自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート54

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。

マリー姫とメイはシルフカンパニーの入り口付近にいた。
マリー姫「いや~、あんなにロケット団員がいたからビックリしましたよ・・・。」
メイ「でもピクシーちゃんが倒してくれたから、安心ですよ!」
ピッピ「お母さん、お怪我はございませんでしょうか?」
ピクシー「大丈夫よ、ピシール。ピシールを狙ってきたら、ママが徹底的に叩きのめしたよ!」
どうやら下っ端のロケット団員がピッピを狙った為、ピクシーの逆鱗に触れてしまい、ピクシーは持ち前のバトルスキルでロケット団員のポケモンを次々倒していった。
マリー姫「ピクシーお母様、お強いですね~!ロケット団のポケモンが全然相手になりませんでしたよ。」
ザングース「ザグッ!(次はアタイもお供します!)」
ピクシー「私が強いのではなく、彼らのポケモンが大した事なかっただけです。」
メイ「(大したことがない相手なら、あそこまで叩きのめさなくても良かったんじゃ・・・。)」
ピッピ「(昔からお母さんのバトルは何処か迫力がありますね・・・。)」
マリー姫とザングースはピクシーの強さに尊敬の眼差しを送っているものの、メイと息子のピッピはピクシーの迫力に少し引いていた。
マリー姫「入口付近にはもうロケット団員がいませんけど、どうします?」
メイ「あたし達がわざわざ行かなくても、警察に任せるのも1つですよね~。」
ピクシー「再びピシールを狙ってきたら、その度に返り討ちにしてあげるだけですよ。」
ピッピ「そ、そうですか・・・。」
マリー姫達はシルフカンパニーへの潜入をどうしようか考えていた。すると・・・、

ロケット団員「そこの2人組!」
マリー姫「へぇっ!?マリー達の事・・・??」
ビルの中から出て来たロケット団員がスピーカーを持って、マリー姫達に話しかけ始めた。
ロケット団員「我々ロケット団に歯向かうとは良い度胸をしているな!」
メイ「先に仕掛けてきたのはそっちなのに、変な言いがかりをつけているわね・・・。」
ピクシー「あのような事を負け犬の遠吠えと言うんじゃないですか?」
ピッピ「お母さん、それは言い過ぎなのでは・・・。」
ロケット団員「黙れ!こうなったら、我々の恐ろしさを思い知らせてやる!!中へ入ってこい!!」ビュッ
ロケット団員は捨て台詞を吐いた後、ビルの中へ入っていた。
マリー姫「明らかに罠って気がしますね・・・。」
メイ「そうですよね~。もう少し上手く誘導できなかったんでしょうか・・・。」
ピクシー「あんな人は無視しましょう!」
ピッピ「それがいいかもしれませんね。」
マリー姫達はロケット団員の挑発を無視する事にした。

ヤマトとコサブロウ「って無視するな~!!!」
ヤマトとコサブロウが怒りながらマリー姫達を突っ込んだ。
マリー姫「また、あなた達ですか・・・。」
メイ「マリー姫、あの人達を知っているんですか?」
ヤマト「マリー姫、あの人達を知っているんですか?と聞かれたら、」
コサブロウ「答えないのが普通だが、」
2人「まあ特別に答えてやろう!」
ヤマト「地球の破壊を防ぐ為、」
コサブロウ「地球の平和を守る為、」
ヤマト「愛と誠実な悪を貫く、」
コサブロウ「キュートでお茶目な敵役!」
ヤマト「ヤマト!」
コサブロウ「コサブロウ!」
ヤマト「宇宙を駆けるロケット団の2人には、」
コサブロウ「ショッキングピンク桃色の明日が待ってるぜ!」
ヤマト「なーんてな!」
メイの言葉に反応して、ロケット団のヤマトとコサブロウは名乗りだした。

マリー姫「その名乗りはもう聞き飽きた・・・。」
ピッピ「毎回名乗っていますからね・・・。」
ヤマト「折角名乗っているのに、面倒くさそうにしているんじゃないわよ!!」
コサブロウ「もっと良いリアクションしろ!!」
顔馴染み?であるマリー姫とピッピは、ヤマトとコサブロウの名乗りに対して面倒くさそうな表情をしていた。
メイとピクシー「ふ~ん、ヤマトにコサンジね~。」
コサブロウ「だからコサブロウだって言っているだろう!しかも2人揃って間違えるな!!」
コサブロウはメイとピクシーからも名前を間違えられていた。
ピッピ「メイさん、お母さん、その人はコサンジじゃなくてコサブロウさんですよ・・・。」
メイ「えっ!?」
ピクシー「そうなの??」
コサブロウ「あのピッピはしっかり覚えてくれているのか・・・。やっぱり良い奴じゃないか!」
ピッピはメイとピクシーにコサブロウの名前を訂正し、その様子にコサブロウは感動していた。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."お約束ですね〜。(笑)"
こんばんはです〜。ピクシーが大活躍だったようですね〜。
凄い迫力だったようで、やはり母親は自分の子供を守る為なら普段以上の強さを発揮するようですね!
ロケット団が邪険に扱われたり、コサブロウの名前を間違えられるのは最早お約束ですね〜。(笑)
ですが、ピッピだけは名前を覚えていたようですね〜!

そして、今日は遊戯王ARCーVの放送が突然の休止で残念でしたね〜。
遊矢とジャックの決勝戦は来週までお預けですね…。(>人<;)
2016.03.06 21:26 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: お約束ですね〜。(笑)"
こんばんは~。
息子のピッピを守るとなると、ただでさえ強いピクシーの戦闘力は大幅に上昇しますね(笑)

マリー姫も段々ヤマトとコサブロウに対して邪険に扱うようになりましたね(笑)
きっと有名なムサシとコジロウだったら、こんな扱いはしないと思います。
コサブロウの名前を覚えるキャラが全然いないので、人柄的にピッピならアリかなと考えて組み込みましたね~。

仕事から帰ってきて、しっかり録画されていなかったのでショックを受けました(><)
その後で休止になった事を知ったので、二重にダメージを受ける羽目になりました・・・。
2016.03.06 22:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1495-4f680683