自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート60

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


マリー姫「ピーくんは心配なさそうだけど、バケッチャちゃん達は大丈夫なのかな・・・。」
バケッチャ「チャボッ!」ビュッ!!
ボスゴドラ「ゴドッ・・・。」バゴッ!
ジュペッタ「ジュタァッ!!」バゴーン!!
ボスゴドラ「ゴ、ゴドッ・・・。」バタッ
ボスゴドラは、バケッチャのかげうちとジュペッタのゴーストダイブでダメージを受けて、ダメージの蓄積によってダウンした。
メイ「どうやら力を合わせて、相手を倒していたみたいですよ。」
マリー姫「そ、そうみたいですね・・・。ニャースちゃんは何処??」
ピクシー「あそこにいますよ。」
ニャース「ニャ~ッ!(待て待て~!)」ダダダダッ
ラッタ「ラタタッ!(逃げろっ!)」ダダダダッ
ニャースはロケット団のラッタを追いかけまわしていた。よく見ると、ラッタの身体中にはニャースにひっかかれた跡があった。
マリー姫「な、何やっているの・・・??」
ザングース「ザングッ!」
ピクシー「ザングースさんの話では、単純にねずみのラッタを追いかけているように見えるって言っています。」
マリー姫「あららっ・・・。」ズルッ
ピクシーを通してザングースの発言を聞いたマリー姫とメイはずっこけていた。
メイ「それって・・・、ネコの本能でねずみのラッタを追いかけているだけ・・・。」
ニャース「ニャニャッ!(あたしから逃げるな~!)」ダダダダッ
ラッタ「ラッタァッ!(猫嫌い!来るな、あっち行け!!)」ダダダダッ
マリー姫「ニャースちゃん、追いかけっこはそのくらいにして!」
ニャース「ニャ~ッ・・・。(はぁ~い・・・。)」
ラッタ「ラタッ・・・。(助かった・・・。)」
マリー姫に止められて、ニャースはガッカリしていた。一方のラッタは助かったと安心していた。しかし・・・、
ニャース「ニャーッ!!(追いかけっこが駄目だったら、一気にやっつけてやる!)」ズバァッ!!
ラッタ「ラッタァ~ッ!!!」バタッ
ニャースはきりさく攻撃でラッタをノックアウトした。
メイ「追いかけっこを止められたからって一気に倒しちゃった・・・。」
ピクシー「あの子も結構ワガママなのかもしれませんね・・・。」
ザングース「ザングッ・・・。」
マリー姫「あの性格は誰に似たんだろう・・・。」
どうやらニャースはトレーナーのマリー姫に似ている部分があるようで、マリー姫本人は気付いていないようだ。

ジュペッタ「ジュペッ!!」バゴッ!!
ツボツボ「ツボツッ・・・。」
ジュペッタがピッピに巻き付いているツボツボにゴーストダイブで攻撃し、ツボツボが攻撃を受けた瞬間、ピッピはまきつくから脱出した。
ピッピ「ジュペッタさん、ありがとうございます。」
マリー姫「ピーくん、ムーンフォースで勝負を決めて!」
ピッピ「了解です!」キュイーン!!
ピッピの身体が光り輝き始めた。しかも以前ヤマト・コサブロウとのバトルよりも光は強力になっていた。
メイ「あれはムーンフォース!?ピシールちゃんも使えるんだ・・・。」
ピクシー「や、やっぱり私は夢を見ているのかな・・・。」
メイとピクシーはピッピがムーンフォースまで使える事に信じられない様子だった。
ヤマト「まずい!グランブル、インファイト!!」
コサブロウ「ツボツボ、ヘドロばくだん!!」
グランブル「グラーッ!!」ダダッ!!
ツボツボ「ツボツッ!!」ビュッ!!
ヤマトとコサブロウはムーンフォースを放たれる前に攻撃を仕掛けてきた。
マリー姫「バケッチャちゃん、タネマシンガンで援護して!」
バケッチャ「チャボボボボッ!!!」ププププッ!!!!
グランブル「グ、グラブルッ・・・。」ドドドドッ!!!!
バケッチャのタネマシンガンにより、ツボツボのヘドロばくだんは打ち消され、グランブルも動きが止まった。
ヤマト「何!?」
コサブロウ「攻撃が妨害された・・・。」
ピッピ「それでは行きますよ!」ビュッ!!
ヤマト・コサブロウ「いや~っ!!!!」
ピッピは月の光を集めた生み出した光の球を放った。ドカーン!!
ヤマト「あのピッピにまた負けた~!!」
コサブロウ「どうやったら勝てるんだろうな・・・。」
2人「やな気持ち~!!」ヒュ~ッ
ロケット団員「ま、待って下さい、ヤマトさん、コサンジさん!!」ダダダダッ
ヤマトとコサブロウは何処かへ飛んでいき、残ったロケット団員達は逃げて行った。

