自称悪魔族使いのSの暗黒趣味日記

ようこそ、ここは悪魔族使いを自称する私の不思議な世界です♪

マリー姫、ポケモントレーナーになる パート19

Posted by 自称悪魔族使いのS on   0 comments   0 trackback

小説の続きをアップします。
今回はワルイージに献上するポケモンをゲットする為、ピッピがバトルする話になっています。


ピッピ「さぁ、何処からでもかかってきていいですよ。」
デルビル「デルッ!!」バッ!
デルビルは素早い動きでピッピに向かっていったものの、ピッピに軽く避けられていた。
マリー姫「ピーくん、あんなに速い動きの相手を簡単に避けている・・・。」
ピッピ「素早い動きはなかなかのものですね。」
デルビル「ビルルルッ・・・。」
攻撃が全く当たらず、デルビルは悔しがっていた。
ピッピ「それだけではボクには勝てませんよ!どうしますか?(このまま黙っている感じではないでしょうから、これからが本領発揮でしょうね。)」
ピッピはデルビルを挑発して、デルビルの能力を見極めようとしているようだ。
デルビル「デルッ!」モァ~ッ
デルビルは口から煙を吐き出して、辺りが煙に覆われ始めた。
マリー姫「ゴホッ、ゴホッ、あの技は何なの!?」
ピッピ「これはスモッグですね。煙幕としても使われる事があるみたいです。(つまり自分の姿を隠して攻撃しようという訳ですね。)」
デルビル「デルビッ!」ビッ!
スモッグに姿を隠したデルビルは黒いオーラを口から放ち、ピッピを攻撃した。ドガーン!!
ピッピ「うわっ・・・。」バタッ
デルビルの攻撃はピッピに直撃し、ピッピは倒れた。
マリー姫「ピーくん、大丈夫!?」
ピッピ「えぇ・・・、大丈夫ですよ。今の技はあくのはどうでしたが、野生のデルビルがこの技を覚えているとは驚きましたね。」
デルビル「ビルルルッ!」
ピッピ「日頃からトレーニングを積んでいるオレ様は無敵だ!ですか・・・。先程のような大口を叩くだけの事はあった訳ですね。」
このデルビルは日頃からトレーニングを積んで、自分の強さを高めているようだ。
マリー姫「あのデルビルは結構強いみたいだね・・・。どうするの?」
ピッピ「バトルの実力が高い事はわかりましたので、仲間にする価値は十分にありますね。あとは1つだけ確かめる事があります。」
マリー姫「確かめる事・・・??」
ピッピはデルビルをゲットする事を考えているが、何か確認したい事があるようだ。

デルビル「デルッ!!」ボッ!
デルビルは口から炎を吐き出した。
マリー姫「かえんほうしゃまで使えるの!?」
ピッピ「かえんほうしゃも覚えていましたか。これは丁度良いですね。」ピッ
ピッピはサイコキネシスでかえんほうしゃを止めて、自由に操れるようになった。
マリー姫「ピーくん、かえんほうしゃをデルビルに返してあげて!」
ピッピ「勿論そのつもりですよ!」ピピッ
デルビル「ビルルッ。」
ピッピはかえんほうしゃを操作し、デルビルへ攻撃したが、デルビルは不敵な笑みを浮かべていた。ドカーン!!
マリー姫「やった、これでデルビルにもダメージが与えられたはずだね!」
ピッピ「いや、そうとは限らないですよ。」
マリー姫「えっ!?」
爆風が消えていくと、姿を現したデルビルは無傷だった。
デルビル「ビルルルッ!」
マリー姫「ど、どうしてかえんほうしゃを受けたのに無傷なの!?」
ピッピ「どうやらあのデルビルの特性はもらいびだった訳ですね。」
マリー姫「もらいび・・・??」
ピッピ「もらいびは炎タイプの技を受けても効果やダメージが発生せず、自分の炎タイプの技をパワーアップさせる特性です。」
マリー姫「つまり炎タイプのポケモンにとって天敵になる特性という訳ね・・・。」
ピッピ「そうですね。もっともこの特性を持つポケモンに炎技で攻撃する事はほとんどありませんので、炎タイプを苦手にしているポケモンのサポートする意味合いが強いかもしれません。」
ピッピはトレーナー知識が薄いマリー姫にもらいびの特性について説明した。

デルビル「デルッ!!」
ピッピ「もらいびを持つオレ様に炎攻撃をしてくるなんて自殺行為だぞ!と言っています。」
マリー姫「う~ん・・・、ピーくんはデルビルがもらいび持ちだと言うのを知らなかったの?」
ピッピ「知っていましたよ。」
マリー姫「えっ!?」
デルビル「ビルッ!?」
ピッピはデルビルの特性を知っていたようで、その発言にマリー姫とデルビルは驚いていた。
マリー姫「じ、じゃあ何でかえんほうしゃをはね返したの・・・??(あっ、マリーがピーくんに指示を出したんだった・・・。)」
ピッピ「デルビルの特性はもらいびかはやおきの2種類存在するので、あのデルビルがどちらの特性かを確認するためです。」
マリー姫「なるほど~、さっきの状況だとダメージを受けたら特性がはやおきという訳だね。」
ピッピ「夢特性きんちょうかんもありますが、そんなところですね~。」
デルビル「デルルルッ・・・。(あいつはオレ様の特性を確認する為、わざとかえんほうしゃをはね返したのか・・・。そこまで考えてサイコキネシスを使ってくるとは・・・。)」
ピッピが確認したかった事とは、デルビルの特性だった。そして先程のターンでの行動の理由についてマリー姫に説明した。その説明を近くで聞いていたデルビルは先を読んで行動しているピッピに内心脅威を感じていた。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://necrofear.blog81.fc2.com/tb.php/1345-fb319320