自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

シンクロ次元もどうなるやら・・・。

Posted by 自称悪魔族使いのS on   4 comments   0 trackback

遊戯王ARC-Vを観ているSです。
遊矢達がシンクロ次元に来て9ヶ月程経ち、とうとう融合次元のアカデミアが侵攻してきました。
こんなに長くシンクロ次元編をやるとは思っていなかったのですが、個人的に好きなキャラであるジャックの再登場は嬉しい限りです。
シンクロ次元に対して思った事を記事にしようかなと思います。


シンクロ次元は、遊戯王5D'sの舞台であるネオドミノシティのパラレルワールドという印象です。
ジャックやクロウ、炎城ムクロ等5D'sを観ていた方には馴染みのあるキャラがちょくちょく登場しています。
主人公の遊星は登場していないので、これは遊星が英雄的な行動を起こさなかった場合の5D's世界なのかもしれません。

世界観は5D'sに似ているのですが、5D's以上に住みにくい嫌な競争社会になっていました(^^;)
5D'sはサテライト・シティに分けられていて、サテライト住民には差別があったのですが、ARC-Vの世界はそれを上回っています。
まず人々はコモンズ・トップスに分けられていて、99%(990万人)のコモンズはスラム街で育つ厳しい生活を強いられ、1%(10万人)のトップスは贅沢な暮らしをしていました。
これは人数の少ないトップスが99%の富を握っている事から、コモンズは貧しい生活を余儀なくされているようです。
しかもお互いに相手に対して激しい嫌悪感を抱いているという5D's以上に殺伐とした関係になっていました。

5D's同様治安維持局とセキュリティも存在しますが、それらはトップスの味方である為、コモンズにとってはトップスの狗とも思える存在のようです。
コモンズはトップスの領地に入っただけで罪に問われるのに対して、トップスは違法デュエルを見ても咎められないえこひいき振りです。
シンクロ次元で一番の権力を持つ行政評議会というオリジナルの組織もありますが、彼らは自分の身の安全しか考えない自己中心的な人達なので、シンクロ次元を支配しようとしているロジェ長官と大して変わらない連中です(^^;)
トップスの人々は、コモンズの事を目障りだと思っていたり、何処か上から目線をしている悪い貴族風な人が多いのが特徴です。

一方のコモンズはコモンズで、生き方や考え方にも問題がある部分もあります。
トップスに成り上がったジャックを裏切り者と呼ぶ人もいたり、ロジェ長官の策略を鵜呑みにして遊矢を非難しているシーンがありました。
この事からコモンズは僻み根性を持った人が比較的に多いようで、徳松さんのような良心的な人が少ないみたいです(^^;)
あのクロウでさえそういう面を見せていたので、トップスへの強い不信感が心を曇らせているのかもしれません。
ジャックや徳松さんのように行動を起こそうとする人もほとんどいない為、長年押さえつけられるという悪循環に陥っています。
シンジはコモンズを団結して革命を起こそうとしているのですが、その革命は怒りの感情に任せている節があったり、成功しても何もならないものにしか感じません(^^;)
Dホイールに乗ってデュエルする「ライディング・デュエル」は、コモンズの遊びから生まれ、コモンズがトップスの鼻を明かしたいという理由で大流行したものとなっています。

5D'sライバルキャラであるジャックもコモンズ出身でありますが、ある目標の為に強くなろうと精進し、フレンドシップカップで優勝を果たしました。
ジャックはコモンズ出身初のデュエルキングとなり、一気にトップスターへと上り詰めていったようです。
ジャック本人はコモンズでどん底の生活を経験した事で、そこから這い上がろうと決意出来た為、コモンズは自分の誇りであり原点だと語っていました。
しかし当のコモンズはジメジメとした嫉妬心から、ジャックを「トップスに魂を売った裏切り者」だと誤解している人も少なからずいる為、非常に残念に思えます(^^;)
ジャックは今の段階で1回しかデュエルしていませんが、その強さは本物であり、決闘者としてもエンターテイナーとしても遊矢を圧倒する実力を披露していました。
5D'sのキング時代の性格をしているのですが、ARC-Vのジャックは昔より厳しさを持った大人のように感じます。
赤馬 零児の弟である零羅をかつての自分と重ねる部分があったようで、自分の過去を話した上で零羅を激励し、成長を期待していると発言していました。
この発言が悪い方向へ向かっていた零羅を成長させる事になり、零羅もジャックの言葉を胸に勇敢に戦うようになっていました。
ARC-Vクロウが少し暗い部分を持っていたので、ジャックも変わっているのか不安だったのですが、ARC-Vジャックは私が知っているジャックだったので安心しました。
ジャックはコモンズでも上へ行ける事を証明したので、「同じコモンズが積極的に行動を起こして、どん底から這い上がってくる」事を望んでいるのかもしれません。

