自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート57

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


オニドリル「ギェ~ッ!!」
オニドリルの大群はピクシー達に襲い掛かってきた。
ピクシー「それではこの技で迎撃しますよ!」ブォ~ッ!!
ピクシーは口から大の形をした炎を吐きだして、オニドリルの大群を攻撃した。ドカーン!!
オニドリル「グェッ・・・。」バタッ
オニドリルの大群にピクシーの技は直撃し、一撃でオニドリルの群れはノックアウトした。
マリー姫「今の技でワルイージさんのオクタンくんも使っていただいもんじだよね・・・?」
ピッピ「そうですね。お母さんは昔からだいもんじを使用していました。」
マリー姫「ピーくんとは技構成が違うものの、ピクシーお母様も多彩な技が使えるんだ・・・。」
ピッピ「お母さんの方がボクより威力の高い技を覚えていますよ・・・。」
メイ「ザングースちゃん、つじぎり!」
ザングース「ザグッ!!」ズババババッ!!!!!
ザングースも次々とロケット団員のポケモンを倒していった。
ヤマト「何やっているのよ!さっさと2匹を取り囲みなさい!」
コサブロウ「数の多さを利用して、奴らの隙を作るんだ!」
ヤマトとコサブロウは数の多さを利用した戦法をとるようだ。
マリー姫「ピーくん!」
ピッピ「はい、ボクもそろそろ準備を・・・。」
マリー姫とピッピもバトルに参戦する気持ちを固めていた。しかし・・・、
ピクシー「ピシール、危ないから来ちゃ駄目よ!」
マリー姫「えっ!?」
ピッピ「お母さん・・・。」
ピクシーに釘を刺されてしまい、タイミングを失ってしまった。

メイ「ピクシーちゃん、ムーンフォース!」
ピクシー「了解です!」バッ
ピクシーは月の光を集めた生み出した光の球を放った。ドカーン!!
マリー姫「ピクシーお母様もムーンフォースを!?」
ピッピ「お母さんも習得していたみたいですね。でも流石に疲れているように見えます・・・。」
ピッピの言う通り、ピクシーとザングースもたくさんのポケモンと戦っている為、少し疲れが見えてきた。
ピクシー「はぁ、はぁ・・・。」
ザングース「ザ、ザグッ・・・。」
メイ「ピクシーちゃん、ザングースちゃん、大丈夫!?」
ヤマト「作戦大成功ね!」
コサブロウ「これだけのポケモンと戦えば、流石のお前達も疲れるって訳だ!」
ピクシー「キャッ!」バゴッ!
ザングース「ザグッ!」バギッ!
ヤマトとコサブロウは大勢で戦って、ピクシーの体力を奪うのが目的だった。スタミナを激しく消耗した事で、ピクシーとザングースも相手の攻撃を受ける事が増えてきた。
マリー姫「お母様達も結構ダメージを受けてきているよ・・・。」
ピッピ「マリーさん・・・、そろそろ準備をして下さい。」
マリー姫「えっ!?でもピーくんは・・・。」
ピッピ「そんな事を言っている状況ではなさそうです。」
ピッピはマリー姫に先程話していた作戦の準備をするように小声で話した。
ヤマト「ンフフフ、あいつらもかなり疲れてきたわよ!」
コサブロウ「総攻撃で一気に叩きのめすんだ!」
グランブル「グラッ!!」
ツボツボ「ツボツッ!!」
ロケット団のポケモンが一気にピクシーとザングースへ攻撃を仕掛けてきた。
ピクシー「くっ・・・、身体が・・・。」
ザングース「ザッ・・・。(避けきれる程の体力が・・・。)」
メイ「ピクシーちゃん!?ザングースちゃん!?」
ピクシーとザングースは全ての攻撃を避ける程のスタミナは残っていなかった。すると一閃の光が凄いスピードでピクシーを横切り、ロケット団のポケモン達に直撃した。ドカーン!!!
グランブル「グランブッ・・・。」
ツボツボ「ツ、ツボッ・・・。」

メイ「い、今のは何・・・??」
ピクシー「嘘・・・。」
ザングース「ザグッ!?」
メイ達は光が飛んできた方向を見たところ、そこにいたのはピッピだった。
ピッピ「どうやら間に合ったようですね。」
メイ「まさか・・・、今の攻撃は・・・。」
ピクシー「ピシールがやったの!?」
ピッピ「・・・、そうです・・・。」
メイ「え~っ!!!!!!嘘でしょ!?あのピシールちゃんが・・・。」
ピクシー「信じられない・・・。わ、私は何かの夢を見ているのかしら・・・。」
先程の攻撃を放ったのがピッピである事にメイや母親のピクシーは動揺を隠せなかった。
ヤマト「あのピッピがとうとう動き出したわね!」
コサブロウ「やっぱりあのピッピも侮れない強さだな・・・。」
ピクシー「侮れない強さ・・・??どういう事なの・・・???」
マリー姫「ピーくんの言う通り、やっぱりピクシーお母様は知らないみたいですね。」
ピクシー「マリー姫・・・。」
メイ「マリー姫は知っているんですか!?」
メイとピクシーはマリー姫にピッピの事を質問し始めた。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."母のピンチに息子が活躍ですね〜。"
こんばんはです〜。
ヤマト達の作戦はやはり、数で押してピクシー達を疲れさせて体力を削る事が狙いだったんですね〜。流石は悪役らしい卑怯な作戦ですね〜。(褒め言葉)
ピクシー達のピンチにピッピが活躍しましたね。(^_^)
ようやくピクシーやメイがピッピの強さを知る時が来たようですね〜!
次回もロケット団とのバトルがどうなるのか楽しみです!(^o^)

今年のポケモン映画の前売り券特典はボルケニオンですね〜。
私はてっきりボルケニオンが劇場配信になると思っていたので驚きました。
…という事は、今年の劇場配信が何のポケモンになるのか気になります。
2016.03.24 21:00 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 母のピンチに息子が活躍ですね〜。"
こんばんは~。
悪役好きとして悪役がしそうな事は研究しているので、定番の流れを組み込んでみました。
卑怯な作戦をやってこそ、正義キャラにはない悪役らしさも出てくるように思いますね~。
次回からピクシーもようやく息子ピッピの強さを知る事になります(^^)

前売り券で新ポケモンのボルケニオンという事は、以前の伝説系でも映画で配信にするのかなと想像しています。
2016.03.24 21:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1511-973ace7f