自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート46

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。


キョウ「クロバット、かみつく攻撃!」
マリー姫「ジュペッタちゃん、ふいうち!」
クロバット「クロバァ~ッ!!」
ジュペッタ「ジュタァ~ッ!!」バゴッ
クロバットのかみつく攻撃前に、ジュペッタが先制技であるふいうちを決めた。ふいうちは相手が攻撃技を仕掛けた場合のみ、先制攻撃が出来る悪タイプの物理技だ。
クロバット「ク、クロッ・・・。」
キョウ「今のはなかなか攻撃だったでござるよ。」
マリー姫「ピーくんから使い方を教わっておいて良かった♪」
ジュペッタ「ジ、ジュッ・・・。」ヨロッ
攻撃を決めたジュペッタがよろめき始めた。
マリー姫「ジュペッタちゃん、大丈夫・・・?」
ピッピ「マリーさん、ジュペッタさんは猛毒でかなりのダメージを受けているはずです!一旦交代した方がいいですよ。」
キョウ「(あのピッピは状況判断に長けているようでござるな。)さて、どうするでござるか?」
ピッピやキョウの発言から、ジュペッタは猛毒のダメージで体力をかなり消耗しているようだ。
マリー姫「じゃあ猛毒が全身に回る前に決めるしかないね!ジュペッタちゃん、ダストシュート!!」
ジュペッタ「タァッ!!」ビュビュッ!
ジュペッタは再び口から紫色の液を吐き出して、クロバットに攻撃した。
ピッピ「マリーさん、駄目です!」
マリー姫「えっ!?」
キョウ「そんな事では拙者を倒すことは出来ぬ!クロバット、かわしてベノムショック!!」
クロバット「バァッ!!」ビュッ!!
ジュペッタのダストシュートを軽快に避けたクロバットは口から特殊な毒液をジュペッタに向けて放った。
ジュペッタ「ジュタァッ・・・。」バタッ
ベノムショックはジュペッタに直撃し、ダメージの蓄積によりジュペッタはダウンした。

マリー姫「ジュペッタちゃん!?戻ってゆっくり休んで!」ビッ
マリー姫はジュペッタをサファリボールへ戻した。
ピッピ「ベノムショックは毒状態の相手に攻撃する場合、ダメージが2倍になる毒タイプの特殊技です。どくどくはこの為の伏線でもあった訳ですね・・・。」
ピッピはどくどくがポケモンにダメージを与えるだけでなく、ベノムショックとのコンボになっていた事に気付いた。
キョウ「この結果はお主のミスでござる。」
マリー姫「ど、どういう事です?」
キョウ「ジュペッタはどくどくのダメージでかなり弱っていた。しかしお主はそれを見抜けず、勝負を急いで攻撃を仕掛けた事が原因になった訳でござるよ。」
マリー姫「うっ・・・。」
キョウは先程の攻防でマリー姫がどんなミスをしたのかを指摘した。
ピッピ「ジムリーダーだけあって、的確に突いてきましたね・・・。」
キョウ「ポケモントレーナーであれば、自分や相手のポケモンがどういう状況なのかをしっかり把握するべきでござる!」
マリー姫「確かにさっきの攻撃は勝負を決めようと焦って指示したもの・・・。あれじゃあジュペッタちゃんが可哀想だった・・・。ごめんね・・・。」
マリー姫は自分のミスでジュペッタを苦しめていた事を反省していた。

ピッピ「次はボクが相手をしますよ!」バッ
ジュペッタが倒れた為、ピッピが再びバトルに戻る事になった。
マリー姫「ピーくんも猛毒状態になっているけど、大丈夫なの・・・?」
ピッピ「毒のダメージは受けていないので、まだ戦えますよ。しかしベノムショックを受けたら、相性を含めてボクも倒されてしまう危険性があります・・・。」
ピッピもモルフォンによって猛毒状態にされているだけでなく、毒タイプのベノムショックはフェアリータイプのピッピに効果が抜群である。その為、ベノムショックがかなりダメージになる事をピッピは危惧していた。
キョウ「お主のピッピは実力だけでなく、状況を見極める判断力も持っており、見どころがありそうでござるよ。」
マリー姫「ピーくん、頑張って!」
ピッピ「わかりました。ではボクがお相手致しましょう!」
キョウ「クロバットの動きについて来られるでござるかな?」
ジム戦はテクニックのピッピ対スピードのクロバットの最終戦になった。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."ピンチのようですね〜!"
どうもです〜。マリー姫はトレーナーとして少し成長したようですが、まだまだな部分もあるようですね〜。毒タイプのクロバットに対して、同じく毒技で効果いまひとつのダストシュートを当てようとしていたので相当勝負を焦っていたように感じます。
次回はピッピがバトルするようですが、相手は苦手な毒タイプなので苦戦するかもですね〜。ピッピとマリー姫がこのピンチをどう切り抜けるのか気になります。(^_^)

私も明日には小説の続きを更新する予定です!
メインヒロインの過去の謎が明かされていく話に入ります!
来週辺りまでシリアスな展開が続くと思いますが、Sさんはシリアスな暗めの話とコメディ的な明るい話のどちらが好きでしょうか?
2016.02.07 17:04 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: ピンチのようですね〜!"
こんばんは~。
今回はマリー姫が成長しているものの、まだまだワルイージやアップル姫に及ばない事がわかるように描いてみました。
akさんの指摘した効果今一つのダストシュートの使用や、猛毒状態でジュペッタを長く戦わせた事が敗因ですね。
サトシもドンファンを勝った勢いのままでミロカロスとバトルさせた事があり、それをヒントに今回の流れを考えました!
次回ピッピの頭脳的なバトルをお見せできると思います(^^)

あのキャラの秘密がわかるんですか!それは楽しみです♪
私はコメディ的なノリが好きなのですが、シリアスな回も時には必要だと思いますね~。
現にドーマ編はシリアスで暗い回が多かったのですが、今見ても面白いと感じています。
2016.02.07 22:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1467-fe14e761