!?どうしてそれを・・・。」
ピッピ「ナツメさん自身もエスパーとしての能力も持っているみたいです。」
ナツメ「その通りです。予知では今回喋るピッピがバトルに出ないとも教えてくれます。」
マリー姫「ぜ、全部読まれている・・・。」
ナツメは予知によって、マリー姫がゴーストポケモンでジムに挑んでくる事や、ピッピがジム戦に参加しない事を知っていた。
ナツメ「では早速ジム戦を始める事にしましょう。勝負は2対2です。」
マリー姫「わ、わかりました!」
ナツメ「出でよ、バリヤード。」ビュッ
バリヤード「バリバリッ!」パカーン!
マリー姫「バケッチャちゃん、お願い!」ビュッ
バケッチャ「チャチャチャッ!」パカーン!
ナツメはエスパー・フェアリータイプのバリヤードを、マリー姫はバケッチャをボールから出した。
ピッピ「バトルが始まりましたが、マリーさんは大丈夫でしょうか・・・。」
一方ピッピは少し不安そうに見ていた。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."久々のジム戦ですね〜!"
こんばんはです〜。ようやく次のジム戦が始まったようですね!
エスパータイプ使いのナツメに対してはゴーストタイプを多く持っているマリー姫が有利そうですね〜。しかしピッピの言う通り、ジムリーダーは一筋縄ではいかないので油断は禁物ですね。ナツメを相手にマリー姫がどう挑むのか次回も楽しみです!(^_^)

リナ王妃は娘に対して厳しいようですね〜。
お尻ペンペンは痛そうですね…。(ー ー;)

ブースターパックの購入記事をブログにアップしました。
タイラントは当たりませんでしたが、私が一番欲しかったカードは当たりました!(^_^)

アニメで新たな銀河眼が登場しましたね〜。
来月発売のコレクターズパックにて早速OCG化されるようなので、来月は手に入れたいと思います!
ちなみに去年のコレパの収録カードはDMとARCーVが殆どだったので、今年のコレパはそれ以外の3作品のカードが多く収録されそうですね〜。
2016.04.10 19:02 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 久々のジム戦ですね〜!"
こんばんは~。
昨日住んでいるアパートのネットが駄目になったので、返信が遅れてしまいました(><)

仰る通り、相性だけ考えるならマリー姫が有利ですね~。
しかしマリー姫はまだ油断するところがあるので、ピッピは遠回しにそれを指摘したかったのです。
このジム戦でマリー姫も徐々にトリッキーな戦法を考えるようになってきますよ!

リナ王妃は娘や夫に厳しいところがありますね~。
元々パワーがあるリナ王妃のお尻ペンペンは非常に痛い(+恋人の前だと恥ずかしい)みたいで、アップル姫・マリー姫が一番苦手にしているお仕置きです(^^;)

記事を拝見させて頂きましたよ!
お互いに欲しいカードを入手できて良かったですね(^^)

ARC-Vで登場した新銀河眼は強力な効果を持っていましたね~。
私も次のパックで収録される事を聞いているので、どう調整されるのか気になっています。
既に5D'sや漫画GXのカードが決定しているので、色んな作品のカードを選んで欲しいですね(^^)
2016.04.11 22:13 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1527-b87c24de