自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

ジャック、格好良すぎる!!!

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

今回の遊戯王ARC-Vの「魂を刻んだ右腕」を見て、ジャックの熱き魂とプライドに感動を覚えました。

セルゲイはフィールド魔法の効果でアクションカードを利用し、ジャックとレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトにダメージを与えていきました。
そしてモンスター効果でジャックのレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトを破壊するかしないかの選択を突き付けていました。
破壊しない場合は、レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトの攻撃力分だけセルゲイのライフを回復させるだけで済みます。
一方破壊すればバトルフェイズをスキップできるものの、他の地縛モンスターの効果でダメージを受けてしまうコンボを張っていました。
周りはジャックが破壊すると選択すると思っていましたが、ジャックはレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトこそ我が魂の証しであり、破壊する事等ありえないと強く主張しました。
皆の考えとは裏腹に、ジャックは破壊しない選択をとり、セルゲイのライフを回復させていました。
このシーンは、5D's時代ジャックがカーリーとのデュエルで使用した罠カードのチェンジ・デステニーを思い出させていました。
5D'sジャックもレッド・デーモンズ・ドラゴンを我が魂と称しているので、ARC-Vジャックも私の知っているジャックらしくて嬉しい発言でした(^^)

ジャックは弱体化したレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトを破壊させず、レッドと名のつく罠カード効果で守り抜いていました。
その中で「魂を極限まで燃やし、その輝きとともに勝利をつかむ。灼熱の太陽のごとく激しく燃え、宇宙にきらめく星のごとく燦然と輝く!それがオレの・・・、キングのデュエルだ!」と熱い言葉でキングのデュエルがどんなものなのかを表現していて、熱き魂を持った誇り高き決闘者であるジャックの姿に感銘を受けました。
スリップストリームで徐々に加速していくジャックは、ソリティアをする時の遊星のような道筋を見極め、一瞬の隙をついて前に出ました。
セルゲイのコンボを崩したジャックですが、アクションカードを使ってセルゲイのフィールド魔法とのコンボを使用しませんでした。
ジャックの熱き言葉にセルゲイも徐々に変化が見られ、ロジェ長官の命令でもフィールド魔法とアクションカードのコンボを使わなくなりました。
なお、ジャックが使用した罠カードの赤き魂(レッド・ソウル)で墓地に送ったモンスターは、レッド・ミラーの効果で回収したレッド・ウルフと5D's時代に愛用していたチューナーであるダーク・リゾネーターでした。
ARC-Vジャックはレッドと名のつく炎属性・悪魔族主体のデッキを使用している様子だったので、ダーク・リゾネーターが投入されていた事に驚きました。

セルゲイが壊していった為、コースが崩れてセルゲイが落下しそうになりましたが、レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトがセルゲイを救出しました。
ジャックは「デュエルの決着はデュエルでつける!それがオレのやり方だ。」という考えの為、セルゲイを助けたようです。
その姿勢に感動したのは権現坂だけでなく、暴動を起こしていたコモンズやトップスはそれぞれジャックを自分達の希望の星だと称して、声援を送っていました。
やはりジャックは殺伐としたコモンズとトップスを繋ぐ希望の星とである事は間違いなく、ユーゴが憧れるのもわかる気がしました。
ジャックの姿にセルゲイは美しく感じたようで、ロジェ長官の命令を完全に無視した上で、デュエルを楽しんでいる様子でした。
この姿に柚子はジャックの熱き心がセルゲイに通じ合ったと感じ、ロジェ長官の力による支配を否定していました。

