自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

デーモン・ソルジャーとの出会い

Posted by 自称悪魔族使いのS on   0 comments   0 trackback

PA0_1310.jpg
黒魔導師クランに続いて、思い入れがあるデーモン・ソルジャーについて記事にしたいと思います。

デーモン・ソルジャーとの出会いは、第3期パックである闇魔界の脅威から始まりました。
当時の私は既にダーク・ネクロフィアデッキを使用していたのですが、その中でブラッド・ヴォルスが悪魔族ではない事に大きな不満を抱いていました(^^;)
とりあえずブラッド・ヴォルスを入れつつも、悪魔族の主力としてジャイアント・オークやレッド・サイクロプスもデッキに入れていました。
そして新たなカテゴリとしてデーモンが初登場を果たした闇魔界の脅威に、悪魔族で攻撃力1900のデーモン・ソルジャーがノーマルカードとして収録されている事を知りました。
元々何処かのサイトのカードリストを見ていて、早速手に入れようと闇魔界の脅威のパックを購入していきましたが、なかなか当たらなかったです(^^;)
何パックか購入したところ、やっとデーモン・ソルジャーを1枚引き当てて、私の好きな紫色中心かつデザインの格好良さから一目で気に入りました(笑)
それから3枚集める事に成功し、今までのモヤモヤ感を解消する事が出来、悪魔族デッキもバランスが良くなっていきました。
また現在禁止カードである黒き森のウィッチでサーチする事も可能だったので、3枚積みも含めて比較的手札に加えやすかったです。

スピリットサモナーにデーモン・ソルジャーは収録されていなかったので、この時は効果付きのニュートで代用していました。
DSソフトでデーモン・ソルジャーが収録されるようになったのも、5D'時代からになります。
アニメGXでは暗黒界の斥候 スカーがデーモン・ソルジャーを召喚したものの、十代のサンダー・ジャイアントの効果であっさり破壊されてしまいました(^^;)
また鬼柳がチーム・サティスファクション時代に使用していた事が回想で確認できました。

なおEXPERT EDITION Volume.1以降に再録されたデーモン・ソルジャーは、闇魔界の脅威の時よりも紫色が薄くなっているように見えました。
現在はデーモンサポート効果を持つデーモンの騎兵というライバルもいますが、私はデーモン・ソルジャーとデーモンの騎兵を両方ともデッキに投入しています。
デーモン・ソルジャーを手にした事を思い出すと、デッキに入れたくなる傾向があるようです。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1424-1e9ff5d1