スポンサーサイト

Comment

ガエンボーⅡ世 says...""
シンクロ編が終ったらいよいよ融合編になるんでしょうか?ユーリがようやく出てきたんでちゃんと活躍して欲しいです、今一番出てほしいカードはオベリスクフォースの古代の機械猟犬です融合のブースターに入れてほしいです何か現在の遊戯王は本当に暗すぎですね、シンクロ入る前から勝鬨が出てきてから暗くなってきた気があそこら辺から見てて嫌になるようになってきました、梁山泊はオベリスクフォースや捕獲隊ですらしないデュエル中での暴力を平気で行うとんでもない連中だし、勝鬨も遊矢に対する八つ当たりで嫌だったし、自分5DS好きなんですけどシンクロ編に比べればそこまで酷くないと思います、ゴドヴィンはロジェ長官に比べればちゃんとした目的があって好感が持てる所もあったし、5DSは完全なメイン敵の悪人がディヴァインとロットンぐらいしかいなかったのが好きだったのに、シンクロ編は登場人物が悪すぎて好きになれません、一般人は盗みをしないと生きていけないってレベルの世界なんで本当に恐ろしいすぎると思います、アカデミアだけじゃなくてシンクロ次元もどうにかしないゃ行けないと思います
2016.02.09 06:59 | URL | #- [edit]
ak says..."トップスとコモンズの争いは嫌ですね〜。"
こんばんはです〜。一部の視聴者の中ではシンクロ次元編は全体的に不評のようですね。
シンクロ次元編が始まった頃は1年間くらい続くとは思いませんでした。
ジャックやクロウなどの過去シリーズのキャラが出てくるのは嬉しいですが、シンクロ次元編が長いとARCーV本来の魅力が薄れているような気がします。せっかくARCーV独自のアクション・デュエルというシステムがあるのですから、もっと普通のアクション・デュエルをやる機会を増やしても良いと思います。
「戦いの殿堂に集いしデュエリスト達が〜(以下略)」の台詞も久々に聞きたいです。
おまけにシンクロ次元のキャラは魅力的なキャラが少ないと思います。
トップスとコモンズの対立で治安が悪い上に、本来、治安を良くする筈の治安維持局のトップが私利私欲の為に動いていますし…。(ー ー;)

風邪の件ですが、やはりホントに風邪だったようです。今日から咳も出てきました。
ですが今の所、症状は軽くて私自身はとても元気なのでご安心を〜。

それと昨日のコメントで書き忘れましたが、シリアスorコメディの質問についてのご返答ありがとうございました〜(^_^)
今後、小説のストーリーを考える上での参考にさせてもらいます♪

2016.02.09 19:11 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。
シンクロ次元の決着がついたら、今度はアカデミアとの戦いが待っていそうですね。
アカデミアは柚子を狙っているので、戦いは激しさを増してくる事が予想されます。

梁山泊はラフプレイOKの方針でいる為、後味の悪いデュエルになってしまうようですね。
そんな方針の養成所からプロを輩出しても、何もならない気がします。
確かに遊矢が闇化するようになってから、徐々に暗くなっていきましたね・・・。

ゴドウィン長官はまだ悪役としても威厳があるように感じ、それに対してロジェ長官はこずるい小心者といったイメージですね。
確かに5D's時代の悪いキャラはその2名くらいですが、シンクロ次元のキャラは短所が目立つのが多いです。
新規キャラの中だと、ユーゴ、リン、徳松さんあたりが魅力はあると思います。
シンクロ次元は両極端かつ異常な価値観を持った競争社会なので、絶対に住みたくない世界に感じます。
評議会や治安維持局があんな様子なら、世界を何とかするのは簡単にいかないレベルまで達していますよ・・・。
2016.02.09 22:32 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: トップスとコモンズの争いは嫌ですね〜。"
こんばんは~。
シンクロ次元編は不評な部分があるみたいですね。
アクションカードでデュエルが左右されるのはあまり好きじゃないのですが、勝敗に厳しいシンクロ次元だとアクションデュエルも殺伐とした様子になっているように感じます。
「戦いの殿堂に集いしデュエリスト達が〜(以下略)」や「シビれるぅ~。」等が最近聞けないのは寂しいですね・・・(^^;)

確かに魅力的なキャラが少ないのは言えていますね。
ジャックとクロウを除く新登場のキャラだけで考えると、個人的に魅力的なのはおバカなユーゴ、母性的なリン、情に篤い徳松さんくらいしか思いつきません(^^;)
上から目線のトップスと僻み根性のコモンズ、評議会や治安維持局のロジェ長官の自己中心振り等、それぞれ短所が目立つ傾向が強いと思います。

やはり風邪だったのですか・・・。
こちらではインフルエンザが流行っているみたいなので、akさんも症状が軽いからと言って油断しないで下さいね~。

参考になったのでしたら、良かったです!
ユリヤ編はシリアスになってくると思っているので、どんな流れになるのかを楽しみにしています(^^)
2016.02.09 22:43 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1469-b98d0b2b