ジャックは「貴様に聞く事が出来るか、魂の鼓動を!極限にまで燃やしたオレの魂の叫びを!オレの・・・、オレのターン!!!」と力強い叫びと共にカードをドローしました。
星野さんのツイッターによると、ラストターンでジャックがドローする時の「オレの・・・、オレのターン!」で最初の「オレの」はアドリブで追加したようです。
ジャックがドローしたのは、バーニングソウルを思わせる絵柄の装備魔法「魂を刻む右(エングレイブ・ソウル・ライト)」でした。
このカードはレッドと名のつくシンクロモンスターにのみ装備可能であり、装備モンスターより攻撃力が高いモンスターをエンドフェイズまで装備モンスターと同じ攻撃力にするようです。
演出がレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトの右腕にジャックの熱き魂が宿ったように見えて、非常に格好良く感じました(^^)
これによりレッド・デーモンズ・ドラゴンの効果破壊が有効になり、魂を刻む右(エングレイブ・ソウル・ライト)の効果でレッド・デーモンズ・ドラゴンは破壊したセルゲイのモンスターの元々の攻撃力分だけパワーアップを果たしました。
パワーアップしたレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトは炎に包まれた姿になり、格好良いだけでなく美しいです。
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトの攻撃でジャックの勝利は決まり、セルゲイはジャックの考えを理解したようです。
デュエルレーンから落下するセルゲイは美しい散りざまを邪魔するなといい、ジャックの助けを拒みました。
勝者のジャックはコモンズとトップス両方から拍手喝さいを受けており、ジャックが主人公になったのかなと思っちゃいました(笑)


今回のデュエルでも、熱き魂を持った格好良いキングのジャック・アトラスから最高のSatisfactionを頂きました(^^)
こんなに熱いデュエルを見たのは久し振りだと感じ、大満足出来る素晴らしい回でした!!
我が魂と称したレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトを最後まで守り続けつつ、熱い魂で観ている人を魅了する決闘者としてもエンターテイナーとしても素晴らしいです♪
そんなジャックの熱い魂がデュエルマシンとなったセルゲイの心を変えて、ジャックを美しいと感じようになったようです。
会場で観戦していたトップスだけでなく、暴動を起こしていたコモンズもジャックのデュエルに釘づけで、遊矢や権現坂も驚いていました。
今回ジャックのデュエルを見て、主人公の遊矢は何かを感じたのでしょうか・・・。
一方ロジェ長官は色々説明して失敗フラグを立て続け、最初は余裕だったものの、段々目を血走らせて声を荒らげるくらいの焦りを見せるようになっていました。
やはりロジェ長官は零王やユーリを恐れているこずるい小物にしか見えませんでした(^^;)

スポンサーサイト

Comment

ak says..."まさに絶対王者でした。"
こんばんはです〜。ジャックが主人公並みの大活躍でしたね〜。(^_^)
ジャックファンのSさんの喜びが感想記事から伝わってきたような気がしました♪
セルゲイはジャックのお陰でロジェ長官の洗脳が解けたようですが、これは本来は主人公の遊矢の役割だったような気がします。(笑)
スカーライトの進化系が出てくるかと思いきや出てきませんでしたね。(ー ー;)

ネタバレ情報ですが、先日に4月からの登場が確定した2人以外にもさらにもう1人、過去作のキャラが登場する噂もあるみたいですね。(・Д・)ノ

ブログにて小説の続きを更新しました。今日中に2話分更新するつもりでしたが、書けなさそうなので、今週のみ小説の更新日を増やして、恒例の木曜に加えて明後日も更新する事にしました!



2016.02.22 19:20 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: まさに絶対王者でした。"
こんばんは~。
ジャックファンの私にとって満足のいく回でした!
ジャックの格好良さにテンションが上がった状態で書いたのですが、それが伝わったんですね(笑)
今の遊矢は迷走しているので、誰かを救うというのはあまり期待できない気がします(^^;)
スカーライトの進化は残念ですが、装備魔法の効果で炎に包まれるスカーライトは美しかったです♪

その噂は私も伺っていますよ!
エフェ〇ト発動等英語を交えたあのキャラも登場するようで、あのカード達が強化されるのかなと推測しています。

akさんの好きなタイミングで小説を更新して下さいね~。
2016.02.22 23:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1485-8d1712a1