自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート32

Posted by 自称悪魔族使いのS on   2 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回でヤマトとコサブロウ戦は終わりますが、今後も2人を登場させていく予定です。


ヤマト「あたし達とバトル中にいちゃつくなんて良い度胸ね・・・。ヤミラミ、やっちゃいなさい!!」
ヤミラミ「ヤミ~ッ!!」
マリー姫「バケッチャちゃん、タネマシンガンで攻撃!」
バケッチャ「チャボボボッ!!」プププププッ!!!
バケッチャは口から勢いよくタネを飛ばした。
ヤマト「ヤミラミ、みだれひっかきで防御よ!」
ヤミラミ「ヤミミミミッ!!」ガギギギギギギッ!!!
ヤミラミはみだれひっかきでタネを次々と弾き飛ばしていた。
ヤマト「そんな攻撃は効かないわよ!」
ピッピ「それはどうでしょうか?」ピピッ
ピッピはサイコキネシスで弾き飛ばされたタネを操り、ヤミラミに攻撃を仕掛けた。
ヤミラミ「ヤ、ヤミッ・・・。」ドドドドドドッ
コサブロウ「サイコキネシスを味方の技に使うなんて・・・。」
ヤマト「そんなの反則よ・・・。」
マリー姫「流石、ピーくん♪」
ピッピ「サイコキネシスにはこういう使い方もあるんですよ~。」
コサブロウ「グラエナ、ピッピにはかいこうせんだ!」
グラエナ「グォ~ッ」ゴゴゴゴゴッ!!
グラエナは口に光をチャージし始めた。

ピッピ「ほぉ~、はかいこうせんを使えるんですか。サイコキネシスで防御する事も出来ますが、ここはれいとうビームで迎撃しましょう。」キュイ~ン!!
ピッピも指先に光をチャージし始めた。
グラエナ「グラエッ!!」バシュッ!!
ピッピ「えいっ!」ビッ!!
ピッピのれいとうビームとグラエナのはかいこうせんが激突し、大きな爆発が起きた。ドカーン!!!
コサブロウ「ま、まさかこれも効かないとは・・・。」
マリー姫「本当にはかいこうせんを打ち消すなんて・・・。(トレーナーになって気付いたけど、ポケモンバトルでピーくんを敵に回すと怖いかも・・・。)」
ピッピ「どうしました、マリーさん?」
マリー姫「な、何でもないよ!」
マリー姫はポケモントレーナーとして旅に出た事で、少なからずピッピの強さが理解できた様子。
グラエナ「アオ~ン・・・。」
コサブロウ「まずい、グラエナが疲れてしまった・・・。」
ヤマト「どうやらはかいこうせんのデメリットで、グラエナは身動きがとれなくなったわ・・・。」
はかいこうせんは威力が高い分、使った反動で次のターンは動けなくなる為、諸刃の剣と言える技である。

ヤマト「ヤミラミ、シャドーボール!」
ヤミラミ「ヤァ~ミッ!」ビュッ!
ヤミラミは黒い影の塊をピッピに向けて放った。
マリー姫「バケッチャちゃん、かげうちでシャドーボールの軌道を変えて!」
バケッチャ「チャチャッ!!」ビュッ!
バケッチャは伸ばした影から大きな腕を出し、シャドーボールにぶつける事で軌道を逸らした。
ヤマト「あんな方法でシャドーボールを防御したなんて・・・。」
ピッピ「マリーさんもなかなかやりますね。ではそろそろ終わりにしますか!」キュイーン!!
ピッピの身体が光り輝き始めた。
マリー姫「ムーンフォースで勝負を決める気なんだね!」
ヤマト「ムーンフォース・・・??」
コサブロウ「まずい、フェアリータイプの技は悪タイプのヤミラミとグラエナに効果抜群だぞ!」
ピッピ「どうやらご存知だったようですね。ではムーンフォースを受けてみて下さい!」ビュッ!!
ピッピは月の光を集めた生み出した光の球を放った。ドカーン!!
ヤマト「今度は成功すると思ったのに~!!」
コサブロウ「でもあのピッピが俺の名前を覚えてくれていたのは嬉しかったな・・・。」
2人「やな気持ち~!!」ヒュ~ッ
グラエナ「アオ~ン・・・。」
ヤミラミ「ヤミ~ッ・・・。」
ヤマトとコサブロウは何処かへ飛んで行った。