ピッピ「何とか勝負がつきましたね・・・。」
マリー姫「ピーくん、お疲れ様~♪皆もよく頑張ったね!」
バケッチャ「チャチャッ♪」
ジュペッタ「ジュペペッ♪」
ニャース「ニャ~ッ♪」
マリー姫はピッピや自分のポケモン達を褒めていた。
メイ「ピシールちゃん、あたし達が見ない間に随分ワルイージに鍛えられていたみたいだね。あんなに強くなっていたから、正直驚いたよ。」
ピッピ「あ、ありがとうございます・・・。」
メイはピッピが強くなっていた事を受け入れていたようだ。
メイ「ワルイージがマリー姫の旅にピシールちゃんを同行させた理由もやっとわかったよ。」
マリー姫「ピーくんは頼もしいですよ♪」
ピクシー「ピシール・・・。」
ピッピ「お、お母さん・・・。」
マリー姫「ま、まぁ・・・、ピクシーお母様も受け入れにくい部分はあるかもしれないね・・・。」
マリー姫とピッピはピクシーがまだショックを受けていると思っていた。
ピクシー「あんなに成長していて、ママ嬉しい~!!」ギュ~ッ!!!!
ピッピ「く、苦しいですぅ・・・。」
ピクシーは息子の成長を喜びながら、ピッピを抱きしめ始めた。
マリー姫「えっ!?ピクシーお母様はショックを受けていたのでは・・・。」
ピクシー「私もピシールがあんなに強くなっていた事は想像していなかったけど、あの強さは本物だったわ!流石は私とダーリン(トゲチック♂)の息子ね♪」
ピッピ「は、はぁ・・・。(思っていたリアクションと全然違いますね・・・。)」
ピクシーの喜ぶ様子にマリー姫とピッピは戸惑っていた。
メイ「どんなに強くなっても、ピクシーちゃんにとってピシールちゃんは可愛い息子って事ね・・・。」
ザングース「ザングッ・・・。」

スポンサーサイト

Comment

ak says..."猫とネズミ…、宿命の対決!(笑)"
こんばんはです〜。ロケット団の撃退に成功しましたね!
マリー姫のポケモン達はロケット団のポケモンを次々と倒せる程、実力も上がってきているようですね〜。(^_^)
猫のニャースにとってはネズミのラッタは獲物?にすぎなかったようで無双していましたね〜。猫の恐ろしさを改めて実感しました。
私は幼少の頃に、遊びに行った祖父母の家で猫が当時飼われていたのですが、その猫に触ろうとする度に手を爪で引っ掻かれた事を思い出しました…。(笑)
子供の頃のその経験の為か、今は猫を見かけても触るのを躊躇してしまいます。(笑)
可愛いとは思いますが…。

そして、ピッピの強さに戸惑っていたピクシーでしたが、最後にはピッピの強さを認めてくれましたね。(^_^) この反応はちょっと意外でした…(笑)
誤解がとけて良かったです!(^o^)

明日はいよいよ遊戯王ARCーVの1時間SPですね♪
遊戯王アニメの1時間SPは(再放送を除けば)5D'sの最終回の時以来なので5年ぶりになりますね〜。長官と零児のデュエルはどうなるのか、そして新章も楽しみですね〜(≧∇≦)







2016.04.02 19:36 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 猫とネズミ…、宿命の対決!(笑)"
こんばんは~。
マリー姫のポケモン達は着々とレベルアップしていますね!
ニャースは猫としての本能が強いようで、ねずみのラッタを獲物だと思っちゃったようです(笑)

akさんは猫でそんなエピソードがあったのですか!?
その猫に警戒心を抱かれていたのでしょうか・・・。
私も一人暮らし時代に大きな犬に追いかけられた事がありましたね(^^;)

結局ピクシーにとってピッピは強かろうと可愛い息子である事に変わりないようです(笑)
おそらくピッピへの溺愛は今後も続くかと思います(爆笑)

いよいよシンクロ次元ラストになりますね!
そういえばZEXALは1時間SPがありませんでした~。
私は仕事でリアルタイムは観れないのですが、録画したのを観れる事を楽しみにしています♪
2016.04.02 23:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1520-77865ad6