自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート37

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回は珍しいあのポケモンが登場します。

マリー姫「カイお父様にはサイドンで良いとして、リナお母様には何がいいかな~・・・。」
ピッピ「リナ王妃は可愛いポケモンが好きなんですよね?」
マリー姫「そうだね。ピーくんの事を凄く気に入っているだけでなく、ミルちゃんやセリーヌ(ピッピ♀)ちゃんもかなり愛情を注いでいるんだよ!」
ピッピ「う~ん・・・。ゲットするのが難しいのですが、ラッキーをゲットされてはどうです?」
マリー姫「ラッキー・・・??一体どんなポケモンなの?」
ピッピ「こんな感じですね。」ピッ
ピッピは持ってきたタブレット端末を使って、ラッキーの画像を見せた。
マリー姫「結構可愛いポケモンだね!これならリナお母様も満足すると思うよ♪」
ピッピ「しかし大きな問題がありまして・・・、ラッキーは非常に珍しいポケモンなうえに、かなりゲットしにくいという話みたいです・・・。」
マリー姫「えっ!?ピーくん達ピッピ以上に大変なの?」
ピッピ「少なくともボク達ピッピ以上に捕まえにくいポケモンですよ・・・。サファリゾーンではケンタロスとガルーラに続く捕まえにくさで、多くのトレーナーを困らせたという噂です。」
マリー姫「そんなに大変なの・・・。それじゃあマリーがゲットできるのもわからないよ・・・。」
ピッピの話を聞いたマリー姫はラッキーの捕まえにくさに落胆した。すると・・・、

ラッキー「ラッキ~♪」
マリー姫達の前に野生のラッキー♀が出現した。
マリー姫「えっ・・・!?ピーくん、あれがラッキーだよね・・・??」
ピッピ「は、はい・・・。」
珍しいラッキーが突然現れて、マリー姫とピッピは驚きを隠せなかった。
マリー姫「マリーは何て運が良いんだろう♪ここでラッキーちゃんをゲットしてみせるよ!」ビュッ!!
ピッピ「あっ!?マ、マリーさん、落ち着いて・・・。」
マリー姫はラッキーに対して、いきなりサファリボールを投げ始めた。
ラッキー「ラキッ!」バッ
ラッキーは軽快な動きでマリー姫が投げたサファリボールを避けた。
マリー姫「よ、避けた・・・!?」
ピッピ「ラッキーが捕まえにくい理由の1つは、逃げ足の速さなんです・・・。」
実際のポケモン図鑑でも、ラッキーは逃げ足が速いと記載されている場合がある。
マリー姫「可愛い顔してやるわね・・・。」
ピッピ「逃げ足の速さと警戒心によって、捕まえるのは骨が折れると思いますよ・・・。」
ラッキー「ラキキッ!」ダダッ
野生のラッキーは逃げ出した。
マリー姫「あっ、逃げた!?ピーくん、追いかけよ!」
ピッピ「は、はい!(逃げ出した野生のポケモンを追いかけるのは、あまりない経験ですね・・・。)」
マリー姫とピッピは逃げ出したラッキーを追いかけた。

マリー姫「このこのこのこのっ!」ババババッ
ラッキー「ラキッ!」ビュッビュビュビュッ
マリー姫はサファリボールを投げ続けたが、動きが素早いラッキーにことごとく避けられていた。たまにボールに入ったとしても、すぐにボールから出てくる結果だった。
マリー姫「ムキーッ!いい加減に捕まってよ!!」
ピッピ「噂通り、やはりラッキーは捕まえにくいポケモンみたいですね・・・。」
マリー姫はラッキーが捕まらない事にイライラしていた。すると・・・、
ラッキー「ラキッ・・・!」バゴッ!!
ラッキーはマリー姫を見ながら逃げていた為、近くにあった木に激突した。
ラッキー「ラァ~ッ・・・。」バタッ
木にぶつかったラッキーは気を失った。
マリー姫「あれ・・・?気絶しちゃった・・・。」
ピッピ「あのような事もあるんでしょうか・・・。」
マリー姫とピッピは意外な展開に驚いていた。
ピッピ「マリーさん、今がチャンスですよ!」
マリー姫「そうだね、サファリボール!」バッ
マリー姫は眠っているラッキーにサファリボールを投げた。ヒットしたサファリボールはラッキーをボールの中へ収納し、ボールが揺れていた。ラッキーが気絶している為か、抵抗する事無くボールからカチッと音が鳴って、揺れも止まった。
マリー姫「やった~、30分に渡る激闘の上でラッキーをゲットしたよ!」
ピッピ「おめでとうございます。これでリナ王妃も喜ぶと思いますよ!」
苦戦しながらもラッキーをゲットして喜ぶマリー姫だったが、この後ある事実に気付く事になった。

スポンサーサイト

Comment

かなりん says...""
おはようございます。

ゲームボーイのポケモンレッド・グリーンを私が小学生のときにプレイして、
サファリゾーンでケンタロスとガルーラには出会ったことがありますが、ラッキーは1度も出会ったことがないです…。(汗)
ラッキーに出会い、ゲットできたプレイヤーはきっと喜ぶだろうと改めて思いました。
2015.12.20 08:38 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~。

ガルーラとケンタロスは会った事があるんですか!
私はどれも全く会った事がなかったですね・・・。
ラッキーは出会う・ゲットが大変なポケモンだったので、それを小説に組み込ませて頂きました。
2015.12.20 22:34 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1418-6bbb5ce9