自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート58

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


マリー姫「はい、ピーくんはピクシーお母様のバトルスキルを強く受け継いでいるようです。」
ピクシー「わ、私のバトルスキルを受け継いでいる・・・??」
メイ「それってピシールちゃんもピクシーちゃんのように強いって事・・・??」
マリー姫「簡単に言えば、そういう事になります。」
メイ「で、でもピシールちゃんは凄く人見知りで、バトルに無縁なか弱い子だったはずですよ!」
ピクシー「私が知る限り、とてもバトルが出来そう様子でもなかったので、私が代わりに全てのバトルを行いましたね・・・。」
マリー姫の説明を聞いても、メイとピクシーは納得できない様子だった。
マリー姫「御2人が知らないのも無理ありません。ピーくん本人でさえ、ワルイージさんに言われるまで気付いていなかったくらいです。」
メイ「ワルイージに言われるまで・・・??」
マリー姫「ピクシーお母様達と別れた後に、ワルイージさんはピーくんの潜在能力に気付いたってこの前聞きましたよ。それからワルイージさんとトレーニングを積んで、潜在能力を引き出す事に成功したみたいです。」
マリー姫はこの前ワルイージから聞いたピッピの潜在能力についても説明した。
ピクシー「ピシール・・・、それは本当なの・・・?」
ピッピ「はい・・・。お母さん達と離れ離れになってから、ワルイージさんとトレーニングを積みました。それでもお母さん程の強さではありませんが・・・。」
ピクシーの質問に対して、ピッピも少し言いにくそうな表情で答えた。

ヤマト「ちょっとちょっと、あたし達を無視するんじゃないわよ!」
コサブロウ「目の前にいる敵を見ないなんて、ナメているのか!!」
マリー姫達の視界に自分達が入っていない事にヤマトとコサブロウは怒りだした。
ロケット団員「今がチャンス!ゴローニャ、ころがる攻撃!!」
ゴローニャ「ゴロッ!!」ゴロゴロゴロッ!!!!
ロケット団員の1人がゴローニャを使って、マリー姫達に攻撃を仕掛けた。しかしピッピが指先からサイコキネシスを出して、ゴローニャの動きを封じた。ピッ!
ゴローニャ「ゴ、ゴロッ・・・。」フワ~ッ
ピッピ「今大事な話をしているのですから、邪魔しないで下さい!」ピピッ!!
ピッピはゴローニャをサイコキネシスで宙に浮かせ、凄い勢いで吹っ飛ばした。ドカーン!!!
ゴローニャ「ゴ、ゴッ・・・。」
ロケット団員「ゴローニャ!?」
ピッピのサイコキネシスのダメージが大きかった為か、ゴローニャはダウンした。
メイ「今の技はサイコキネシスだね・・・。」
ピクシー「そ、そういえばダーリン(トゲチック♂)もサイコキネシスを使っていました・・・。」
ザングース「ザングッ・・・。(しかし凄い威力のサイコキネシスだった・・・。)」
マリー姫「ピーくんのサイコキネシスは、タイプ不一致でもあれくらいの威力を出せるんですよ。」
メイ達はピッピが強力なサイコキネシスを使える事に驚いていた。

ピッピ「お母さんに代わって、ここからはボクが相手しますよ。」
ピクシー「ピシール、危ないわ!あんな連中は私が・・・。」
ピッピ「お母さんは疲れているので、休んでいて下さい!」
ピクシー「えっ・・・!?」
ピッピ「昔のボクはお母さんやワルイージさんに守られてきました・・・。でもボクはあの時とは違います・・・。今回はボクがお母さんを守ります!」
ピクシー「ピシール・・・。」
ピッピは今まで話せなかった思いを母親のピクシーに話した。
マリー姫「それならマリーも援護するね!バケッチャちゃん、ジュペッタちゃん、ニャースちゃん、出てきて!!」パカーン!!!
バケッチャ「チャチャッ!」
ジュペッタ「ジュペッタッ!」
ニャース「ニャーッ!!」
マリー姫はバトルに備えて、手持ちポケモン全てをボールから出した。
ヤマト「ピクシーの次はピッピとのバトルね。」
コサブロウ「お前達、数の多さを利用してピッピも倒してしまえ!」
ロケット団員は多くのポケモンでピッピ達に攻撃を仕掛け始めた。
ピッピ「えいっ!」ビュッ!!
ピッピは強力なサイコキネシスを掌から出して、ロケット団のポケモンを攻撃した。ドカーン!!!!!
グランブル「グラッ・・・。」
ツボツボ「ツボツッ・・・。」
ボスゴドラ「グォ~ッ・・・。」
ラッタ「ラッタァ~ッ・・・。」
ピッピのサイコキネシスは直撃し、ロケット団のポケモンに大きなダメージを与えていた。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."激闘ですね〜!"
こんばんはです〜。ピクシー達もようやくピッピの実力を知って驚いているようですね〜。ですが、過保護なピクシーはピッピがバトルする事についてまだ納得がいっていないような感じがするので、ロケット団との戦いが終わった後にまた一波乱ありそうな気がします…。
マリー姫は手持ちのポケモン全員を出し総力戦になりましたね〜。この戦い方はアニメでもサトシ達がロケット団を相手によくやっていますね〜(笑)

王魂調和のカードをシングルで購入されたんですね〜(^_^)
シングル購入はランダムでカードが手に入るパックとは違って、欲しいカードを確実に入手できるので良いですよね〜。(^o^)
私の昔の知り合いに、パックを一切買わずにシングル買いやトレードだけでカードを集めている人もいました…。

来週のARCーVは2話分まとめての1時間放送ですね〜。
時間を間違えて1話分見逃さないように気をつけたいと思います!(^_^)


2016.03.28 20:33 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 激闘ですね〜!"
こんばんは~。
ピクシーにとってピッピは「か弱い息子」のイメージが強いので、ピッピが強い現実にまだ心の整理がついていない状態ですね。
手持ちの総力戦は仰る通りアニメでも使っている方法なので、アニメとのコラボをテーマにしているこの小説でも使わせて頂きました(笑)

あの後シングルで安くゲットしました!
人それぞれ考え方があるので、中にはakさんの知り合いのようにシングルだけの人もいるみたいですね。
シングルには確実性、パックには何が出るかのワクワク感が含まれているように感じます(^^)

次回は1時間SPでシンクロ次元もいよいよ終わり、とうとうあのキャラがいる次元の話が始まりますね!
色々不評な事があるシンクロ次元編でしたが、私が好きなジャックと再会できた事は嬉しいと感じます(^^)
2016.03.28 22:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1514-9a976476