マリー姫「ふぅ~、とりあえず今回も追い払ったね・・・。バケッチャちゃん、お疲れ様!」ビッ
マリー姫はバケッチャをモンスターボールへ戻した。
ピッピ「バトルを見ていると、マリーさんも少しはトレーナーらしくなったようですね!」
マリー姫「まぁね、マリーはやれば出来る子なのよ!本気を出せば、お仕事だってチョチョイのチョイなの♪」
ピッピ「は、はぁ・・・。(それなら普段から真面目にお仕事をしていたら、リナ王妃もあんなに怒らないのでは・・・。)」
マリー姫「じゃあセキチクシティへ向かおうよ!まずはサファリゾーンでポケモンをゲットして、戦力を補強する事にしましょう♪」
ピッピ「わかりました。アップルさんへのお土産もそこでゲットされるんですか?」
マリー姫「そうしようとは思っているんだけど、問題はアップルお姉ちゃんがどんなポケモンを気に入るかなんだよね・・・。」
マリー姫はアップル姫にお土産として渡すポケモンについて悩んでいた。
ピッピ「少なくともアップルさんが苦手なゴーストタイプのポケモンは駄目として、可愛いポケモンがいいのではないですか?」
マリー姫「可愛いポケモンね~・・・。それも考えたんだけど、プクリンちゃんみたいにピーくんを狙うような子は嫌だし・・・。」
ピッピ「そ、そうですよね・・・。(ボクがプクリンさんに絡まれた時のマリーさんは凄く怖いです・・・。)」
アップル姫のプクリン♀はワルイージのピッピ♂が好みなようで、隙あらばピッピにアプローチをしている為、マリー姫にとっては恋のライバルである。なおピッピはプクリンに対して少し苦手意識を抱いている。

スポンサーサイト

Comment

ak says..."冬になりましたね〜。"
こんばんは〜です!
マリー姫も着実に強くなっているようですね〜。
ピッピはXYからフェアリータイプに変更されたんでした〜。私としては未だにノーマルタイプのイメージがあります。(笑)
プリンはノーマルが残り、フェアリーとの複合なので、去年くらいまではプリンとピッピ、どっちがノーマルとフェアリーの複合だったかと覚えるのに時間が掛かりました。(笑)

いよいよ12月に入り、今年も本格的に冬が始まりましたね。
なので、季節に合わせて私のブログのデザインを変更してみました〜。
また来年の春になったら変える予定です!

Sさんの小説を読んでいたら、私も自作小説を創作したくなってきました。
内容はポケモンか遊戯王のどちらかにするつもりです!(^_^)
2015.12.01 21:48 | URL | #- [edit]
自称悪魔族使いのS says..."Re: 冬になりましたね〜。"
こんばんは~。
マリー姫も少しずつ強くなっていますね!
まだまだ甘い部分があるので、遊馬のように少しずつ成長させていく予定です。
私も大好きなピッピの事なので、もう頭の中で切り替えています(笑)
昔からやっていると、変更点が覚えられない部分もありますよね~。

akさんはブログのテンプレートを変更されたんですよね!
本日お邪魔させて頂いた時に確認いたしました♪
季節ごとに変えていくのもなかなか面白いですよ(^^)

小説に興味が沸き始めたのですか!
遊戯王も書いていた事があるのですが、カード効果やルールを確認するのが結構大変でしたね(^^;)
興味がある作品のものを書いていくと面白いと思います♪
2015.12.01 22:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1398-5c3567fa